フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 越中・富山紀行(その1) | トップページ | 盆栽町をご存知? »

2009年9月27日 (日)

越中・富山紀行(その2)

高岡市は加賀藩2代藩主の前田利長公が町を開いてから今年がちょうど400年にあたりいろんな場所で「高岡開町400年」のロゴが目につきました。菩提寺の国宝「高岡山瑞龍寺」*や「前田利長公墓所」、高岡城跡の「高岡古城公園」、奈良、鎌倉に次ぐ<日本三大仏>の「高岡大仏」などが有名です。

JR高岡駅は北陸本線、氷見線、城端線が乗り入れています。「高岡駅前」からメインストリートを走り、海沿いの射水市(旧・新湊市)の「越ノ潟」までを結ぶのが昭和23年開業の路面電車「万葉線」です。レトロな車両と最新型の真っ赤な「アイトラム」が走っています。この写真がそうです。

Cimg1743_3

両方の電車の「声の車掌」をつとめているのが落語家の立川志の輔さん。これがなかなかうまいというか名調子で。もちろん落語でおなじみのあのしわがれ声です。当たり前か。
「次はよしひさー(吉久)、よしひさー。千本格子の町並みが美しいことで有名です」
「間もなく庄川の鉄橋を渡ります。マニアの狙ういちばんの万葉線撮影スポットです」
「ここは私の母校・新湊高校の最寄り駅です」などなど。
もちろん「降りるときは近くのボタンを押してお知らせください」というフツーの案内もあります。泊ったホテルのそばの「広小路」から寿司を食べに出かけた「射水市新湊庁舎前」の往復に利用しましたがこれは乗るまで知りませんでした。志の輔さんの登場は観光客の多い土・日・祝日のみですが
利用したのが休日(22日)だったのでちょっと得した気分になりました。 (記入者:野次馬)

<メモ>
*瑞龍寺:曹洞宗の名刹、3代藩主前田利常公の建立で壮大な伽藍配置が有名。山門、仏殿、法堂が富山県で初の国宝に指定された。

« 越中・富山紀行(その1) | トップページ | 盆栽町をご存知? »

コメント

こんにちは。
高岡へ行かれましたか!私も8月11日に行ってきました。瑞龍寺の大きさにはビックリしました。やはり出城の代わりに作っただけの事はありますね。

シゲさんへ 高岡人はこの街にとても強い誇りを持っているようです。そのシンボル的な存在が瑞龍寺ですね。たまたま立ち寄った漆器店の奥さんとの話でもそう感じました。同じように新湊の人は新湊に。県庁所在地の富山へは何回か行きましたがそこまでの記憶はありません。今回は素通りしただけでしたが、次に行ったら確認したいです。昨今、自分が住む町にほとんど関心を持たない「仮住民」が増えているように思います。地域とではなく会社とだけつながっているせいでしょうか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177803/46331611

この記事へのトラックバック一覧です: 越中・富山紀行(その2):

« 越中・富山紀行(その1) | トップページ | 盆栽町をご存知? »