フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 本店と本舗はどちらが… | トップページ | やっとカラーが咲いた! »

2009年6月 6日 (土)

産医師異国に向こう産後厄なく

    ―明智光秀、いちごパンツ―

昨日の「浅草の算子塚に行きました。」への野次馬さんのコメントを読んで、円周率の覚え方を思い出しました。

皆さんは、どんな覚え方をしましたか? 亀さんは、「産医師異国に向こう産後厄なく・・・」=3.14159265358979…と覚えました。

「こんな丸暗記をしても…」という意見もありますが、これと同時に、“円周率が循環小数でないこと”、また、“何万、何億桁も続き、何桁まで計算できるかが研究されていること”や“江戸時代の人が20桁以上計算したこと”などを知って、数学の面白さに触れたような気がしたものです。

平方根も、“一夜一夜に人見ごろ”(√2=1.41421356…)か、“人並みに奢れや、おなご”(√3=1.7320508075…)か、“富士山麓、オウム鳴く”(√4)とか覚えました(注1)

化学では、元素の周期表(注2)を“水兵リーベ、バックの船、なーに、間があるシップはすぐ来らー”(H、He、Li、Be、B、C、N、O、F、Ne、Na、Mg、Al、Si、P、S、Cl、Ar)と覚えました(注3)

これらのことも、丸暗記だと批判したり、“実生活にどれだけ役立ったか?”などと、野暮なことは言わないで、数学や科学の面白さの入口として活用すればいいのではないかと思います。

このほか、“いい国つくろう・鎌倉幕府”(1192年)などの歴史年号の覚え方(注4)がありましたね。最近は、“明智光秀、いちごパンツ(1582年本能寺の変)”っていうのもあるようですよ。

こんなことが、皆さんにとって、今となっては楽しい(又は苦い)青春の1ページになっていませんか?(記入者:亀さん)

(注1)平方根の覚え方:http://mtf.z-abc.com/?eid=683068

(注2)周期表:http://www.d2.dion.ne.jp/~hmurata/goro/table2.html

(注3)周期表の覚え方:http://www.d2.dion.ne.jp/~hmurata/goro/digest/yoko01.html

(注4)歴史年号の覚え方:http://www.tcp-ip.or.jp/~syaraku/nengou.htm

« 本店と本舗はどちらが… | トップページ | やっとカラーが咲いた! »

コメント

亀さん、こんばんは~。
やっぱり、いやいやむなしく大政奉還ですかね。
懐かしいですね~。

>Well-Uさんへ
1867年の大政奉還ですね。
我が芸州・広島藩の浅野家は、大政奉還では雄藩として参加していたのですが、倒幕の密勅は薩長土肥からのけ者にされたんですよ。

こんばんは♪
私が知っているのは
“いい国つくろう・鎌倉幕府”(1192年)だけですね^^
、“明智光秀、いちごパンツ(1582年本能寺の変)”
ユーモアがあるのは覚えやすくて、忘れないですね^^)v

>ほよりんさんへ
亀さんたちの時には、イチゴパンツはなかったと思いますが・・・。どうだったかな?
女性陣からは、理数系の反応が少ないのですが、平方根や周期表の覚え方は結構ユーモアがあって面白かったですよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177803/45248115

この記事へのトラックバック一覧です: 産医師異国に向こう産後厄なく:

« 本店と本舗はどちらが… | トップページ | やっとカラーが咲いた! »