フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 送電鉄塔はおもしろい! | トップページ | 阿波・徳島紀行(その2) »

2009年9月25日 (金)

阿波・徳島紀行(その1)

よりによって、と言われそうですが連休初日の19日に徳島へ1泊旅行に行ってきました。当然ながら大渋滞は覚悟の上です。大津の自宅を6時前に出たのですが名神・天王山トンネル付近から中国道の神戸ジャンクション通過まで約3時間かかりました。あとは終日その倍ほどかかったようですのでまずまずでしょうか。今回の目的は家内のリクエストで「陶板名画コレクションの大塚国際美術館」を見に行くことでした。それ以外は適当にどうぞ、ということでいつものごとく行き当たりばったりで。

美術館の観賞は午後いっぱいかけてということにしてまずは鳴門海峡をまたぐ大鳴門橋の「渦の道」へ。観潮には最適の大潮にあたり台風余波のうねりと風が強かったので45メートル下の荒れる海が楽しめました。

Cimg1663

「渦の道」は 橋げた部分に設置された海上遊歩道でちょうどやってきた観潮船の真上にあります。通路を行くとところどころに「ガラス床」があり下がのぞけます。大丈夫と分かっていてもちょっと怖いです。この女の子も恐る恐るという感じでしょ。ただの渦潮より船が真下に来ると高さが際立ってきます。それが最後の写真です。
(記入者:野次馬)

Cimg1658

Cimg1655Cimg1649

<メモ>
*鳴門海峡は幅1340メートルで最深部は90メートル、大潮のときの最大流速は時速20キロにも達し、渦は最大直径20メートルで世界最大級。鳴門海峡とイタリア半島・シシリー島間の[メッシーナ海峡]、北アメリカ西岸・バンクーバー島東岸間の[セイモア海峡]とが<世界の3大潮流>

« 送電鉄塔はおもしろい! | トップページ | 阿波・徳島紀行(その2) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177803/46305591

この記事へのトラックバック一覧です: 阿波・徳島紀行(その1):

« 送電鉄塔はおもしろい! | トップページ | 阿波・徳島紀行(その2) »