フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 越中・富山紀行(その2) | トップページ | 下を向いて歩けば・・・(その1) »

2009年9月28日 (月)

盆栽町をご存知?

    ―盆栽鑑賞と漫画会館―09092701 09092702

盆栽」は日本の代表的な文化だと言われていますが、さいたま市(旧大宮市)に「盆栽町」という場所があるのをご存知ですか?

この盆栽町は、関東大震災後、東京の盆栽業者が理想郷を求めて移住したのが始まりで、現在も11軒が門戸を開放しており、我が国を代表する盆栽郷になっています(注1)

亀さんは、植木の街・安行の近くに住んでおり、近くには園芸店や盆栽店も多かったので、“大宮まで行かなくても”と思い、行ったことがありませんでした。でも、NHKの「趣味の園芸」で盆栽を見て、“一度は見ておくか”と思い、また、盆栽町には「漫画会館」もあるので、行ってみました。

行ってみると、盆栽町は、“盆栽業者がずらりと並んで・・・”という亀さんの想像に反して、“瀟洒なお屋敷町の中に盆栽園もある”という雰囲気でした。

盆栽町の中にある市の和風コミュニティ施設「盆栽四季の家」で休憩し、そこに車を置いて、町内めぐりをしました。090927031 090927042

まず最初に、「盆栽 清香園」に行きました(注2)この清香園の5代目園主の山田香織さんは、NHKの「趣味の園芸」などの講師で出演されるほか、彩花盆栽教室を主宰され、盆栽の市民化・普及に活躍されている盆栽界のアイドルです(注3)。この日も、園内でてきぱきと接客をされていました。

さすがに立派な盆栽がそれ相応の値段で売られ、入園料の要るコーナーにはさらに立派な盆栽が飾られていました(園内は撮影禁止の為、写真がないのはお許しを!)。

安い盆栽を買うのも、苗と盆栽鉢を買って盆栽作りをするのも決心が付かず、その日は見るだけにしました。090927051090927062

次に、「さいたま市立漫画会館」に行きました。この会館は、日本の職業漫画家第1号として活躍した北沢楽天の晩年の居宅跡に建てられた、日本初の漫画に関する美術館です。

館内では、楽天の常設展示のほか、企画展示もされるようで、当日は「里中満智子『原稿』展」が開催されていました。

その後、盆栽町の中を散歩しましたが、多くの外国人が盆栽を見に来ているのには驚きました。

亀さんも、盆栽をする気になったら、前述の盆栽教室にでも入学するかな…(記入者:亀さん)

(注1)関東大震災で罹災し、盆栽を失った東京の造園業者、盆栽業者たちが、安住の地を求めて大宮に移り住み、1925(大正14)年に誕生したのが「盆栽村」と言われる。戦前は25軒の盆栽園が軒を連ね、当時は住民も「盆栽を10鉢以上持っていること」「生垣を作ること」「門は開放しておくこと」「2階家を建てないこと」という内規が居住の条件になっていたそうです。

(注2)盆栽 清香園:http://www.seikouen.cc/

(注3)山田香織さん:http://business.nikkeibp.co.jp/article/skillup/20070226/119745/http://business.nikkeibp.co.jp/article/skillup/20070302/120215/090927071_2 090927082

« 越中・富山紀行(その2) | トップページ | 下を向いて歩けば・・・(その1) »

コメント

盆栽町って知ってますよ!
N○Kの「趣味の園芸」でも観た事あります。
「山田香織」さんは若い園芸家ですよね。

> IWATOさんへ
園芸家としては若いのですが、盆栽の普及という点から言えば、先駆者でしょうね。
今も、盆栽園を経営しつつ、盆栽町と東京で盆栽教室を開いておられます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177803/46331349

この記事へのトラックバック一覧です: 盆栽町をご存知?:

« 越中・富山紀行(その2) | トップページ | 下を向いて歩けば・・・(その1) »