フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 関西の私鉄での新発見 | トップページ | 奥さんのちりめん細工・第2作 »

2009年6月29日 (月)

石山寺・茶丈藤村

   ―紫式部・島崎藤村ゆかりの地―

今回の関西出張で、時間があれば、大阪城や琵琶湖や神戸の異人館などを観光しようという魂胆を持っていたのですが、ハードスケジュールで、諦めていました。1日目は訪問先の窓から大阪城を見ただけでした。09062500

2日目は大津・京都・神戸の訪問先を訪ねるスケジュールだったのですが、南郷洗堰(注1)の近くの事業所の訪問後、時計を見ると、次の訪問先の時間までに1時間ほど余裕があります。09062606 09062607    

そこで、急遽、帰路の途中にある石山寺(注2)を観ていくことにしました。石山寺は、聖武天皇の勅願で749年に開基された古寺で、西国巡礼十三番札所です。本堂や多宝塔などの国宝の木造建築物や緑の木立が厳かな雰囲気を醸し出し、夏のような暑さをふっ飛ばしてくれました。0906260809062609

本堂には、紫式部が源氏物語を書いたといわれる「源氏の間」があります。09062607_3 09062610

また、鎌倉時代の建立の多宝塔は均整の取れた美しい塔でした。付近からは眼下に瀬田川、遠くに琵琶湖を見ることが出来ました。 

ここで、付近に住む野次馬さんに“石山寺に来ているよ!”と電話をしてみました(注3)。すると、山門(東大門)の近くの「茶丈藤村」で、お菓子とお茶を飲んでいくことを勧めてくれました。茶丈藤村」は、島崎藤村が石山寺に逗留し、滞在した坊を「茶丈」と称したことなどに因んで名付けられたようです。0906261109062612

行ってみると、美味しそうな和菓子が抹茶や煎茶などと一緒にいただけるようでした。亀さんは、一番人気の「たばしる」というおもち(注4)とお薄の抹茶をいただきました。

美味しい和菓子でしたので、土産にも買いました。野次馬さんのご助言に感謝!記入者:亀さん)

(注1)南郷洗堰:琵琶湖の出口の瀬田川にある堰。http://agua.jpn.org/tour/t8c.htmlhttp://www.kkr.mlit.go.jp/water/04_setagawa.html

(注2)石山寺:http://www.ishiyamadera.or.jp/ishiyamadera/flower.html

(注3)石山寺の付近に野次馬さんが住んでいることは知っていたのですが、時間的余裕がないので電話をしていなかったのですが、全然連絡しないのも不義理だと思って、電話しました。

(注4)たばしる:http://www.sajo-towson.jp/azuki/tabashiru.html

« 関西の私鉄での新発見 | トップページ | 奥さんのちりめん細工・第2作 »

コメント

おはようございます、
近くに居ながら石山寺はまだ訪れたことがありません(苦笑
素晴らしい環境ですね、

亀さんへ 甘党の亀さんに茶丈藤村はぴったりでしたね。「たばしる」は丹波大納言という小豆の甘さを抑えたあんが入った餅菓子でここの名物です。芭蕉の「石山の石にたばしる霰(あられ)かな」から名付けられたと聞いています。

> micoさんへ
時間がなかったので、ゆっくり出来ませんでしたが、なかなか趣のあるお寺でしたよ。
周辺の琵琶湖や瀬田川の流れも素敵でした。
もう一度ゆっくり散策してみたいですね。

> 野次馬 さんへ
30分くらいの休憩でしたが、美味しいお茶と美味しい和菓子を堪能しました。
忙しい仕事のほんの僅かな時間を有効に使えました。

7年ほど前に大阪城に行きましたよ。
写真とかでみるよりずっと立派でした。
身障者と付き添い1人は半額で
専用のエレベーターで昇った思い出があります。

>IWATOさんへ
大阪城は小学生のときに登ったきりです。
広島城には高校生の頃登りましたが、大阪城は大きいですね。
今度ゆっくりしたときには、大阪城や姫路城をじっくりと見たいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177803/45478923

この記事へのトラックバック一覧です: 石山寺・茶丈藤村:

« 関西の私鉄での新発見 | トップページ | 奥さんのちりめん細工・第2作 »