フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 抽選で当たった広島カープのユニフォーム | トップページ | 祇園祭だコンチキチン(その2) »

2009年7月16日 (木)

祇園祭だコンチキチン(その1)

夏の京都といえばやはり祇園祭、暑さと人混みが苦手な私ですが久しぶりに宵々山をのぞいてきました。日暮れとともにそれぞれの山鉾のちょうちんに灯がともり、コンチキチンの祭りばやしで盛り上がりました。まずは四条通の全景から。

Cimg1490

手前が函谷鉾(かんこぼこ)左奥が月鉾です

Cimg1482

こちらは先頭を行く「くじ取らず」の長刀鉾(なぎなたぼこ)です。巡行は稚児の「しめ縄切り」でスタートします。揃いのゆかたを着た囃子方がスタンバイしています。 (記入者:野次馬)

« 抽選で当たった広島カープのユニフォーム | トップページ | 祇園祭だコンチキチン(その2) »

コメント

野次馬さん、祇園祭は奇麗で且つ元気な迫力がありますね。まだ、生で見たことがないので、今後の「見たいこと、やりたいこと」の一つです。京都の近くに住む野次馬さんが羨ましい気がします。(INO)

INOさんへ 社会人のスタートが京都でしたからおかげさまで全ての祭を見てきました。この祇園祭は7月いっぱい続く長丁場の祭で巡行が終わっても24日の花笠巡行や還幸祭、28日の神輿洗式などがあり裏方さんもなかなか大変です。それが「応仁の乱」以後続いているわけでまさに「継続は力なり」。それこそが京都の町衆の心意気でしょうか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177803/45646765

この記事へのトラックバック一覧です: 祇園祭だコンチキチン(その1):

« 抽選で当たった広島カープのユニフォーム | トップページ | 祇園祭だコンチキチン(その2) »