フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 水郷・佐原に行ってきました!その3 | トップページ | 階段の手すりのお話 »

2009年6月12日 (金)

最近日比谷公園は小学生で一杯!

   ―日生劇場でミュージカル観劇―090611011 090611022

今月に入って、平日の昼なのに、日比谷公園が小学生で一杯です。方々に座って、弁当を食べたり、お喋りをしています。

最初は、“遠足か、社会見学だろうな。梅雨時に遠足もないだろうに…”と思ったのですが、あまり気に留めませんでした。

ところが毎日それが続くので、その原因を調べてみました。090611033 090611044

小学生たちは昼ごはんが終わると、整列し、グループごとに道路を横断して、日生劇場に入っていきます。090611055 090611066

劇場の入口には、「ニッセイ名作劇場第46回東京公演 エルコスの祈り」(注1)という看板が出ています。

聞くと、日本生命が、1964年以来、メセナ(企業の文化、芸術活動支援、企業の行う社会貢献活動)として行なっている「こどものためのミュージカル」への無料招待で、小学6年生が学校ごとに招待されているようでした。そのミュージカルも浅利慶太演出・劇団四季出演の本格的なものでした。

亀さんは、“東京の子供はいいなあ。田舎の子供は見られないんだろうなあ。”と思い、関係先に尋ねてみました。

「名作劇場」の形では、全国5都市で計100回の公演に15万5千人の小学生を招待するそうですが、このほか、全国的に、劇団四季の「こころの劇場」のミュージカルに無料招待しており、あわせると、47都道府県で約55万人の児童・生徒になるそうです(注2)

イメージアップのためのメセナをやる企業が色々ありますが、子供を育て、芸術を支援する、このようなメセナを半世紀近く続けていることに驚くとともに、“こんな良いミュージカルを見られる今の子供たちは幸せだなあ!”と感じました。(記入者:亀さん)

(注1)日生劇場・ニッセイ名作劇場:http://www.nissaytheatre.or.jp/outline/meisaku.html

(注2)このようなメセナは1964年以来行なわれており、昨年までで、4,455回の公演、延べ72,148校を招待し、累計701万人を超えるこどもたちに、観劇を通じて夢と感動を届けてきたそうです。

« 水郷・佐原に行ってきました!その3 | トップページ | 階段の手すりのお話 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177803/45311437

この記事へのトラックバック一覧です: 最近日比谷公園は小学生で一杯!:

« 水郷・佐原に行ってきました!その3 | トップページ | 階段の手すりのお話 »