フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 祇園祭だコンチキチン(その3) | トップページ | 雪月花の数学 »

2009年7月16日 (木)

祇園祭だコンチキチン(おしまい)

Cimg1461

最後の1枚は青空をバックにした月鉾のシンボル、鉾のてっぺんについています。きょう16日は宵山、あす17日はいよいよ山鉾巡行。午前9時にスタートしますがこのような青空になるといいですね。 (記入者:野次馬)

« 祇園祭だコンチキチン(その3) | トップページ | 雪月花の数学 »

コメント

野次馬さん、祇園祭はやはりすごいですね。
亀さんは、実家の仕事の関係で、小さい頃、夏休みによく京都に行きました。
祇園祭と大文字焼きは印象があります。

京都の祇園祭りは、実は、苦い思い出のある祭りです。19歳の夏、学生の集会があっての帰り道。忘れもしない7月17日、山鉾巡行を大学の先輩と見た。祭りに酔いしれて、その足で、四条川原町のたしか「ぎおん」という名の寿司屋に入り、勢い込んで、カウンターテーブルで食べて飲んだんだねこれが・・・。ところが、いったいいくらかかるかも気にする事のないお祭り気分で、おあいそで出てきた金額見てビックリ。2人の財布とたまたま持ち合わせていた学生集会の公費を一部だけ拝借して(もちろん翌日返した。時効かな?)一緒にして支払いを済ませ、その日の宿泊地だった衣笠のR大学の寮まで、テクテクとむなしくも歩いて帰り、真夜中にクタクタになってしのびこんだ・・・・。
(後は私のブログに懺悔しています)

お邪魔します。
数年前は晴れの予報を裏切りゲリラ豪雨で大変な状態だった『山鉾巡行』。
今年は何事も無く進行して欲しいですね。
勤務先の営業車が影響受けるので、巡行が終わる時間は待ち遠しいやらで複雑でもあります。

一週間後の『花傘巡行』は華やかで、此方も楽しめますね。

みなさんへ 楽しんでいただいて良かったです。間もなく巡行がスタートするけさの京都は夜来の雨がなんとかやんでくれた曇り空。いつ降り出してもおかしくない予報ですから豪華な「胴掛け」や「見返り」にはビニールシートをかけたままの山鉾も多そうです。ちょっと残念だけど路面が濡れている分、鉾がぐるりと方向転換する四条河原町などの「辻回し」には都合がいいかも。ヨーイヤサーのコンチキチン、ギシギシ、ギシギシ=車輪の音=「粽(ちまき)放ってー」コンチキチン、コンチキチン・・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177803/45647068

この記事へのトラックバック一覧です: 祇園祭だコンチキチン(おしまい):

« 祇園祭だコンチキチン(その3) | トップページ | 雪月花の数学 »