フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 阿波・徳島紀行(おしまい) | トップページ | アケビの実が割れた! »

2009年9月26日 (土)

10円カレーを食い逃した!

―1973年の松本楼の再建以来の伝統行事09092404

シルバーウィークが終わって、快晴の日が続いています。一昨日(24日)、日比谷公園に行ったら、“25日11時からに松本楼で伝統の10円カレー(注1)が振舞われる”とのポスターが掲示されていました。

この行事は、1971年に日比谷・松本楼が過激派学生の火炎瓶で炎上し、2年後に再建されたことを記念して毎年行なわれているものです(注2)

この行事が始まった頃、亀さんも食べた記憶がありますし、普通のときに定価で食べたことはありますが、ここのところ10円カレーは食べたことがありません。

そこで、ブログネタにもいいし、“明日の昼食は10円カレーだ!”と決めましたlovely090925031 09092502

当日、11時になったので、1時間の休暇を取って、日比谷公園に行ってみました。

日比谷公園には、長蛇の列ができています。“先着1500人だから大丈夫だろう…”と思って、列の最後に行くと…。「受付は終了しました。」の看板が出ていますweep090925011 090925042

並んでいる人に聞くと、3、4時間前から並んだのだそうです。その多くはリュックを担いだ中高年で、“安いカレーを食べるのが目的”というよりも、“伝統行事に参加”という感じでした。

そして、10円カレーにありつけなかった亀さんの昼食は、1000円のすし定食でした。(記入者:亀さん)。09092405

追記:日比谷公園の名物の「首かけイチョウ」は、松本楼炎上の際に焼け爛れ、枯死を心配されました。しかし、翌春には、元気に緑の葉を出し、復活しました。亀さんたちも大喜びした記憶があります。

(注1)松本楼10円カレー:http://www.unicef.or.jp/partner/ex1/partner_ex2.html、松本楼:http://www.matsumotoro.co.jp/

(注2)1971年の大学紛争を端緒にした学生運動の激化の中で、過激派学生たちが使用した火炎瓶により、日比谷公園の松本楼は炎上しました。しかし、全国からの励ましにこたえて、松本楼は、2年後の9月25日に再オープンしました。そのときの感謝の気持ちを込めて始めたのが「10円カレーチャリティー」です。

« 阿波・徳島紀行(おしまい) | トップページ | アケビの実が割れた! »

コメント

こんにちは^^
10円カレーはすごい人気ですねrestaurant
3、4時間も並んでいるなんて、ビックリです!
10円カレーも美味しそうですが、100倍の値段の1000円のお寿司もいいですね。
でも、値段の問題ではないのかな。。。^^

>ほよりんさんへ
値段の問題ではないんですよ。
松本楼・首かけイチョウ炎上は、社会人になったばかりの頃の事件でしたから…。
整理券を配っていたそうなので、「出勤前に貰って置けばよかった」と友人と話したんですよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177803/46302246

この記事へのトラックバック一覧です: 10円カレーを食い逃した!:

« 阿波・徳島紀行(おしまい) | トップページ | アケビの実が割れた! »