フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

2009年6月30日 (火)

奥さんのちりめん細工・第2作

     ―宝袋と桃太郎―09062801 09062802

亀さんの奥さんは、刺繍とかちりめん細工とか、細かい手芸にのめり込んでいます。

先日も、目が重いというので、近くの眼科で見てもらったら、「目の使いすぎで、ドライアイになっている」との診断で、毎日目薬を差しています。

それでも、手芸の趣味は止められないようです。

上の写真は、最近出来上がったちりめん細工で、左が宝袋、右が桃太郎です。亀さんが「桃太郎は少し胴長だね!」と感想を述べると、「次はもっと可愛く作るわよ!」との答です。

亀さんとしては、“ドライアイになるほど頑張らなくても…”と思うのですが、奥さんの意欲はますます増大していくようです。(記入者:亀さん)

2009年6月29日 (月)

石山寺・茶丈藤村

   ―紫式部・島崎藤村ゆかりの地―

今回の関西出張で、時間があれば、大阪城や琵琶湖や神戸の異人館などを観光しようという魂胆を持っていたのですが、ハードスケジュールで、諦めていました。1日目は訪問先の窓から大阪城を見ただけでした。09062500

2日目は大津・京都・神戸の訪問先を訪ねるスケジュールだったのですが、南郷洗堰(注1)の近くの事業所の訪問後、時計を見ると、次の訪問先の時間までに1時間ほど余裕があります。09062606 09062607    

そこで、急遽、帰路の途中にある石山寺(注2)を観ていくことにしました。石山寺は、聖武天皇の勅願で749年に開基された古寺で、西国巡礼十三番札所です。本堂や多宝塔などの国宝の木造建築物や緑の木立が厳かな雰囲気を醸し出し、夏のような暑さをふっ飛ばしてくれました。0906260809062609

本堂には、紫式部が源氏物語を書いたといわれる「源氏の間」があります。09062607_3 09062610

また、鎌倉時代の建立の多宝塔は均整の取れた美しい塔でした。付近からは眼下に瀬田川、遠くに琵琶湖を見ることが出来ました。 

ここで、付近に住む野次馬さんに“石山寺に来ているよ!”と電話をしてみました(注3)。すると、山門(東大門)の近くの「茶丈藤村」で、お菓子とお茶を飲んでいくことを勧めてくれました。茶丈藤村」は、島崎藤村が石山寺に逗留し、滞在した坊を「茶丈」と称したことなどに因んで名付けられたようです。0906261109062612

行ってみると、美味しそうな和菓子が抹茶や煎茶などと一緒にいただけるようでした。亀さんは、一番人気の「たばしる」というおもち(注4)とお薄の抹茶をいただきました。

美味しい和菓子でしたので、土産にも買いました。野次馬さんのご助言に感謝!記入者:亀さん)

(注1)南郷洗堰:琵琶湖の出口の瀬田川にある堰。http://agua.jpn.org/tour/t8c.htmlhttp://www.kkr.mlit.go.jp/water/04_setagawa.html

(注2)石山寺:http://www.ishiyamadera.or.jp/ishiyamadera/flower.html

(注3)石山寺の付近に野次馬さんが住んでいることは知っていたのですが、時間的余裕がないので電話をしていなかったのですが、全然連絡しないのも不義理だと思って、電話しました。

(注4)たばしる:http://www.sajo-towson.jp/azuki/tabashiru.html

2009年6月28日 (日)

関西の私鉄での新発見

   ―握ると開くドア・神札・通り抜け―

今回の関西の出張で、関西の電車に乗りましたが、関西の電車での発見を書いてみます。090625023000_2090625033000

関西の電車に使われている色彩で、関東人と関西人の色彩感覚の違いを感じました。特に、京阪3000系の電車は、つり革まで暗い紺色をしていて、清潔感が感じられませんでした(注1)まあ、色彩感覚の違いくらいは驚きませんが、この京阪3000系の電車では、東京にないものを2つ発見しました。09062504 09062505_3  

その一つは、成田山の「交通安全・災難消除祈願」お守り」が各車両の上部に飾られていることです。“オイオイ!交通安全は神頼みなの?”と心配になります。

また、この電車の車両間のドアは自動ドアでした。電車の車両間の移動はドアの開け閉めがかなり面倒ですが、東京の電車で自動ドアのものはありません。この自動ドアは、取っ手を握ると開くのです(注2)不便を我慢せず、工夫で解決する関西人の気質を感じました。09062506

最後は、阪神電車で経験した、“電車を通り抜けした乗換え”には、本当に驚きました。今回最大の驚きでした。

亀さんは、芦屋から梅田に行く際に、快速急行の奈良行に乗ってしまい、乗車後、その電車が梅田に行かないことを知りました。

そこで、尼崎で乗り換えることにしました。同じホームに梅田行の普通電車が止まっています。亀さんは、その電車に乗り換えようと思ってのですが、直後に隣りのホームに急行の梅田行が入ってきました。亀さんが隣りのホームに行く階段を探していたときに見たのは信じられない風景でした。

普通電車の扉が全部開いて、多くの乗客が普通電車を通り抜けて、急行に乗るのです。写真でホームに座っている女性の向こうに止まっているのが、奈良行の快速急行です。普通電車が渡り廊下の機能を果たしているんです。こんなことは、関東にもあるかもしれませんが、関西人の思考の柔軟性の結果だろうと思いました。

ということで、結構楽しい電車移動でしたよ。(亀さん)

(注1)もちろん、近鉄の伊勢ライナーのクリーム色の車体や京阪の8000系に描かれた時代祭行列絵図など、東京の感覚に合うような車両もありました。

(注2)正確には、ドアを開けるために取っ手を握ろうとすると、右側から出ている赤外線が切られ、その反応でドアが開くのです。なお、店舗の自動ドアと同じものだと、ドアに寄りかかっただけで開き、危険ですから、グッドアイデアですね。

2009年6月27日 (土)

エスカレーターで空けるのは右?左?

―東京は右空け、大阪は左空け、京都は・・・―

木曜日・金曜日に関西に出張しました。大津から神戸までの8箇所の事業所を訪問し、打合せをするハードスケジュールでした。この2日間で、埼玉高速鉄道、JR東日本、JR東海、JR西日本、大阪市地下鉄、京阪電鉄、近鉄、阪神電鉄の8つの鉄道とタクシーに乗って移動しました。

このとき、駅のエスカレーターの乗り方に、関東と関西の違いがあり、その境目が京都駅辺りにあることが分かりました。今回撮った写真をもとに説明しましょう。09062601 09062602

関東では、エスカレーターでは急がない人は左側に乗り、急ぐ人のために右側を空けています。左の写真は亀さんちの最寄り駅、右は東京駅です。09062603 09062604

亀さんは、“関西は左空け”と聞いていたのです(注)が、上の写真をご覧ください。左が大阪・梅田駅で、右が京都駅です。大阪・梅田駅では左空けですが、京都駅では右空けでした。また、神戸では左空けでしたし、大津では右空けでした。09062605

そうすると、新大阪ではどうなのか、見てみると、左空けになったり、右空けになったりしています。

そこで、亀さんの推論としては、当初は“関東:右空け、関西:左明け”だったのが、新幹線などによる人の移動により、左空けのところが右空けに変化しているのではないか…”、そして、“京都は変化したが、新大阪では、今、左空け派と右空け派が多数派抗争をしている最中では…”ということです。

皆さんの町では、右空けですか、左空けですか?(記入者:亀さん)

(注)エスカレーターはどっちをあける?:http://weekly.freeml.com/chousa/eska.htmlhttp://news.ameba.jp/2007/03/4003.php

2009年6月26日 (金)

汚い?かわいそう?

      ―駅前広場のヤマモモ―090623081 090623092_2 070626031

一昨年の6月末に「ヤマモモの実もたわわに!―駅前広場のヤマモモはあわれ!―」という記事を書きました(注)、“ヤマモモの実が誰にも収穫されず、駅前広場のタイルを赤く染めているのは、かわいそうだ”という趣旨の記事です。

しかし、多くの市民からは、“汚い!”との声だったらしく、そのヤマモモの木は丸坊主のように刈り込まれました。

そのせいで、昨年は、ほとんど実がなりませんでした。ですから、広場のタイルも汚されませんでした。

ところが、今年は刈り込みから時間が経ったので、一昨年ほどではないにしても、赤い実がなっています(左が今年、右が一昨年の状況)そのため、広場のタイルは、赤い血で汚れたようになっており、“汚いなあ!”という表情で、眉をしかめて通り過ぎる人もいます。

亀さんは、ヤマモモの実は、ジュースやジャムや果実酒にすると美味しいので、そのように活用してやった方が幸せだと思います。

このヤマモモの木を管理をしている人が、“汚い!”と思わず、“かわいそう!”と思ってくれることを祈っています。また、このような実のなる木を植える場合には、実がなった時のことを考えて植えるのが自然愛護の精神ではないかと確信しています。(記入者:亀さん)

(注)2007年6月30日の記事:http://dankai-hiroba.cocolog-nifty.com/blog/2007/06/post_bbe4.html

2009年6月25日 (木)

宝塚のスターたち

 ―背は高く、スタイルがいいけど・・・― 

前にも書きましたが(注1)東京宝塚劇場の前には、休演日の月曜日を除き、多くの宝塚ファンが好きなスターに声援を送ったり、贈り物を手渡したり、握手をするために集まっています。ファンたちの多くは、ファンクラブ毎に決めたユニフォームやマフラーを着けています。Revue_img

スターたちは、13:30の開演に合わせて、11:30~12:00頃に楽屋入りするのですが、亀さんは、たまたま、その時間に劇場の前を通りかかったので、現在公演中の宙(そら)組公演『薔薇に降る雨』 に出演中のスターを観察してみました。0906230609062307

1、2分の観察でしたので、宙組の3番手の男役の北翔海莉さん写真左)と2番手娘役の美羽あさひさん(写真右)をながめ、写真を撮っただけでした。2葉の写真の後方の帽子をかぶった人は、今回の公演で引退される七帆ひかるさんのようです(注2)。美羽さんは、我が郷土の広島出身のようです。

スターたちは専属のマネージャーを伴い、堂々としていました。背も高く、スタイルもよく、ファンに真摯に対応している姿勢には感心しました。でも、男役のせいか、胸はひかえめでしたよ。

どちらにしても、亀さんは、北島さぶちゃんのファンになれても、多分宝塚ファンにはなれないような気がします。ちなみに、亀さんは、Ayuちゃんファンです。(記入者:亀さん)

追記:「かおり」さんのご指摘で、当初の記事には名前に間違いがあることが判明しましたので、訂正致しました。なお、2葉の写真の後方に映っているのは、宙組の男役トップスターの大和悠河さんだと思ったのですが、大和さんは大抵最後に楽屋入りされるようです。

(注1)2008年12月13日の記事:http://dankai-hiroba.cocolog-nifty.com/blog/2008/12/post-184b.html

(注2)もちろん、亀さんは宝塚ファンではないので、スターの名前は皆目分かりませんでしたので、近くのファンの聞きました。

2009年6月24日 (水)

オペラ歌手・髙丸真理さんからのチャリティ・コンサートの案内

オペラ歌手の髙丸真理さんからチャリティ・コンサートのご案内をいただきました。髙丸さんは西宮在住で多くのオペラに出演したり、FMの番組や街角コンサートで活躍されています。阪神淡路大震災の前からブラジルのスラムに住む子供たちへの支援活動を続けてきました。はじめてのブラジル行きは震災直後だったのですが、子供たちに「地球の裏側の日本人からもあなたたちは愛されている」ということを直接伝えたいと2日がかりで現地に飛びました。今回は第45回のチャリティ・コンサートで、大阪-サン・パウロ姉妹都市提携40周年記念です。「心は地球をかけめぐり」―あなたの善意をブラジルの子供たちへ―がテーマです。

Cimg1324

公演は7月18日午後2時30分から大阪市北区堂島浜の中央電気倶楽部5階大ホールで(2時開場)。阪本朋子さんのピアノと髙丸さんのコラボレーションで毎回大人気の「女ありけり=アクユウの世界」などを予定しているそうです。

入場料は1人3千円、問い合わせは06-6634-2322(実行委員会・宮本さん)まで。5時からの交流会(3千円)の収益もすべてサン・パウロなどの施設支援と優秀な施設出身者の大学進学のための奨学金に充てられます。 (記入者:野次馬)

ひつじやのインドカレーは美味い!

  ―「亀さんの愛機の無事帰還」に感謝して―090623011 090623022

日比谷シャンテの地下2階に、小さなインドカレー店の「ひつじや」があります(注)一昨日の昼食は、前から気になっていた、その店のインドカレーにしました。090623033

その店には、本場のインドカレーがナン、サフランライス、デザート付きで、大体800~1000円程度の手頃な値段で食べられるのです。薬膳、タマゴ、マトン、チキン等の色々なカレーがあります。ナンとサフランライスはお変わり自由です。

調理人や従業員はすべてインドの人で、サフランなどの原料も本場のもののようです。

亀さんは、マトンのカレーも入っている「マトン アサド カレーセット」にしました。日本人の口に合う適度の辛さで、味も実に美味く、今後の昼食のリストにいれることにしました。

“美味かったな~!”と満足したのはいいのですが、亀さんはここで大失敗してしまいました。ブログ用の愛機・LUMIXのカメラをその店に忘れてしまいました。

そのことに気が付いたのは、帰宅後の夜10時頃です。昔、レストランでカメラを忘れたときには出てこなかった経験があるので、“多分無いだろうな”と諦めました。

昨朝、ひつじやに行き、「昨日、カメラを忘れたんですが・・・」と尋ねると、スタッフの方が「心配してたよ」と亀さんの愛機を引き出しから出してくれ、一緒に喜んでくれました。090623044 090623055

お礼に、亀さんのブログに書いて、「ひつじや」の宣伝をする話をすると、スタッフは、ニッコリ笑ってポーズをとってくれました。

これで、亀さんの昼食にはカレーが多くなりそうです。(記入者:亀さん)

(注)おいしいカレー工房 ひつじや:http://hitujiya.ddo.jp/curry/curry.htmhttp://r.tabelog.com/tokyo/A1301/A130102/13007608/http://r.tabelog.com/tokyo/A1301/A130102/13007608/dtlblog/http://gourmet.livedoor.com/restaurant/3409/

2009年6月23日 (火)

『チリモン博物誌』―野次馬の読書案内(003)

「ええ加減しつこいでー」と言われそうだが、私のブログ『石山文也の「きょうのB玉」』で取り上げた本の話題が意外に好評だったので紹介させていただきます。

「チリモン」ってご存じだろうか。チリメンジャコに混じったヘンな生き物のことだ。数年前から各地の水族館や自然科学館などで子供たちを対象にした「チリモンイベント」が人気を集めていたが、初めてのチリモン本『チリモン博物誌』(きしわだ自然友の会編著、幻戯書房)が発刊されたり、選別前のチリメンジャコが「チリモン探し用」として売られるなどブームになっている。珍しモン好きの私、実はたまたまこの本を発注したから知っているのだけど。チリメンジャコは漢字の「縮緬雑魚」からきている。食用にされるのはカタクチイワシやマイワシなどイワシ科の幼魚で、高級品としてハゼ科のシロウオのジャコもある。一般のチリメンジャコは一応は、選別後だからチリモンは見つけにくいだろうが、選別前のならタコ、イカ、イボダイ、カワハギ、タツノオトシゴ、タチウオ、サバなどまさにチリモンの宝庫だ。ポケモンには縁がなかったオジサン=私もこちらにははまるかも。

Cimg1321

ええ加減しつこい私、今夜もルーペとこの本をお供に、いざ行かん「チリモン・ワールド」へ。 (記入者:野次馬)

7月22日が晴れになりますように!

   ―幼い頃の日食観察の思い出―090622011 090622022

先日、本屋さんに行ったら、皆既日食関係の本が山積みにしてありました。

子供たちも手に取っているのですが、意外と大人も手にしています。亀さんもその大人の一人です。

亀さんは躊躇なく日食メガネ付きの本を買いました。

7月22日の皆既日食は、日本の陸地で観測できるものとしては、1963年7月21日以来、46年ぶりだそうです(注1)しかし、このときは、北海道東部では皆既日食でしたが、亀さんの住む広島では、日食がありませんでした(注2)

むしろ、亀さんの体験上で最大の日食は、1958年4月19日の(八丈島の)金環食で、広島でも太陽の86%が欠けました。

その日は土曜日で、当時は小学校は半日でしたが、日食観察のために11時頃に授業が終わり、宿題に“日食観察日記を書くこと”が出されました。

皆んな家に帰って、ろうそくのススをつけたガラスで、空を見上げて観察をしました。観察の内容は、太陽の欠け方と気温の変化でした。それを紙に書いて、月曜日に提出するのです。

亀さんの記憶では、最も欠けたときには、気温が5℃くらい下がったような気がします。また、カラスなどの鳥たちがギャーギャーと激しく啼いたような気がします。

今回の日食は、東京では太陽の74.9%が欠けるようですので、亀さんが50年以上前に経験した日食と同じ経験が出来るのではないかと、ワクワクしています。

どうか、7月22日が晴れになるますように!!(記入者:亀さん)

(注1)国立天文台HP>2009年7月22日皆既日食の情報:http://www.nao.ac.jp/phenomena/20090722/

(注2)1963年7月21日の日本での日食現象:http://star.gs/njkako/nj19630721.htm

(注3)1958年4月19日の日本での日食現象:http://star.gs/njkako/nj19580419.htm

2009年6月22日 (月)

「剣岳・点の記」を観ました!

―国民の生活を陰で支える人たちに感謝!―090620041 090620107

亀さんは、土曜日公開された映画「剣岳・点の記」を見に行きました。2週連続の映画です。この映画の撮影については、国土交通省国土地理院の友人からかなり前に聞いており、是非観ようと思っていましたので、公開当日に行くことにしていたのです。090620052090620063

この映画は、日本地図の空白を埋めるために、測量手・柴崎芳太郎たちが命がけで剣岳に登頂し、三角点の設置に挑んだ実話に基づいたものです大自然の中で猛吹雪に耐え、危険を顧みず、ただ地図を作るだけの為に愚直なまでに仕事に取り組む測量技術者の姿がそのままの形で、表現されています。

原作は、新田次郎ですが、彼も富士山気象レーダーの建設責任者をするなど、愚直なまでに陰の仕事に取り組んだ気象技術者でした。090620085 090620096

監督・撮影は、日本を代表する名カメラマンの木村大作で、実際の剣岳のその現場で撮影する方針で撮影するだけに、大自然の中での真に迫った作品となっている。しかも、浅野忠信(柴崎芳太郎役)、香川照之(案内人・宇治長次郎役)などの出演者に自分の足で剣岳に登山させて撮影したそうで、俳優がその役柄の追体験をすることによって、迫真の演技が出来たようです。090620074

日本山岳会も「剣岳初登頂」を目指し、測量部の上層部が柴崎たちに「剣岳初登頂」を指示する中で、あくまでも、「測量」という仕事を中心に据える柴崎の姿勢には、感嘆するばかりでした。

その柴崎や長次郎を演じる浅野、香川の迫真の演技には驚くばかりでしたが、「初登頂」にこだわる測量夫・生田信役の松田龍平、日本山岳会・小島烏水役の仲村トオルの演技も素晴らしく、その存在によって、柴崎と長次郎の愚直さが強調されるとともに、それぞれの人たちの内面の葛藤を伝わってきました。

結果としては、初登頂は既に修験者がしており、「初登頂」の名誉は得られませんでした。

また、三等三角点は設置できず、四等三角点としての「覘標」(測量観測用のやぐら)の設置にとどまり、それをもとに剣岳等に位置・標高を求めました。したがって、「点の記」(三角点設定の記録)(注1)は作られませんでした。(だから、新田次郎は「剣岳・点の記」を書いたともいえます。)

なお、このときに求めた剣岳の標高は、2998mでしたが、その後、剣岳の標高は、昭和5年の地形図では3003m、昭和45年の地形図では2998mに変化しています。

また、平成19年の「剣岳測量100周年記念事業」の一環として、同16年に柴崎が果たせなかった三角点が設置され、GPS測量・水準測量により、最高点は、標高2999mと確認され、選定者が柴崎芳太郎と表記された「点の記」も作成されたそうです(注2)

このような“縁の下の力持ち”にスポットを当てた映画は見ていて気持ちがいいですね。(記入者:亀さん)

追記:なお、現在も地図の作成という地道な仕事は続けられています。例えば、平成16年には、異常のあった日本第二の高峰・北岳の三等三角点も102年ぶりに復旧されました。国土地理院職員やボランティアが、60Kgの三角点の柱石や資材を担いで登り、復旧した記録を下の参考に載せていますので、読んでみてください。

(注1)三等以上の三角点について作られ、永久保存される、三角点設定の記録で、三角点標石埋定の年月日及び人名、覘標建設の年月日及び人名、道順、人夫賃、宿泊設備等を集録したもの。

(注2)国土地理院HP>地図は歴史の目撃者4-大台を一度は超えた「針の山」 :http://www.gsi.go.jp/kohokocho/kohokocho40054.html

(参考)国土地理院HP>北岳三角点を102年ぶりに一新 :http://www.gsi.go.jp/WNEW/koohou/458-2.htm

2009年6月21日 (日)

本屋でトイレットペーパーを買う!

  ―大っぴらにトイレで読書を―090620011

先日、近くの本屋さんに本を買いに行ったときのことです。

多くの本に並んで、黒い包装に包まれたトイレットペーパーが置いてあります。

“何でトイレットペーパーが?”と思って、手にとって見ると、「トイレで読む体感ホラー ドロップ」(注と書いてあります。亀さんの隣りでも、女子中学生が手にとって見ています。お互いに顔を合わせて、ニッコリ!happy01

値段も1個(1冊?)210円と安く、亀さんは1個買うことにしました。女子中学生も1個持って行ったんですが、親に「ダメ!」と言われたのか、元あったところに戻しに来ました。090620022 090620033

家に帰ってあけてみると、トイレットペーパーのミシン目ごとに、10行の程度の小説が書かれています。

今後使用するまでは内容の詳細は分かりませんが、オリコンのニュース(注1)によると、“「鈴木氏がこれまで発表してきた数ある作品のモチーフのひとつである“水”と、もともと日本人が怖いイメージを持っているトイレがテーマ」という書き下ろし小説『ドロップ』の舞台は公衆トイレ。1章10行前後、全9章で構成されており、“トイレ滞在時間”に手軽に読める点が特長となっている。”ようです。

これからは、トイレに本や新聞を持ち込んで、奥さんに叱られることもなく、正々堂々と小説が読めそうです。フンバッテ読んだら、感想でも書きます。

なお、:“このトイレットペーパーは本か?”という疑問がわいたので、Amazon.co.jpやBooks.or.jpで検索しましたが、ヒットしませんでした。本ではなく、トイレットペーパーなんですかね!(記入者:亀さん)

追記:作者の鈴木光司さんは静岡県浜松市の出身で、静岡県富士市の林製紙(注2)との同県コラボのようです。同社は、過去には漫画家のやくみつる氏が“食”に関する4コママンガを描いた『やくみつるのフードトイペ』や、経済アナリストの森永卓郎氏が節約術を説く『森永卓郎の年収崩壊時代生き残り10箇条』などを発表している。

(注1)オリコンのニュース:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090521-00000006-oric-ent

(注2)林製紙:http://www.hayashi-paper.com/contents/pick-up/drop.html

2009年6月20日 (土)

琵琶湖の<ジャングル・ツアー>に参加しました(その2)

このツアーは<ジャングル・ツアー>と名付けていますが、将来的には<シーカヤックを使ったエコ・ツアー>をめざそうという試みのひとつです。

漕ぎ出したわれわれを最初に歓迎?してくれたのは大繁殖が問題になっているカワウの集団でした。それも見渡しただけで軽く数百羽、毎朝、ねぐらにしている竹生島などからこのクリーク周辺に「出勤」してくるそうです。本流である安曇川北流と南流には遡上する子アユが狙われないように漁協の方たちによって川を横切るように10メートル間隔で両岸から数メートルの高さにテグスが張られています。つまりカワウが着水しようと滑空するときに引っ掛かってしまうので近寄らない仕掛けだそうです。

クリークには金魚鉢にはおなじみのホテイアオイがあちこちで目につきましたが、それ以上にびっくりしたのがはじめて目にしたのオオフサモ(大房藻)です。パロット・フェザーの別名を持つ藻類です。南アメリカ、とくにアマゾンなどの原産で、大正時代にわが国に帰化しました。一本ずつはオウムの羽のような形で、色もきれいな緑ですが、千切れても再生する能力がすぐれ、厳冬期も凍らない水中で越冬します。06年には外来生物法で「特定外来生物」に指定されましたが、霞ケ浦や各地の河川でも繁殖が危惧されています。水路の手前に広がる緑の部分がその群叢です。ここは1メートル以上の水深がありますが一見、その上を歩けそうです。

Cimg1313

最後に紹介するのがヒシの実です。水面に浮かんでいる葉につながった根茎をそうっと引っ張りあげると1-3個の実が付いています。「茹でたら食べられる」という解説がありましたが「忍者が逃げるときに廊下に撒くあれです」のほうが受けていました。私も6個ほど採集してきました。

Cimg1316

来月は<幻の化石海岸・お宝探しツアー>で能登半島へ。計画担当は何を隠そうこの私です。みなさんにハンマー、ルーペ、ゴーグルの「化石探し3点セット」を忘れずにね、と言っていますがさて。 (記入者:野次馬)

琵琶湖の<ジャングル・ツアー>に参加しました(その1)

友人のシーカヤック・ガイド「ナチャラ」の北村さんに誘われて14日の日曜日、琵琶湖の<ジャングル・ツアー>に参加してきました。「琵琶湖にジャングルなんてあるの?」と思われるでしょうが、北西部に注ぎ込む安曇川=あどがわ=の河口部がクリーク地帯になっていてまるでジャングルのなかの川を探検する雰囲気を味わえるのです。最初の予定でははじめに沖合6キロにある「白石」*を往復する計画でしたが風が強かったのと散弾銃によるカワウの駆除が行われているという情報もあり沿岸ツアーに切り替えました。 *この石を「抜いたら」琵琶湖の水がすべて無くなるという言い伝えがある高さ10-20メートルほどの岩が数個並ぶ奇観です

参加したのは17人、16艇。私も含めこの新企画に期待した面々がかけつけました。みんな「珍しモン好き」なんですね。久しぶりに1人艇に乗りましたのでいつものようにデジカメを構える余裕がありませんがこんな感じです。

Cimg1302 Cimg1311

Cimg1304

いちばん手前が私の愛艇「HIMIKO3」です。上にくくりつけているのが帆走用のセールで、後ろから風を受けると扇子を広げたようになり、漕ぐより何倍も速く進めます。この日は恐る恐る内湖で実験しましたが、残念ながらその写真はありません。いちばん上の写真の先がクリークなのですがこちらも。一列で進んでいますので写真を撮るヒマがなかったのです。 (記入者:野次馬)

『気まぐれ読書日記』(09-梅雨入りあじさい号)

前回の番外編はちょっと過激なタイトルだったけど今回はまたどうしたの。やさしい季節感で。迷っていて体力を使い果たしたわけでもなさそうだけど。林業助成のための「緑の雇用制度」にいきなり応募させられた18歳の若者の経験ですか。でも「いきなり応募させられた」ってどういうこと?舞台は三重県の山奥の「なあなあの村」だって。わけわかんねえ、あ、これはその主人公の口癖みたい。 (記入者:野次馬)

「2009-4.5.doc」をダウンロード

亀さんの昼食・ラーメン編

  ―喜多方ラーメン坂内と古典札幌柳麺・芳蘭―

亀さんの昼食は、ラーメン、寿司、日本そば、スパゲティー、中華や和食の定食などをローテーションしています。なかでも、ラーメンや寿司好きの友達が多く、ラーメンが多くなっています。

そのラーメンも色々な店を食べ歩いていますが、亀さんは、「喜多方ラーメン坂内」(注1)の喜多方ラーメンと「古典札幌柳麺・芳蘭」(注2)のしゅうまい塩バターラーメンが好きです0906190109061902

坂内の喜多方ラーメンは、値段が安い(580円)上に、美味しいチャーシューが5枚も入っているんです。初めて行ったときには、850円の喜多方焼豚ラーメンを注文したら、麺が見えないほどチャーシューが入っていました。味もよく、割安感があります。09061803 09061804

「古典札幌柳麺・芳蘭」は、30年近く前から亀さんが行っているラーメン店です。客が来ると「お帰りなさい!」と、客が帰るときには「行ってらっしゃい!」と店員が言うのが特徴でした(注3)ただ、値段は当時から1000円以上で、当時の亀さんにとっては、贅沢なラーメンでした。

味は、コッテリしていてコクがあり、亀さんは大好きです。また、メニューに無いトッピングができます。亀さんが好きなのは、しゅうまい塩バターらーめん(1200円)ですが、メニューに書いてある、塩バターらーめん(1000円)としゅうまい塩らーめん(1200円)の組み合わせ版です。さらに、塩ちゃーしゅうめん(1200円)を組み合わせると、「しゅうまい塩バターちゃーしゅうめん」(1400円)になります。(算数の計算みたいでしょう!!)(なお、昼は100円割引です。)

味がいいのですが、若い人には少し高いのかなあ…。

店の壁に、昔から、客としてきた有名タレント・スポーツ選手・作家・俳優・歌手などのサインが所狭しと張ってあり、名物となっています。090618051 090618062

このほか、麺屋・空海のとんこつラーメンもまずまずの味ですが、特徴が特にないのが欠点です。

なお、各店とも、サービスで、白飯が出ますが、亀さんは、ダイエットの為、辞退します。

今後、亀さんの昼食の感想を時たま書きますので、期待していただくとともに、ご意見をお寄せください。記入者:亀さん)

(注1)「喜多方ラーメン坂内」有楽町店:http://gourmet.livedoor.com/restaurant/10211/、同・内幸町ガード下店:http://30min.jp/place/1408

(注2)「古典札幌柳麺・芳蘭」:http://r.tabelog.com/tokyo/A1301/A130102/13002736/

(注3)ただ、今は、「お帰りなさい」「行ってらっしゃい」の挨拶がなくなっているのは、とても残念なことです。

(注4)麺屋・空海:http://r.tabelog.com/tokyo/A1301/A130102/13025280/

2009年6月19日 (金)

ようやく「日比谷公園」まで到着しました

皆さんに色々と道を尋ねながらようやく亀さんのいた「日比谷公園」までたどり着くことができました。東海道を大津宿から草津宿、中山道に入って守山宿と・・・など書くと、事情をご存じない方は「あらあら歩いて東京まで!」と勘違いされても困りますので、冗談はここまで。

取り急ぎの「到着」ご報告まで。 (記入者:野次馬)

日比谷公園でココリコの田中直樹に遭遇!

  ―雲形池の草魚の捕獲に挑戦とか―09061802_2

昨日、日比谷公園を横切ったとき、雲形池のほとりで、人だかりがしており、何台かのテレビカメラで撮影がされています。

好奇心旺盛の亀さんは、見過ごしていくわけには行きません。

「東京都公園・・・」と書いてある腕章をしている女性に尋ねると、「草魚を捕まえようとしているんですよ。」と言います。また、その人に対して、男性が「草魚がいるので、駆除しないとダメだと公園事務所に連絡しているのに、駆除しないで、テレビ撮影だけするのはおかしい!」と怒鳴っています。

「おもしろそう!!」 亀さんの好奇心はピークへまっしぐら!

雲形池が青い浮きをつけた網で仕切られています。また、テレビカメラには、TBSの文字があり、池に入る準備をしたタレントもいます。よく見ると、「飛び出せ!科学くん」と書かれたツナギを着たココリコの田中直樹さんです。

“TBSテレビの番組収録だ!”と気がつき、もっと見たかったのですが、仕事の関係で、さぼってもいられなかったので、後はテレビを見ることにして、打ち合わせ中の田中さんの写真だけ撮って終わりにしました。

家に帰って調べてみると、月曜日の23:30~23:55に放映する、TBSの「飛び出せ!科学くん」という番組で、「しょこたん」こと中川翔子さんとココリコの田中直樹さんがレギラーのバラエティ番組でした(注1)

面白そうなので、今度見てみようと思います。どうせなら、田中直樹さんではなく、しょこたんに会いたかったなあ!”と、いい歳をしてミーハー丸出しの亀さんでした。(記入者:亀さん)

追記:雲形池に体長1メートルの草魚がいることについては、5月末の産経新聞で報道されたようです(注2)。また、草魚の写真を下に掲載します。Dsc049671

(注1)飛び出せ!科学くん:http://www.tbs.co.jp/program/kagakukun.html。このバラエティのコンセプトは「子どものころに持っていた、夢や好奇心を呼び覚まそう!身近な疑問から、地球規模のミステリーまで この世に存在する全ての謎を遊びながら解明していく『謎解きバラエティ』」というものです。

(注2)http://sankei.jp.msn.com/region/kanto/tokyo/090528/tky0905282151015-n1.htm

(注記)草魚の写真は、次の「草魚写真集」からの転載です。体長1.2mです。http://page.freett.com/kiluba0523/sogyosyasin.htm

2009年6月18日 (木)

雨後の美醜

    ―葉っぱの水滴と落花した夏ツバキ―

連日の激しい雷雨の後は、新緑の緑がきれいに洗われ、葉っぱの水滴もきれいです。

亀さんちの葉っぱの水滴の美しさは、1位が古代蓮の葉っぱ、2位はヒイラギナンテンの葉っぱ、3位はホテイアオイの葉っぱです。葉っぱの表面に毛が生えていない方がきれいです。09061703_3 09061704_2

特に、古代蓮は大小丸い水滴が沢山出来てきれいです。昨日の雨は相当激しかったのか、よく見ると、水滴の中に虫が閉じ込められています。09061705_2 09061706_3

水滴の付いたヒイラギナンテンの葉っぱを見ると、何となく、ミドレンジャーや仮面ライダーの顔に似ています。090617011_2 090617022_2

でも、雨の後庭に出ると、夏ツバキの醜い姿の遭遇します。せっかく咲いた亀さんちの夏ツバキは、咲いて1日しか経っていないのに、雨が降るとすぐ落花し、芝生の上に醜態を曝しています。

かわいそうなので、花期の終わったサツキの木に乗せてみましたが…。(記入者:亀さん)

【追記】亀さんの故郷の広島は今年も雨が少ないようで、故郷の友から、「その雨を少し中国地方(倉橋)にも分けて欲しい」とコメントがありました。最近の天気は東日本と西日本との違いが極端ですね。

2009年6月17日 (水)

激しい雷雨にスズメも受難か?

    ―ずぶ濡れのスズメが・・・―09061601 09061602_2

梅雨入り以来、関東では連日夕方から土砂降りの雷雨が続いています。日曜日から火曜日まで3日連続です。今も、向うのほうでゴロゴロ鳴っています。

この雨も、朝になると小雨になっているか止んでいます。火曜日の朝も霧雨でした。

朝起きると、スズメがうるさく鳴いています。どうしたのかと庭に出ると、亀さんちの上の電線やお隣りのBSアンテナの上でたくさんのスズメがうるさく鳴いています。

一方、芝生の上で、子供のスズメがピーピー鳴いています。どうやら、電線のスズメはこの子スズメに向けて鳴いていたようです。

子スズメのからだには怪我はないのですが、ずぶ濡れで飛べないようです。きっと、雨に打たれて、落ちてきたようです。亀さんが近づいても1メートルぐらいしか飛べず、仲間のところには帰れません。このままだと野良猫に食べられてしまいます。

そこで、亀さんは、出勤前に、野良猫の来ない木の影に隠してやりました。しかし、一日中、「子スズメがどうなったか?」が気になりました。

夜帰宅して一番に、奥さんに子スズメのことを尋ねると、午後になって羽が乾いたのか、少し飛べるようになり、しばらくは松の木にとまっていたそうですが、5メートルぐらい飛んで崖につかまり、それからはよじ登って、仲間のところに戻って行ったそうです。メデタシ、メデタシ!(記入者:亀さん)

2009年6月16日 (火)

情け無用の毛虫・雑草退治!

     ―梅雨の合間に・・・―09061306_2 09061307 09061308 09061311

このところ、週末には雨の日が多く、たまの晴れの日には外出していたので、亀さんの庭には、(“ニハニハニワトリ”ではなく、)雑草が目立つようになり、毛虫も出てきました。また、生垣のアカメガシ(ベニアカメ)の斑点病も気になっていました。

天気予報で“土曜日から日曜日昼までは天気が良さそうだ”というので、土曜日は早起きをして、農薬散布と除草をしました。

農薬散布は、薬剤(オルトランやダコニールなど)に展着剤をまぜ、適切な濃度に薄めて噴霧器で撒くのですが、マスク・手袋、長袖の上着、手ぬぐい・帽子の完全武装の作業です。

作業途中で、クチナシや夏ツバキには多くのツボミがでて、花が咲き出しているのに気が付いて、農薬をかけるのがかわいそうになりましたが、ベランダにあるオリヅルラン以外は、情け無用です。特に、クチナシは、よくオオスカシバが飛んで来て(注1)、その大きな幼虫のアオムシ(注2)がクチナシの木を丸坊主にするので、情けは禁物です。09061310 09061309

農薬散布が終わったら、今度は雑草取りです。

カタバミやツメクサの一種やジシバリなどがかわいい花を咲かせているが、情け容赦はない。(ただ、ヒメツルソバだけは、1年中、寒い冬も花を咲いていたことに免じて例外です。)

草花にとっては、「きれいな花」を咲かせても、雑草扱いされるのは心外なんでしょうね。“ゴメンネ。”と言いつつ、薄情な亀さんでした。(記入者:亀さん)

(注1)「ホバリング名人発見!?」:http://dankai-hiroba.cocolog-nifty.com/blog/2007/10/post_1978.html

(注2)オオスカシバの幼虫:http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/youtyuu/HTMLs/oosukasiba-b1.html

2009年6月15日 (月)

「真夏のオリオン」を観ました!

   ―生きる希望と生きるための智恵―090613011 090613022  090613033 090613044

亀さんは、13日、映画「真夏のオリオン」(注1)を観ました。太平洋戦争の末期の日本海軍の潜水艦長たちの生きざまを描いたもので、亀さんとしては、公開前から興味がありましたが、そのストーリはほとんど知りませんでした。

亀さんの故郷の呉市は、旧日本海軍の軍港で、潜水艦の基地もありました。特に、この映画の一つの主役といえる伊号潜水艦(注2)については、亀さんもその実物を見たことがあります(注3)また、助演男優?で広島県出身の堂珍嘉邦さん(ケミストリー)が呉市(大崎下島)で、小中学生を招待して特別試写会を開催した(注4)というので、呉出身者としては、この映画に故郷のつながりを感じ、公開初日に見ざるを得ないと思いました。

あらすじは下の(注5)に譲りますが、観る前は、戦争に引き裂かれる若者の悲劇だろうという、亀さんの予想に反して、終戦直前の若い潜水艦の艦長(倉木:玉木宏)が生きる希望と生きるための智恵で、勇猛に闘い、幸運にもハッピーエンドを迎えるというものでした

恋人の志津子(北川景子)が出航前に手渡したイタリア語の自作の「真夏のオリオン」の楽譜とメッセージを糧に、絶望的な環境でも、生きる「希望」を捨てない。また、死んで敵を攻める、人間魚雷・回天3隻を活用して(注6)生きて戦う「智恵」を出し尽くす。このことを通して、生きることの大切さを観衆に訴えていた。
このことは、「俺たちは死ぬために戦ってるんじゃない。生きるために戦ってるんだ。人間は兵器ではない。」という倉木艦長の言葉に凝縮しています。

主演の玉木の好演は言うまでもないが、共演者がそれぞれの味を出していて、見ごたえがあった。特に、吉田栄作(桑田機関長)の演技が光った。また、堂珍嘉邦(共同作戦の潜水艦長で、倉木の親友の有沢艦長)、太賀(鈴木水雷員)、鈴木拓(秋山烹炊長)などの演技も目立ちました。さらに、玉砕に走る回天搭乗員を演じる黄川田将也の演技も、主演の玉木を引き立たせる意味で、光っていました。

ただ、故郷・呉の風景や海軍兵学校の場面がなかったのは、亀さんにとっては期待外れでした。

戦争物の嫌いな奥さんは、見なかったのですが、戦争物の嫌いな人も見ると感激する映画でしたよ。(記入者:亀さん)

追記:呉市には、戦艦大和や潜水艦に関する博物館として、それぞれ「大和ミュージアム」(注7)や「てつのくじら館(注8)があります。

注1)真夏のオリオン公式サイト:http://www.manatsu-orion.com/index.html

(注2)旧海軍の潜水艦:一等(伊号)潜水艦、二等(呂号)潜水艦、三等(波号)潜水艦のほか、特殊潜航艇や特攻兵器(人間魚雷・回天)があった。

(注3)戦後、瀬戸内海で沈没した艦船を引き上げ解体しましたが、亀さんが住んでいた集落の造船所でも解体されました。その中に、伊号潜水艦があり、小学校のみんなで見に行きました。

(注4)http://blog.manatsu-orion.com/index.php?UID=1244682175

(注5)「真夏のオリオン」のあらすじ:http://info.movies.yahoo.co.jp/detail/tydt/id332860/http://cinema-j.com/houga/?p=337

(注6)1隻はその高圧酸素を、海上に浮上できず艦内の酸素が限度以下になろうとする危機を脱するために使い、残りの2隻はゆっくり並べて走らせ、スクリュー2機の潜水艦の走行を偽装するために使う。

(注7)大和ミュージアム:http://www.yamato-museum.com/

(注8)てつのくじら館:http://www.jmsdf-kure-museum.jp/

2009年6月14日 (日)

料金0円のCafeのその後

     ―エビで鯛が釣れるか?―

5月の初めに、虎の門に、料金0円のCafeが出現したことを書きました。090611082 090611071

そのCafeha,亀さんがヒイキにしている、せんべいの播磨屋本店が運営している「播磨屋ステーション東京霞が関」ですが、亀さんは、今まで一度も入ったことがありません。

そこで、先日、近くの病院に行くついでに、「コーヒーとせんべいでも…」と立ち寄ってみました。

しかし、満員・長蛇の列で、とてもコーヒー・せんべいにありつくまでには相当時間が掛かりそうです。この0円Cafeが、せんべいの販売拡大のためのPR手段であるとすれば、大成功です。まさに、“エビで鯛が釣れる”かも知れません。

亀さんは、0円コーヒーを諦めて、“大好きなせんべい(黒豆の入った「御やきもち」)でも買って帰るか”と思ったのですが、どこで売っているのかと探すと分かりにくいところで売っていました。

一方、0円コーヒーを飲んでいる人もその多くがせんべいを買わず、コーヒーだけ飲んで出て行きます。売り上げのためのPRという播磨屋さんの意図にも“屁のカッパ”です。

これでは、“エビ鯛”ではなく、“カッパえびせん”ですね。

オッと、播磨屋さんでは、カッパえびせんは売っていません。(記入者:亀さん)

2009年6月13日 (土)

階段の手すりのお話

 ―技術の進歩とやさしさ度の違いを実感!―

今日も亀さんの下らない都市観察にお付き合いください。

亀さんは、階段を下りるときに、若い頃から手すりを持つクセがあります。

その亀さんが大変苦手にしている階段の手すりがあります。下の写真の階段ですが、その理由が分かりますか? 写真をよく見てください!090612011 090612022

よく見ると、手すりが所々で途切れているんです。その箇所で、一瞬ヒヤリとするんです。

そればかりか、途切れたところの処理がされていないので、背広のそでが引っ掛るのです。

“他の階段の手すりがどうなっているのか?”と、好奇心の旺盛な亀さんは、調べて見ました。09061205 09061206

最近の手すりは、上の写真のように、溶接などで連続させたものがほとんどで、背の低い人用に上下2本のものもあります。09061203 09061204

昔は、このような連続の手すりを作る技術がなかったのか、やや古い手すりを見るとわずかな隙間があるものもあります(上左)また、都市型水害用の遮水壁(防水版(注)の設備のためにやむなく途切れている場合もあります(上右)09061207 09061208 09061209 09061212

また、手すりの末端部の処理には、亀さんの知る限り、壁側に曲げたもの、床側に曲げたもの、下に曲げたうえで外側に曲げたもの、末端部を上下でつないだものの4種類のものがあり、興味深かったですよ。09061210

これらを総合して、最初の階段の手すりは、“人に優しい手すり”とは言えないような気がします。また、亀さんが“人に優しい階段の手すり”第1位に独断的に認定したのは、上の階段です。因みに、この階段は、亀さんの最寄駅の階段です。

こうして手すりの構造をじっくり見ると、技術の進歩や施設管理者のやさしさ度の違いが感じられて、結構面白いですよ。皆さんも近くの階段の手すりを観察されては・・・。(記入者:亀さん)

(注)都市型の集中豪雨で、地下室や地下街に大量の水が流入し、水害が起こる現象が生じており、それを防止するために、洪水の地下流入を防ぐ遮水壁の設置が進められている。

2009年6月12日 (金)

最近日比谷公園は小学生で一杯!

   ―日生劇場でミュージカル観劇―090611011 090611022

今月に入って、平日の昼なのに、日比谷公園が小学生で一杯です。方々に座って、弁当を食べたり、お喋りをしています。

最初は、“遠足か、社会見学だろうな。梅雨時に遠足もないだろうに…”と思ったのですが、あまり気に留めませんでした。

ところが毎日それが続くので、その原因を調べてみました。090611033 090611044

小学生たちは昼ごはんが終わると、整列し、グループごとに道路を横断して、日生劇場に入っていきます。090611055 090611066

劇場の入口には、「ニッセイ名作劇場第46回東京公演 エルコスの祈り」(注1)という看板が出ています。

聞くと、日本生命が、1964年以来、メセナ(企業の文化、芸術活動支援、企業の行う社会貢献活動)として行なっている「こどものためのミュージカル」への無料招待で、小学6年生が学校ごとに招待されているようでした。そのミュージカルも浅利慶太演出・劇団四季出演の本格的なものでした。

亀さんは、“東京の子供はいいなあ。田舎の子供は見られないんだろうなあ。”と思い、関係先に尋ねてみました。

「名作劇場」の形では、全国5都市で計100回の公演に15万5千人の小学生を招待するそうですが、このほか、全国的に、劇団四季の「こころの劇場」のミュージカルに無料招待しており、あわせると、47都道府県で約55万人の児童・生徒になるそうです(注2)

イメージアップのためのメセナをやる企業が色々ありますが、子供を育て、芸術を支援する、このようなメセナを半世紀近く続けていることに驚くとともに、“こんな良いミュージカルを見られる今の子供たちは幸せだなあ!”と感じました。(記入者:亀さん)

(注1)日生劇場・ニッセイ名作劇場:http://www.nissaytheatre.or.jp/outline/meisaku.html

(注2)このようなメセナは1964年以来行なわれており、昨年までで、4,455回の公演、延べ72,148校を招待し、累計701万人を超えるこどもたちに、観劇を通じて夢と感動を届けてきたそうです。

2009年6月11日 (木)

水郷・佐原に行ってきました!その3

   ―歴史の息づく佐原の街並み―

亀さんたちは、水生植物園の帰路、佐原の街を散策しました。 090607181_5

佐原は、川越市や栃木市と同様に、「小江戸」と称されており、小野川の沿川やその周辺には古い街並みが保存されているだけでなく、古い商店が現在も営業しており、活気があります(注1)今まで亀さんが見た歴史的な街並みのなかでは、高山や倉敷と並ぶ見事さでした。090607192_3 09060720 09060721 09060722 09060723_2 09060724 09060725 09060726

地区全体は、国選定の重要伝統的建造物群保存地区に指定されており、個々の建物のいくつかは県の有形文化財に指定されています(注2)09060727 09060728

また、小野川のほとりには、国指定重要文化財の伊能忠敬旧宅や伊能忠敬記念館があります。

伊能忠敬は、米売買・酒造りの商家で名主の伊能家に婿養子し、家業の傍ら、天文暦学を勉強した後、49歳で隠居して江戸で本格的に勉強し、あの「大日本沿海輿地全図」を作り上げたのです。第二の人生の過ごし方としては、驚嘆すべきで、亀さんたちアラカン(還暦前後)にとってはスター的存在ですね。

なお、旧宅の前の「樋橋(通称:ジャージャー橋)」には農業用水の樋管が敷設されており、写真のように、30分ごとに、ジャージャーと水が出てきます。

この日、亀さんは、真面目に?散策をし、写真を撮ったのですが、奥さんは買物に急がしく、携帯でそれぞれの行動を把握しながら別行動をとりました。

なお、佐原には、名物が多く、この日は、油茂のラー油、麻生屋のすずめ焼、麻兆の佃煮、柏屋の最中、山口屋の揚げ芋まんじゅう、大川本店の鉄砲漬などを買いました。もう半分以上食べてしまいましたが、美味かったですよ。(エッ、食べ物だけじゃないかですって。民芸品も買ったかな・・・。)(記入者:亀さん)

追記:「すずめ焼」をスズメの焼き鳥と誤解する人がいるかもしれませんので、追記しますと、「すずめ焼」は、小鮒を開いてスズメのような形にして、焼いたものです。http://www9.ocn.ne.jp/~asachou/newpage1.html

(注1)佐原は、江戸時代には江戸への物資の流通基地として繁栄し、小野川の両岸やその周辺には、河岸問屋、醸造などの商工業者が軒を連ねていました。その街並みは、現在も保存され、国選定の重要伝統的建造物群保存地区に指定されています。

(注2)写真の3枚目から7枚目まで、県の有形文化財の三菱館(三菱銀行佐原支店旧本館)、中村屋乾物店、中村屋商店、正文堂・小堀屋本店、正上。8枚目は油茂、9枚目は木の下旅館。

2009年6月10日 (水)

水郷・佐原に行ってきました!その2

    ―十二橋船めぐりと色々なアヤメ―09060717

この水生植物園の近くに、水郷の「加藤洲十二橋船めぐり」があります(注)この船めぐりで水郷の風情を満喫することも、亀さんたちの目的でした。

この船めぐりは、低湿地で、道路の整備が出来なかった頃に住民の足であった水路と舟運を観光資源として、活用しているものです。この水路には、12の橋がありますが、この橋は、隣の家との連絡用の個人所有の橋です

途中には水路に面した土産物屋さんもあり、亀さんたちは、そこで売っているお団子を食べながら、水郷気分に浸りました。所要時間50分のなかなか楽しい船めぐりでしたよ!

なお、昨日の記事で掲載できなかったアヤメの花の写真を、下に追加掲載いたします。(記入者:亀さん)090607064_2 090607075 090607086 090607097 090607119 0906071311

(注)この船めぐりは、水郷佐原水生植物園の近くのほかに、茨城県の潮来からも船が出ています。

2009年6月 9日 (火)

水郷・佐原に行ってきました!その1

      ―アヤメと嫁入り舟―09060702 09060701 09060716

亀さんたちは、7日(日曜日)が週末としては久しぶりの晴れだったので、水郷・佐原にアヤメを見に行きました。

「水郷佐原水生植物園」では、6月中「あやめ祭り」が開かれています。水辺の貴婦人といわれるアヤメの晴れ舞台です。

この期間、園内では結婚式が行なわれ、「嫁入り舟」に乗って白無垢・綿帽子の新婦が舟で嫁入りするイベントがあります。抽選に当ったカップルが園内の中洲で結婚式を挙げるのです。

亀さんたちが行ったときに、今年最初の「嫁入り舟」が行なわれていたので、アヤメの中を行く新郎新婦を撮りました。

アヤメは、4分咲きと言われましたが、かすりの着物に菅笠を被ったご婦人が枯れたアヤメを丁寧に取り除くなど、花の管理が行き届いていて、とてもキレイでした。090607031090607053090607108_2 09060712100906071311_2 0906071513   

アヤメは、江戸系・肥後系・伊勢系で、多くの品種のものがありました。それらの写真は、全部をこの記事に載せられませんので、一部をのせ、「その2」に残りの主なものを載せます。 (記入者:亀さん)

2009年6月 8日 (月)

「きょうのB玉」(自祝・100回記念)

<あたま遊び>にと今年1月13日に楽天ブログで「きょうのB玉」を始めてきょうでちょうど100回目になりました。なまいきに聞こえると叱られそうですが「通過点」ではありますので<自祝>としておきました。以前、2004年4月15日から同じタイトルで、当時はメールを使って希望者に送付していましたので今回は「再」出発ということになります。その時の1回目はこう始まっています。
毎日さまざまなニュースが飛び交っていますが「B級ニュース収集家」の私としては皆さんとはまた別の目でニュースを捉えているわけで、たった数行のベタ記事でも「おもしろい」と感動したりしています。そんな私からお届けするニュース紹介です。題して「きょうのB玉」。私が勝手に選んだ目玉ニュースゆえ、「びーだま」とお読みください。
その初日に取り上げたのは「涙の会見の野沢・旧山一証券社長が証券界に復帰」2回目が「人気経済評論家の植草一秀氏、のぞきで現行犯逮捕」でした。野沢氏は先日、引退の記者会見を見ましたが、植草氏はその後とんと噂を聞かないですね。もっとも噂を聞くというと「またまた(再犯)」ということでしょうからこちらは聞かない方がいいですけどね。今回は第1回が「ジンバブエで500億ドル札発行」2回目が「息子に代わって父親が替え玉受験」でした。同じ話題を2回以上取り上げたのは、ナマコの体内に住む珍魚・カザリカクレウオと元理事長親子の逮捕までいったご存じの漢検、盗難事件まで起きたミツバチ騒動、道頓堀川から見つかったカーネル像、地元滋賀県の地酒「権座」の新酒の話でした。12月にはこちらも私が勝手に選ぶ「B級ニュース大賞」も復活しますのでお楽しみに。

『石山文也の「きょうのB玉」』は毎週、月曜日~金曜日掲載、土・日・祝日はお休みです。 (記入者:野次馬)

コンセントの穴の秘密!

      ―全然知らなかったよ!―09060609

【ステージ1】

みなさん、コンセントの穴の秘密を知っていますか? 上の写真を見て、何か気が付きますか?

実は、亀さんは気が付きませんでしたし、その秘密は全く知りませんでした。コンセントなんて、何十年見てきたのでしょう・・・。でも、全く気が付きませんでした。もっとも、じっくり見ることもありませんでしたがね。

先週の水曜日、寝ぼけ眼で、深夜テレビ番組(番組名は不明?)を見ていると、“コンセントの穴の長さが左右違うのはなぜか?”という疑問に、番組が答えているのです。

みなさん、左の穴の長さの方がが長いのが分かりますか?もし、この写真がおかしいと思う人は、近くのコンセントで確認してください。

【ステージ2】

①なぜ、左右の長さが違うのかについては、左の穴につながる電線は、接地している(地面につながっている)電線であることを示しているようです。

②また、なぜ、接地されているかというと、(電気は、送電線からの電気を変圧器で降圧して家庭に引き込んでいますが、故障等で降圧できないときに)家庭に高圧の電気が流れると、火災・人身事故等の原因になるので、高圧の電気を地面に逃がす必要があるからのようです。

亀さんの説明で分からなかった人は→こちらをクリック!

“人の気付かないところで、大切な役割を果たしているものが沢山あり、それを支えている科学技術があるんだなあ!”と感じました。

翌朝、奥さんに、コンセントの穴の長さの違いを話したら、「本当だ!」と大喜びでした。でも、それ以来、コンセントが目に付いて仕方ないようです。(記入者:亀さん)

追記:愛読者のシェリーさんに教えてもらいました。番組名は、テレビ朝日の「シルシルミシル」(水曜23:15~)でした。

2009年6月 7日 (日)

た、大変です!

そろそろ収穫か、と楽しみにしていたベランダ菜園のブロッコリーが2株とも引き抜かれ、齧られているのを見つけました。残骸の一部が手すりに引っ掛かっています。硬かったのであきらめたらしいトマトも下に転がっています。

ブロッコリーは手前のプランターに並んで植えてありましたが無残にも「根こそぎ」です。1株は下のお宅の敷地に落ちていました。くやしい!!

Cimg1299_3

もちろん「犯人」の目星はついています。時々見かけるいたずら者のカラスです。あいつが「クロ」とにらんでいるのですが、さて。当面はPCと同じく「ネット対策」をしなければ。

大津市石山寺の現場から野次馬がお伝えしました。

やっとカラーが咲いた!

      ―亀さんの庭の花―09060601

玄関のアジサイが、日に当ててあったので、撮ってみました。

亀さんちは、今、花の端境期で、あまり花がありません。もっとも、門のところにはパンジーやビオラの寄せ植えがあり、庭には今盛りのアジサイと年中咲いているヒメツルソバが咲いており、これらは元気一杯です。09060606_2 090606041_209060607_2 

それと、鉢植えのフウロソウと姫ヒオウギは花期が長く、姫ヒオウギは実を着けだしたのに、まだ咲いています。

また、近所の人に頂いたマンネングサ(注記)も、かわいい小さな花をたくさん咲かせて始めました。 09060603_2 

しかし、問題は、昨年奥さんが気に入って買ってきて(注)、花が終わった後も大事に育ててきたカラーです。葉っぱだけ出ているのに、6月になっても花が咲かないし、花芽も出てこないのです。近所の花好きの人にきくと、「もうじき花芽が出てくるよ!」とのことでしたが…。そのカラーが、一昨日、ついに、黄色い花を咲かせました。今のところ、1本だけで、去年の花よりは小さいのですが、やっと咲いたという感じです。

あとは、オオバギボウシがツボミを付け、家の奥のほうで、南天の花が咲いています。(記入者:亀さん)09060608 09060602

(注)昨年5月26日の「カラーの花」:http://dankai-hiroba.cocolog-nifty.com/blog/2008/05/post_7ec6.html

(注記)当初、頂いた人から「ネコノメソウかな…」と言われていたので、「メコノメソウ?」と書きましたが、安曇野さんの「セダム」とのヒントで調べると、セダムの一種のマンネングサであることが分かりました。訂正します。安曇野さん、ありがとうございました。

2009年6月 6日 (土)

産医師異国に向こう産後厄なく

    ―明智光秀、いちごパンツ―

昨日の「浅草の算子塚に行きました。」への野次馬さんのコメントを読んで、円周率の覚え方を思い出しました。

皆さんは、どんな覚え方をしましたか? 亀さんは、「産医師異国に向こう産後厄なく・・・」=3.14159265358979…と覚えました。

「こんな丸暗記をしても…」という意見もありますが、これと同時に、“円周率が循環小数でないこと”、また、“何万、何億桁も続き、何桁まで計算できるかが研究されていること”や“江戸時代の人が20桁以上計算したこと”などを知って、数学の面白さに触れたような気がしたものです。

平方根も、“一夜一夜に人見ごろ”(√2=1.41421356…)か、“人並みに奢れや、おなご”(√3=1.7320508075…)か、“富士山麓、オウム鳴く”(√4)とか覚えました(注1)

化学では、元素の周期表(注2)を“水兵リーベ、バックの船、なーに、間があるシップはすぐ来らー”(H、He、Li、Be、B、C、N、O、F、Ne、Na、Mg、Al、Si、P、S、Cl、Ar)と覚えました(注3)

これらのことも、丸暗記だと批判したり、“実生活にどれだけ役立ったか?”などと、野暮なことは言わないで、数学や科学の面白さの入口として活用すればいいのではないかと思います。

このほか、“いい国つくろう・鎌倉幕府”(1192年)などの歴史年号の覚え方(注4)がありましたね。最近は、“明智光秀、いちごパンツ(1582年本能寺の変)”っていうのもあるようですよ。

こんなことが、皆さんにとって、今となっては楽しい(又は苦い)青春の1ページになっていませんか?(記入者:亀さん)

(注1)平方根の覚え方:http://mtf.z-abc.com/?eid=683068

(注2)周期表:http://www.d2.dion.ne.jp/~hmurata/goro/table2.html

(注3)周期表の覚え方:http://www.d2.dion.ne.jp/~hmurata/goro/digest/yoko01.html

(注4)歴史年号の覚え方:http://www.tcp-ip.or.jp/~syaraku/nengou.htm

本店と本舗はどちらが…

     ―浅草・木村家の人形焼―09060510 09060406 09060507

浅草に行ったとき、「土産に何を買って帰ろうか?」と奥さんに電話して尋ねました。

その答は、「要らないけど、木村家の人形焼かな~」でした。

そこで、浅草寺宝蔵門そばの「木村家」で人形焼を買い、仲見世を歩いていると、「木村家人形焼本舗」があるではないか!

“あれ? 同じ店があるなあ…”と思ったのですが、何となく店の名前が違うような気がしたので、人形焼を買った「木村家」に戻って、店の名前を確かめました。正式な名前は、「元祖人形焼 木村家本店」でした。

亀さんは悩みました。“奥さんの言った「木村家」はどちらの「木村家」なんだろう?”と。

仕方ないので、「木村家人形焼本舗」の人形焼も買って帰るかと思ったのですが、”人形焼ばかりでは芸がない”と思い、間違ったときの安全弁として、「浅草 梅園」のあんみつを買って帰りました。

この戦術は大成功でした。奥さんに言った「木村家」は、亀さんが人形焼を買った「元祖人形焼 木村家本店」であり、加えて、奥さんの好きなあんみつまで買って帰ったので、奥さんは大喜びでした。

それにしても、「本店」と「本舗」と似た名前で同じものを売っているなんて、混乱しますよね。因みに創業が古いのは「本店」のようです。(記入者:亀さん)

追記1:下左は、買って帰った人形焼ですが、ハト・雷さん・五重塔・提灯の4種類ですが、これは、本店、本舗とも同じです。

追記2:本店に「加豆沙糕 四個 参百円」と書いてあるので、新しいお菓子かと思って尋ねると、「あん入り人形焼 四個 三百円」を中国観光客に分かるように書いているんだそうです。09060508 09060509

(参考)浅草の色々な人形焼:http://www.asakusa-monjayaki.com/asa_guide/miyage/ningyoyaki/

(注)浅草 梅園:http://www.asakusa-umezono.co.jp/

2009年6月 5日 (金)

浅草の算子塚に行きました。

    ―円周率を計算した男たち―09060401_2 09060402

亀さんは、先日、浅草に行ったときに、浅草の浅草寺・新奥山(注)にある「算子塚」に行って見ました。

その理由は、最近、鳴海 風著「円周率を計算した男」(新人物文庫)を読み、江戸時代の数学(和算)学者の生きざまを知り、また、その一人の会田安明の功績を讃える「算子塚」が浅草寺にあることを知ったからです。

「円周率を計算した男」の文庫本は、今年5月14日に刊行されものですが、和算学者6人の生きざまを主題とした「円周率を計算した男」(歴史文学賞・日本数学会出版賞受賞作)などの短編を集めたものです。

亀さんは、高校の日本史の教科書で、江戸時代に”世界的な数学者の関孝和”がいたことを知識として知っていましたが、関孝和が突然変異的に出現したように漠然と感じていました。

しかし、この文庫本を読んで、関孝和の周辺に、立身出世・生活・学問的探究のために、和算を学んだり、円周率の計算に躍起となったりした、多くの若者がいたことを知りました。また、江戸時代の日本には3.14の円周率を知る人が結構いたことに驚きました。

そのうち、関孝和と一番弟子の建部賢弘が考案した円周率の計算方法は、20世紀になって数値計算で使われるようになった方法のようです。200年以上も前にこうした計算法を日本の数学者が世界に先駆けて発見していたのは驚きです。

「算子塚」で讃えられている会田安明は、関流和算の閉鎖性を批判して少数派の「最上流和算」を創設した学者で、文庫本に所収された短編の「算子塚」にその生きざまがイキイキと描かれています。

なお、算子塚の近くには、関流和算の高名な?学者を讃える「五瀬・植松氏明数の碑」もあります。

この文庫本を読み、また、「算子塚」に行って、亀さんは、“最近、学問的な探究心が薄れているなあ!”と実感しました。同時に、一時採用されていた、円周率を3と教える「ゆとり教育」の無謀さを再確認しました。(記入者:亀さん)

(注)浅草寺五重塔の北西にあり、多くの石碑や銅像が集められている。http://www7.ocn.ne.jp/~sehayama/sinokuyama.htm

(下の写真説明)左:新奥山、右:手前から、五瀬・植松氏明数の碑、狂歌三十六歌仙の碑、算子塚0906040409060403

2009年6月 4日 (木)

『気まぐれ読書日記』(09-07)

本はいまやネットで気軽に買える時代、本好きのおじさんから「屋久島の本を札幌の古書店から買いました」とうれしそうに報告してきました。こういうのって相槌が打ちづらいんだよね。「あんたの勝手でしょ」と言いたいところだから。今回の『気まぐれ読書日記』はその屋久島の話から。

「2009-07.doc」をダウンロード

広島カープ、交流戦好調!

 ―交流戦前半は4つの勝ち越し。7連勝も。―09060301

今シーズン、亀さんの好きな広島カープは出だしが良く、5月初めまでは5割・Aクラスを維持していました。

しかし、次第に投手陣の歯車が狂いだし、連敗が続き、日本生命セ・パ交流戦の前には、いつの間にか、5つの負け越しで、3位の中日の姿も霞んできていましたまた、交流戦に入っても、最初の4試合で1勝3敗と調子が出ません。

ところが、ここからのカープは、例年とは違いました。12球団最低の打率にもかかわらず、防御率1位の大竹の活躍、ルイス、前田健の復調など、12球団一の防御率の投手陣の頑張りで、7連勝です。

残念ながら、昨夜の試合では救援陣の乱調でパリーグ首位の日本ハムに惜敗しましたが、交流戦前半を8勝4敗・4つの勝ち越しで折り返しました。そして、いつの間にか、姿の見えなかった中日と3位を争っています。

これで、亀さんの楽しみ(=「広島カープの日本シリーズ制覇」の夢)は続きます。

今後も、亀さんは、“郷土の希望を背負って起った”(注)広島カープを「フレー・フレー!カープ!頑張れ・頑張れ!カープ!」と応援し続けます。(記入者:亀さん)

追記:大竹投手の5月の月間MVP受賞、おめでとう!

(注)初代のカープ応援歌「勝て勝てカープ」の一節:http://yutaka901.web.infoseek.co.jp/page2ax5a.htm

2009年6月 3日 (水)

ホタルのお宿?

    ―アワフキムシの幼虫の巣―090601031

上の写真を見てください!この間行った近くの公園の草に付いていた泡です。

亀さんは、大人になるまで、これが“ホタルの卵だ”と信じ込んでいました。

それは、小さい頃、ヨモギなどの茎にこの泡が付いていると、大人が「ホタルの卵だ!もうじきホタルの季節だね!」と言うのを聞いていたからです。

中学生のときに、初めて水の中にいるホタルの幼虫(下左)を見たのですが、そのときも“この泡の中から水に落ちるんだ!”と思っていました。

でも、ある時、泡の付いている草の近くに池や川がないことに気付き、“おかしいなあ…”と感じて調べると、アワフキムシ(泡吹虫)の幼虫の巣であることが分かりました。アワフキムシ(下右)は、セミやカメムシの仲間で、幼虫が排泄物を泡立てた巣を作って身を守るようです。

この話は、亀さんの故郷だけの話かと思っていましたら、インターネットで調べると、全国的な俗説のようですね(参考)。皆さんの地方では、どうでしたか?

いずれにしても、もうじきホタルが舞う季節になりましたね。(記入者:亀さん)

(参考)この泡をホタルの幼虫だとの俗説にふれるブログ:http://info.hitohaku.jp/blog/2008/05/post_122/http://www3.ocn.ne.jp/~teachers/awafuki.htmlhttp://futarinoyakata.web.infoseek.co.jp/gardening-awafukimushi.htmlhttp://www.geocities.jp/kamosuzu/siroobiawafuki.htmlhttp://members.jcom.home.ne.jp/fukumitu_mura/hanshimoku_.html

(注)アワフキムシの写真の出典は、フリー百科事典『ウィキペディア』 09041910p250pxcercopis_vulnerata

2009年6月 2日 (火)

羽を伸ばして!

  ―これが本当の「羽を伸ばす」だね!―09060101

サラリーマンは家庭でも職場でも色々な束縛に縛られていて、たまには羽を伸ばしたくなるものです。(亀さんの家庭や職場は、そんなことはありませんがね…)

昨朝まで続いていた雨が昼には止み、太陽も顔を出してきたので、亀さんは昼休みに公園に行きました。身体を伸ばし、両手を広げて、清々しい空気と陽の光を浴びようと思ったのです。

芝生広場までくると、1羽のハトが芝生の上で羽を伸ばして横たわっています。“死んでいるのかな?”と思って近づいて見ると、目が動いています。

“生きているんだ!何をしているのかな?”と見ていると、何分もじっとしており、時々羽の方向を変えています。そして、それが終わると、スタスタと歩いていきました(下左)

きっと、雨に濡れた羽を広げて羽干しをしているようでした。カワウの羽干しは見たことがあります(下右)が、ハトの羽干しは初めて見ました。

ハトも、ここのところの雨で、行動が束縛されていたので、公園に来て羽を伸ばしていたんですね。これが本当の「羽を伸ばす」ですね。(記入者:亀さん)09060102 09021203

2009年6月 1日 (月)

奥さんの趣味は拡大中!

   ―ただいま、ちりめん細工に没頭!―09053105

亀さんの奥さんは、その季節に応じて、その時季にふさわしい絵や人形や小物などで部屋を装飾するのが、趣味です。

ただし、今まで、その人形や小物は、人形店や民芸店などで買うか、それらを制作した友人から譲ってもらっていました。

ところが、次第にそれらを自分が作りたくなるようです。

そこで、最初は刺繍に、次にフラワーアレンジメントに挑戦していましたが、最近は、さらに、ちりめん細工・つるし雛に挑戦しているようです。上の写真は、奥さんの初めての作品です。(左がハナショウブ、右が三番叟) 

先月からは“ちりめんのつるし雛の教室”に通っていますが、どうもそれだけでは満足できず、みずから、関係書籍を購入して、家でも技術の習得に努めているようです。090531011_2

先日も、神田神保町の古書店街につるし雛やちりめん細工の指導書を買いに行き、欲しい本が入手できなかったようです。090531022_2090531033_2

そこで、インターネットで「日本玩具博物館」のHP(注)を見つけ、欲しい本を見つけるなど、ちりめん細工にまっしぐらです。090531044

ちりめん細工に使うちりめんの古布は高価で入手困難ですが、その博物館は、「正絹 古風江戸ちりめん」を開発し、適正な価格(とはいえ、結構高いお値段)で通信販売も行なっているようで、奥さんは大喜びです。

今後、奥さんの技術が向上すれば、ちりめん細工が一気に増加すると思われます。ご期待?ください。(記入者:亀さん)

(注)日本玩具博物館:http://www.japan-toy-museum.org/

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »