フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 日本一の大凧・補足 | トップページ | 広島の新球場その1(2版) »

2009年5月 5日 (火)

日本一の大凧

    ―春日部の大凧あげ祭り―090503052   

「百畳敷の大凧」といわれる日本一の大凧―縦15m×横11m、重さ800kg―が大観衆の大きな歓声の中、ふわりふわりと江戸川の大空に舞い上がりました。大凧の5分の1の小凧も元気に舞い上がりました。

亀さんは、庄和町(現・春日部市)の大凧あげが5月3日と5日にあると聞き、天候を考えて、3日に行きました。09050301  090503012090503013_2

当日、午前中は無風でしたが、小凧を上げるころには、少し風が出て、中学生などが作った「真心」、「江戸川」などと書かれた小凧は常時3~4個が気持ち良さそうに泳いでいました。

いよいよ大凧の番です。大凧は下若組の「地域」と書かれたものと上若組の「活力」と書かれたものの2個用意されています。2つ合わせると、「地域活力」です。地域を活性化させたいという若者の気持が率直に表れています。09050303 09050303_2 09050304 09050305

大凧は、台座から外され、堤防の斜面まで運ばれて、堤防の上の大凧と河川敷の曳き手がじっといい風を待ちます。0905030611 0905030712 0905030813

まず、下若組の「地域」の大凧がチャレンジです。しかし、1回目は、バランスが悪く、失敗です。観客に大きな溜息が広がります。0905030921_2 0905031022 0905031123 09050302

亀さんが“今日はダメかな?”と思っていると、堤防のところで、大凧を竹の棒で支え、あげる準備をしています。すると、スッスッと大凧が上にあがります。今度は、飛翔成功です。観客は大喜びで、拍手喝采です。0905031224 0905031426 090503153

でも、その瞬間、風が止んで、残念ながらわずか2分で落ちてしまいました。その後、上若組の「活力」の大凧もチャレンジしましたが、失敗でした。

1月以来の長い期間の準備にもかかわらず、大凧あげの成否は風次第のようです。

5日にもこの大凧あげ祭りは実施されますので、亀さんは、“5日には、何とか雨が降らず、強い風が吹き、大凧あげが成功すること(=地域の活力があがること)”を祈りながら、会場を後にしました。(記入者:亀さん)

« 日本一の大凧・補足 | トップページ | 広島の新球場その1(2版) »

コメント

こんにちは~^^
大きな凧ですね!
大変な御苦労の末に、出来た大凧でしょうね!
空に舞い上がる姿は、傍で見ると圧巻でしょうね!
何時までも続けてほしいですね~^^

亀さん、勇壮な大凧ですね。「地域」が地面から少しでも浮き上がったのは本当に良かった。直接は見れてませんが、私もホットする気がします。
三日に広島から電話したら、河川敷きに居る、と聞きましたが、これを見ていたのですね。

立派な凧ですねぇ。
シンプルで手作り感満載の、いいイベントですね。

私の市ではGWに凧揚げを含むお祭りがありますが、もっと派手で、観光化しています。(私は見に行きません・・・混むので)

私が見に行きたいのは、春日部の方ですね。

>安曇野さんへ
実際に見ると、その大きさに驚きました。
若者たちは一生懸命で、見ていてその意欲が良く分かりました。
庄和町は、平成の大合併で春日部市に合併されましたが、こういう伝統行事は続いて欲しいもんですね。

> INO さんへ
上若組の「活力」の大凧が失敗した直後の電話でしたよ。 INOさんは電話の説明では意味不明だったかも知れませんが、この写真の通りです。
ことしのGWは、とにかく色々なところに行きましたよ。

こんばんは♪
凧揚げ大好きですヽ(´▽`)/
風に吹かれていたり揺れているものを見るのが好きなので。。。^^
空高く気持ちよさそうに泳いでいますね~~~

大凧はちょっと残念でしたねwobbly
今日は午後から雨が降り
大凧は上がったかなぁ。。。

今年は一回も凧を見ていません
お正月に土手や河原に行くと必ず凧揚げをしている親子を見かけたのに・・残念です

> ubazakuraさんへ
浜松と違って、河川敷でやるので、大変です。また、若者たちの準備は大変のようです。
亀さんは、観光化していないので、渋滞等もなく、身近に見られるのですが、若者のモチベーションを増進させ、伝統行事が続くようにするためには、もう少し観光化してもいいのではと思いますが…。
亀さんは、浜松まつりに一度は行ってみたいですね。

> ほよりんさんへ
大凧が少しだけでもあがったので良かったですよ。
大凧は強い風が必要なようで、小凧の場合の2倍の強さの風が必要なようです。
他のブログで見ると、今日は雨で大凧が濡れてダメだったようです(未確認ですが…)。

亀さんの記事、内容が濃く、丁寧にご紹介していただいて、春日部市民として嬉しい限りです。(私ももっと詳しく書かないとなぁ~と少々反省です。)
大凧あげ祭りはほんとにのどかな雰囲気で、皆さん芝生でくつろぎながら楽しんで見ています。私はそれがとても気に入りました。

>ぱらちゃんへ
たまたま、会場のバス停の一つ前でバスを降りたために風下から見られたんですよ。
亀さんは、「牛島の藤」のついでに、「春日部藤まつり」に寄り、たまたま、そこでパンフレットを見て、この大凧あげを知りました。
でも、そのパンフレットには交通手段の説明も殆んどなく、市のHPにも今年のPRはありませんでした。また、途中立ち寄った道の駅ですら宣伝していませんでした。
観光振興の観点からもう少し力を入れるべきではと思いました。

こんばんわ。コメント&TBありがとうございました。confident

初めて春日部の大凧あげ祭りに行ってみました。大凧って、風の強さやタイミングがあわないと、うまくあがらないですね。coldsweats01

意外と出店が多かったのが印象的でした。restaurant

この大凧をあげる事は伝統技術ものだと思います。しっかりと受け継いでいってもらいたいものですね。japanesetea

亀さんへ けさ(6日)の毎日新聞滋賀版に「風の女神と願い札貼り」という記事が掲載されていました。江戸時代から続く国の選択無形民俗文化財・八日市大凧まつりの本番(31日)を前に、百畳敷き大凧に夢を託す「願い札」を貼り付けるイベントです。「風の女神」は大うちわで風を送ったりして祭りを盛り上げる女性たちです。参加したのはこの日、まつり実行委員長の東近江市長から委嘱状をもらった女神4人と約250組の親子。凧づくりもそうだけど、こうした演出で市民参加の裾野を広げるのもいいかもしれませんね。 

>野次馬 さんへ
春日部(庄和)の大凧揚げも国の選択無形民俗文化財のようで、5月の初節句を祝う行事のようです。
八日市の大凧揚げも5月の節句に揚げる伝統のようですが、旧暦の5月5日が今月28日なので、31日に本番なのでしょうかね。
ところで、伝統行事の保存・観光振興の為には、やはり、効果的なPRが不可欠ですよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177803/44888162

この記事へのトラックバック一覧です: 日本一の大凧:

» 春日部の大凧あげ祭りに行ってきた2009。 [♪さかきんぐのちょいと1言♪]
東武伊勢崎線・野田線春日部駅を下車し、駅東口から朝日バス関宿中央ターミナル方面へ [続きを読む]

« 日本一の大凧・補足 | トップページ | 広島の新球場その1(2版) »