フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 銀座ミツバチ春の街・その2 | トップページ | 日比谷公園はバラに衣替え »

2009年5月12日 (火)

銀座ミツバチ春の街・その3

    ―銀座のビーガーデン―0905091111_2

最後は、銀座ビーガーデン第1号の銀座ブロッサム(銀座中央会館)の「銀座ブロッサムビーガーデン」に行きました。ビーガーデンとはミツバチ(bee)のために、花を一杯植えた庭園です。

ここには、今、メキシコマンネングサ(黄色)、オキザリス(紫カタバミ)、マツバギクなどが植えられ、別の花壇では、レンゲや麦が植えられていました。0905091212 09050918 09050913131_3 09050914142

レンゲやメキシコマンネングサには、たくさんの日本ミツバチや西洋ミツバチがやってきていました。なお、レンゲを見るのは久しぶりでしたが、盛りを過ぎており、花の間に豆ができていました。レンゲの豆を見るのは初めてでした。マメ科だから豆ができるのは当り前ですが、驚きました。

ところで、ミツバチは、蜜を集めるほか、幼虫を育てるために、花粉を集めますが、ミツバチの働き蜂は生後20日間は、子育て→部屋づくり、食糧の貯蔵→警備・冷房・清掃などの内勤を行なった後に、蜜集めに出るようです。ですから、このミツバチたちは、あと1週間程度の命のようです。09050916 09050917

イベントの最後に、「銀座のハチミツ」をいただきました。このハチミツは完全に天然のものです。

夕方の採蜜すると、蜜の糖度は60%くらいのようで、輸入のハチミツなどは過熱して水分を飛ばすこともあるようですが、銀座ハチミツプロジェクトでは午前中に採蜜するので、糖度が70%であるそうです。これは、夕方からミツバチたちが羽を動かして水分を飛ばすからだそうです。

また、田中副理事長が書かれた「銀座ミツバチ物語」も買ってきました。これを読み、銀座ミツバチについてもっと勉強しようと思います。

なかなか有意義で、面白い1日でした。(記入者:亀さん)

追記:銀座ビーガーデンには、東海テレビが取材に来ていましたし、連日の取材等でがあるようでした。また、スタッフの人たちも銀座ミツバチに一生懸命で、中には、爪にミツバチのネールアートをしている女性もおられました。0905091509050919

« 銀座ミツバチ春の街・その2 | トップページ | 日比谷公園はバラに衣替え »

コメント

お久しぶりです。
GWで田舎に帰って農作業してました。

ビーガーデン(ビアガーデンは大好き!)ってのが銀座にあるんですね。

> IWATOさんへ
GW中、柑橘類の手入れなどの農作業で大変でしたね。ご苦労様です。
銀座で養蜂するのは、農薬散布がされていない花から蜜を採ってくるので、農村よりも安全なハチミツが採れるようですよ。何か変ですが、本当のようです。
ところで、銀座には、もちろんビアガーデンもありますが、最近はカラオケに押されて流行らないようですよ。

亀さん、こんにちは。
銀座ビーガーデン、
内容が濃くて、考え方が変わる素敵な取り組みに驚かされました(*^^*)

>ちずやんさんへ
この時買った「銀座みつばち物語」をいま読んでいますが、軽い遊び心で始めた「銀座みつばちプロジェクト」がいつの間にか真面目な取り組みに変わっていく様子が書かれていました。
真剣な取り組みの中に遊び心があるのが、仲間の輪を広げ、運動の広範な展開にいいようです。
この本を読まれるといいですよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177803/44973687

この記事へのトラックバック一覧です: 銀座ミツバチ春の街・その3:

« 銀座ミツバチ春の街・その2 | トップページ | 日比谷公園はバラに衣替え »