フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« SLが桜と菜の花の中を走る! | トップページ | 外務省の桜の下を… »

2009年4月 6日 (月)

熊谷桜堤と熊谷うちわ祭

     ―熊谷の桜・その2―

大麻生桜堤でSLを撮影した亀さんたちは、「熊谷さくら祭」の会場の「熊谷桜堤」まで5キロほど散策しましたが、そこまでの堤防は「その1」に書いたように自然豊かな桜堤でした。09040410190 09040412390 090404112p_2

一方、「熊谷桜堤」は、立派な桜の並木が続く壮大なものでしたが、花見というよりは花見客を見に来ているようでした。

とは言え、腹ペコの亀さんたちは屋台で売っているお好み焼、うどん、串焼きなどを桜の下で食べました。このような環境で食べるものは本当に美味しいですね。

そこは早々に退散して、市の名勝に指定されている「星渓園」を経由して、帰路に着きました。090404141d90

駅前まで来ると、お囃子の音が聞こえてきます。目を凝らすと、向うに、京都の祇園祭のような山車があり、そこでお囃子が鳴っています。

それは、「さくら祭」に協賛して、毎年7月20日~23日に行なわれる「熊谷うちわ祭」の銀座区の山車の特別巡行でした。山車の上には鎌倉時代の武将の熊谷直実に人形が飾られ、山車の中と脇で若者がお囃子を鳴らしています。090404152d90 090404163d90_2 090404174p 090404185p 090404196d90

“これは得をした!”と思って見ていると、囃し手が女の子に代わると、止まっていた山車が曳き手に曳かれて動き出します。山車は3輪ですばやく回転も出来ます。山車を飾る織物もキレイでした。09040413p

亀さんたちは、今年の7月に「熊谷うちわ祭」に来ることを決めました。今年の祭りの年番は、その朝に駅の構内でうるさいほどの音量でお囃子を演奏していた筑波区(写真左)だそうです。(記入者:亀さん)

(注1)熊谷さくら祭:http://www.city.kumagaya.saitama.jp/kanko/matsuri/sakura_matsuri/index.htmlhttp://www.kumagaya-kanko.jp/sakura2009.html

(注2)熊谷うちわ祭:(2008年)http://360.jp/utiwa/、(2009年)http://uchiwamatsuri.com/

« SLが桜と菜の花の中を走る! | トップページ | 外務省の桜の下を… »

コメント

お花見の人出の多さにびっくりしました~~happy02
皆さん、気持ち良さそうにお花見していますね!
こういう所で食べる屋台メニューは、一段と美味しく感じますね!
私も大好きですheart04
お祭りの山車も見れて充実した一日でしたね~happy01
7月のお祭り便り、楽しみにしていますnote

大変な人出ですね。
私は人ごみが苦手なので、こういう場所でのお花見はできそうにもありません。

「熊谷うちわ祭り」の本番も、にぎわいそうですね。

>シェリーさんへ
本当に、ほとんどの人は、桜は二の次でした。
よく観察すると、若い夫婦は、その辺の屋台だと値段が高いためか、コンビニの弁当を持ってきている人が多かったですよ。結構しっかりしていますね。

> ubazakuraさんへ
亀さんも、酒が飲めず、酒飲みの中にいるのは苦手なので、早々に退散しました。
SLを撮った大麻生の桜堤の方が静かで自然もあり、良かったですよ。
7月のうちわ祭に行ったら、必ず報告します。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177803/44567881

この記事へのトラックバック一覧です: 熊谷桜堤と熊谷うちわ祭:

« SLが桜と菜の花の中を走る! | トップページ | 外務省の桜の下を… »