フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 初めてのアオジの撮影! | トップページ | 根尾・薄墨桜 »

2009年4月20日 (月)

ナナフシを知っていますか?

   ―北本自然観察公園・その2―

この北本自然観察公園を訪れるのは、野鳥好きの人だけでなく、昆虫や花・植物の好きな人も多いようです。その日は、定例の自然観察会が行なわれており、一組は植物を、もう一組は昆虫を観察していました。090418101_2

そこで、質問です。上の写真の昆虫は何でしょうか?090418112

よ~く見てください!分かりませんか?葉っぱの真ん中に何かいませんか?

答は、左の写真だと分かりますね。

擬態(注1)・保護色で有名なナナフシの幼虫です。緑の葉っぱにいる幼虫は緑色を、秋の木の枝にいる成虫は茶色をしています(注2) 

このほか、公園には珍しいものがまだまだありました。09041812_209041813_3

上左の透き通ったおたまじゃくしは、「ニホンアカガエルのアルビノのオタマジャクシ」で、突然変異のようです。自然界では、敵に襲われやすく普通は育たないようです。

上右の木の穴は、にほんミツバチの巣です。迂回路が設けてあり、「近づかないように!」という注意書きがありましたが、みんな近づいて覗き込んでいました。もちろん亀さんも…。

花は、色々咲いていましたが、亀さんの気にいったタチツボスミレとムラサキカタバミを載せておきます。09041814 09041815

このように、この公園は、野鳥、昆虫、植物の学習の場として素敵な場所でした。(記入者:亀さん)

(注1)動物が身を守ったり、敵を攻撃したりするるために、色や形を周囲の他の物に似せること。

(注2)http://www.insects.jp/kon-nanaeda.htm

« 初めてのアオジの撮影! | トップページ | 根尾・薄墨桜 »

コメント

こんにちは~^^
このような所で、いろいろ散策する楽しみは
童心に帰ったようで楽しいでしょうね~^^
珍しい、オタマジャクシですが、このまま成長
してくれるといいですね!

>安曇野さんへ
趣味の登山を中断しているので、このようなところで、自然と親しんでいます。そろそろ登山を再開しようかな。
なお、このおたまじゃくしはこの公園では生育できているようです。

爪楊枝で作ったような昆虫ですよね。
「ナナフシ」はよーく見ないと解らないよ。

> IWATOさんへ
亀さんも、最初はどこにいるのか分かりませんでした。
久しぶりに見たんですが、ここにはたくさんいましたよ。

亀さん、どうもです。
北本では鳥ばかり追いかけていて、虫や花にまで気が回りませんでした。
鳥以外でも楽しめそうですね。ニホンミツバチの巣は何回かのぞきました(笑

亀さんへ ニホンミツバチはいまや注目の存在です。果樹農園からも引き合い殺到とか。ここのは天然のままでしょうから蜜はミツバチたちが自家消費するだけかな。私はちょうど百田尚樹の『風の中のマリア』(講談社)を読んでいます。ヒロインは同じ蜂でもなんとオオスズメバチの戦士。前代未聞の衝撃作品です。 野次馬

>野次馬さんへ
そんなニュースを聞きましたよ。それに、B玉でも読んだよ。
自然のミツバチも人工飼育のミツバチも多分自家消費のために集めているんでは…。それを人間様が少し?横取りしているんですよ。
『風の中のマリア』を書店で見てみますよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177803/44714514

この記事へのトラックバック一覧です: ナナフシを知っていますか?:

« 初めてのアオジの撮影! | トップページ | 根尾・薄墨桜 »