フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 見沼の桜も満開! | トップページ | 醍醐の桜(その2)=随心院 »

2009年4月 7日 (火)

京都からは「醍醐の桜」をお届けします(その1)

豊臣秀吉の「醍醐の花見」で知られる京都市伏見区の醍醐寺の桜は今が満開、併せて小野小町ゆかりの随心院ものぞいてきました。観光バスが次々に到着、ガイドさんが先導して境内を歩く姿があちこちで見られましたがどこへいっても人人人でした。僧侶の方も衣の色からして相当な位とお見受けしましたがパチリと失礼。まずは写真セレクトを届けておきます。 (記入者:野次馬)

Cimg1167_2Cimg1159Cimg1166

Cimg1150 Cimg1155Cimg1163

Cimg1153Cimg1170Cimg1169

Cimg1154

« 見沼の桜も満開! | トップページ | 醍醐の桜(その2)=随心院 »

コメント

野次馬さん、やはり京都の桜は風情がありますね。
でも、人が多くて、ゆっくりと桜を楽しめないのでは・・・。
亀さんは、この時季、京都の四季シリーズのネクタイのうち、「京の桜」のネクタイをしていますよ。

亀さんへ 人が多いのにはたしかに閉口しますが、自分だって人出を楽しんでいるんでしょうから。もし見事な桜があっても人っ子ひとりいないと逆に「不安」になるかも。とはいえ紹介した写真のうちで私が「狙って撮った」のはやはり人がいないカットです。醍醐寺の「日差しによる白壁への桜の投影」、髄心院の「軒瓦の点景」や「太い幹の古桜」とか。デジカメは狙ったイメージがその場で確かめられるのでその点は便利です。 野次馬

野次馬さん、醍醐の桜という被写体の風情を、野次馬さんの撮影センスは的確に捕えていますね。素晴らしい写真の数々と思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177803/44594578

この記事へのトラックバック一覧です: 京都からは「醍醐の桜」をお届けします(その1):

« 見沼の桜も満開! | トップページ | 醍醐の桜(その2)=随心院 »