フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 奥さんのちりめん細工・第2作 | トップページ | 暑いときには、イワシの刺身! »

2009年7月 1日 (水)

半夏生・半化粧

       ―ハンゲショウの花―09070201

亀さんの奥さんが趣味の先生からハンゲショウの花をもらってきました(注1)初めて見る花ですが、気品のある花です。聞くところによると、お茶を嗜む人に人気のある花のようです。

そもそも、半夏生は24節気を3分した72候の一つで、夏至から11日目で、毎年7月2日頃にあたるそうです(注2)その頃に、サトイモ科ハンゲ属の半夏(カラスビシャク・注3)という薬草が生えるので、そう名付けられたようです。

このハンゲショウ(半夏生・半化粧)は、ドクダミ科ハンゲショウ属の植物で、カラスビシャクとは植物学的には関係ありません。その名前は、半夏生の頃に咲かせるから(半夏生)とも、葉の一部を残して白く変化する様子から(半化粧)とも言われています。

この花が咲く半夏生の頃の雨は、「半夏雨」(はんげあめ)といい、美しい響きがありますが、大雨になることが多いようです。梅雨の大雨に注意しなければいけませんね。(記入者:亀さん)

追記:今朝のスーパー「ベルク」や「ダイエー」の広告には、“半夏生の日にはタコを食べる風習があるので特売する”と書いてありました(参考)

(注1)ハンゲショウ:http://www.hana300.com/hanges.html

(注2)半夏生:http://iroha-japan.net/iroha/A05_zassetsu/07_hangesyo.html

(注3)カラスビシャク:http://www.e-yakusou.com/yakusou/104.htm

(参考)http://www.daiei.jp/sukoyaka/saijiki/20030619.html

« 奥さんのちりめん細工・第2作 | トップページ | 暑いときには、イワシの刺身! »

コメント

気品のある花ですね。
我が家のはまだ咲きそうにありません。
ハンゲショウは今日のお誕生日の花だそうです。

こんにちは~^^
風情のある花ですね~
先程の散歩で、神社の境内に咲いているのを
見かけたばかりでした!
今日はこの花に縁があるようです~^^

亀さん、( ^∇^ )ノ” コンニチワー
ハンゲショウも半夏雨も初めて聞く言葉でしたhappy02
なるほど~、と納得しながら拝見しました。
         ありがとうございます♪(#^ー°)v
本当に可愛らしいお花ですね!
葉っぱが半化粧だなんて…とってもキュートですheart04

> micoさんへ
7月1日生まれですか?明石家さんまと同じですね。
確かに、誕生花ですね。花言葉は内に秘めた情熱です。
このほか、マツバギク(怠惰)、ケシ(慰め)、姫百合(誇り)も誕生花ですよ。

>安曇野さんへ
近くの神社で咲いているんですか・・・。
亀さんは初めて見ました。
気品がある花だと思います。ただドクダミの仲間と思うと・・・。

>シェリーさんへ
書いている亀さんも、植物のハンゲショウの写真を見て名前を知っていただけで、他の事柄は全く知りませんでした。
なお、今日のスーパーの広告に、「半夏生にタコを食べよう!」と書いてありました。これも初めてでした。

ハンゲショウって初めて知りました。
白い斑入りの葉っぱが良いですね。
 
月曜、火曜と中国地方は大雨でした。
呉市の山手町では崖崩れが発生したそうです。

>IWATO さんへ
呉は終戦直後の大水害で千人以上が土砂崩れで亡くなり、10年位前にも土砂崩れで多くの人が亡くなりました。
呉、諫早、神戸、三重の菰野、横須賀などは緯度的にも地質的にも集中豪雨に土砂崩れが発生するんですよ。
大災害にならないことを祈っています。

こんばんは。
ハンゲショウを花瓶に飾るのも素敵ですね♪
家に咲いているので飾ってみようかな。。。^^
とても好きな花と葉ですlovely

半夏生、半夏雨
ブログで亀さんともう一人の方からコメントを頂いたので調べましたpc
亀さんのブログを見に来た方が早かったですね。
季節を表す日本の言葉、素敵です*^-^*
ありがとうございました。

> ほよりんさんへ
亀さんは、植物のハンゲショウ以外、このブログを書くまではほとんど知りませんでした。
ブログを書いていると、自分自身、色々なことが勉強できて、楽しいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177803/45479742

この記事へのトラックバック一覧です: 半夏生・半化粧:

« 奥さんのちりめん細工・第2作 | トップページ | 暑いときには、イワシの刺身! »