フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 花火大会に行ってきました! | トップページ | 台風9号と地震 »

2009年8月 9日 (日)

『ゼロの焦点』―野次馬の読書案内(008)

11月14日公開の映画記念で用意された帯は別としてこの本は皆さんの本棚にもあるかもしれませんね。今年が生誕100年の松本清張の代表作品の一つです。

Cimg1568

『ゼロの焦点』(松本清張、新潮文庫、700円)

前任地での仕事の引き継ぎに行ってくると出かけたまま新婚1週間で失踪した夫・鵜原憲一の行方を求めて北陸各地を尋ね歩く新妻の禎子。夫の過去がわかるにつれて関係者が次々と殺されていきます。

今回は2回目の映画化で禎子役は真ん中の広末涼子、取引先の社長夫人が中谷美紀=右、受付嬢が木村多江=左です。

同じ本が書庫にあるはずなのになぜ買ってきたかというとここで紹介するため、というより読みたくなったので探したものの奥のほうにあるのか見つからなかったから。もうひとつ、この表紙イラストは事件の重要な場面で登場する能登半島の名勝地「ヤセの断崖」ですが、これが07年3月25日の能登地震で崩落したことを今回の能登ツアーで知ったからでもあります。映画のロケには影響がなかったそうですが、地元の方は随分心配されたとか。「ならばこの表紙はこの版限りか」と思った私です。「ヤセ」の語源は海面から35メートルもあるこの崖上に立つと身がすくみ痩せるような怖さがあるからとも言われています。 (記入者:野次馬)

« 花火大会に行ってきました! | トップページ | 台風9号と地震 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177803/45879494

この記事へのトラックバック一覧です: 『ゼロの焦点』―野次馬の読書案内(008):

« 花火大会に行ってきました! | トップページ | 台風9号と地震 »