フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 能登は大荒れ、でも印象に残る旅でした(その1) | トップページ | 能登は大荒れ、でも印象に残る旅でした(その3) »

2009年7月22日 (水)

能登は大荒れ、でも印象に残る旅でした(その2)

大雨でも名物の朝市は大混雑、車が近づけそうにありませんでしたので旧・輪島駅をのぞくことにしました。国鉄七尾線→JR→のと鉄道と移り、01年4月に穴水-輪島間の廃線により廃駅になりましたがその後「道の駅輪島」として整備されました。今でも駅前の信号は「輪島駅前」、ステーションホテルも健在です。

Cimg1501

建物正面には「ふらっと訪夢」の看板、もちろんプラットホームをもじっての命名です。なつかしい駅名もちゃんと埋め込まれていました。

Cimg1504

元のホームもそのまま残されています。向こうからジーゼルカーが、と錯覚しそうな位置に写真パネルがあります。

Cimg1503

ホームの駅名表示はそのままモニュメントに。よく見ると次の駅は「シベリア」とあるではありませんか。何ということでしょう(某テレビ番組風に)これは以前、観光客がいたずらで書き込んだのを正式に「認知」したものとか。よく見えないという方のために本文(続き)にて。

Cimg1502

輪島市からシベリアのウラジオストックまでは真北に664キロだそうです。 (記入者:野次馬)

« 能登は大荒れ、でも印象に残る旅でした(その1) | トップページ | 能登は大荒れ、でも印象に残る旅でした(その3) »

コメント

輪島の次の駅はシベリアなの??!!
ちょっと笑ってしまいました!
駅舎の写真パネルも
ずっと線路があるように見えるけど
ちょっと不自然ですね。
でも 面白い!

IWATOさんへ 日食観測では絶対ダメだけど目を細めて眺めると線路が「自然に」見えてきます!
余談ながら写真パネルの右側ののぼりは水森かおりさんのご当地ソング「輪島朝市」のPR用。この道の駅でも歌を披露したのかもしれませんね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177803/45704692

この記事へのトラックバック一覧です: 能登は大荒れ、でも印象に残る旅でした(その2):

« 能登は大荒れ、でも印象に残る旅でした(その1) | トップページ | 能登は大荒れ、でも印象に残る旅でした(その3) »