フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 室内装飾、バージョン変更中 | トップページ | 見沼自然公園の水鳥 »

2009年4月14日 (火)

今回のウグイスは自信作!

  ―見沼の野鳥にハマリました?・その1―

亀さんは、多分、見沼の野鳥に嵌ったようです。

12日も、ブログの仲間?のWell-Uさんがよく野鳥を撮りに行かれる「見沼自然公園」の先まで、見沼代用水東縁を片道8Km自転車で遡って、野鳥を撮ってきました。

その1では、ウグイスの完全撮影を報告します。見沼自然公園の手前で、ウグイスの大きな声が聞こえるところに、二人の方がカメラを構えています。聞くと、“ウグイスがいつも5メートル先の木に止まるので、待ち構えている”のだそうです。亀さんも、一緒にカメラを構えました。090412011 090412022

すると、すぐにウグイスはやって来ました。焦点も合い、ウグイスがウンチをしている(右の写真)のまで写っています。亀さんは有頂天です。しかし、お二人は、「こっちを向いて啼いてくれないと…」と言って不満のようでした。090412033 090412044

すぐ、近くのヤブに飛んでいったので、その場から去ろうとしたら、お二人から、「また来るよ!」と言われ、そのまま、撮り続けました。ヤブからだんだん上の方に登ってきて、羽を動かしながら啼きだしましたが、枯れ草が影響して、多少焦点が外れています。090412055 090412066 090412077 090412088

すると、また、元の木に戻ってきて、きれいな声で啼きだしました。今度は、横から連写で撮ったんですが、少し焦点が合っていないようです。090412099 0904121111

そして、近くの桜の木に飛んでいきました。お二人は、三脚を担いで向うに行かれます。観衆もついて行かれました。亀さんは、その辺で切り上げることにして、自転車に乗ろうとすると、そのウグイスは所定の木に戻ってきました。そこで、最後に1枚!

こんな近くで、タイミングよく撮れたのは、お二人さんのおかげです。“先達ちはあらまほしきもの”とは本当ですね。それにしても、最初の2枚はよく撮れていると思いますよ!(自画自賛)

それと、今回の教訓は、“たくさん撮って選ぶ”です。今回撮った写真は全部で260枚で、ウグイスだけで40枚近く撮りました。(記入者:亀さん)

« 室内装飾、バージョン変更中 | トップページ | 見沼自然公園の水鳥 »

コメント

ウグイスの撮影成功、おめでとうございます。

さっそく殿に知らせたところ、写真を見いって「よく、こんなに撮れたなぁ。うまくピントが合っていて、すごいなぁ」と感心しきりです。

ますます、野鳥の撮影にはまりそうですねheart04

> ubazakuraさんへ
先に撮っておられたお二人に感謝するだけです。
どうも、忍耐と場数が必要とされるようです。
近くに野鳥の宝庫の見沼田んぼがあるので、病みつきになりそうです。
時間は掛かりますが、金は掛かりませんし…。

鳥の撮影は難しく、私は未だ成功したことはありません。。
ウグイスは鳴き声は聞えてもなかなか姿を現さないので・・・ますます大変です。。
ほんとうにすばらしいですね~~!!

> komichiさんへ
亀さんも、1週間前に50メートルの距離での撮影に初めて成功して、喜んだところです。
でも、前回と比べると、今回の写真は幸運に恵まれ、自信作になりました。

凄いですねぇ。
初めてこんな綺麗なウグイスを見ました。
きっと鳴き声も。。

それにしても忍耐ですね。
でもこうしていい写真が撮れるとガマン・ガマン

鶯の撮影、バッチリでしたね、
啼声までがこちらに届きそうで羨ましい限り
私は初めから諦めています(苦笑

亀さん、(゜∇^*)ノ⌒【おはようございます】☆
ウグイスの撮影、バッチリ決まりましたね~~good
素晴らしい!!!!!
我が家の近くでも、とても綺麗なウグイスの声が聞こえるので
camera撮りたいなぁ~。。。と思っているのですが、
やはり見つけるだけでも一苦労bearing
亀さんの野鳥撮影も、益々磨かれそうな予感がしますshine

亀さん、こんにちは。
ウグイスの撮影成功おめでとうございます!!
私はこんなに鮮明に撮れた事はありません、うらやましいです。
釣りと同じで鳥にもポイントがあって、それを蓄積していくことも大事ですね。
仰るように、最初の2枚はピントもあっていて素晴らしいと思います。目の輝きが写っていると、生命感が溢れて見えますよね。
バックや構図に関しては好みもあるので一概には言えませんが、曇り空のような場合は「空抜け」、また手前に枝等が入っている場合は「枝かぶり」と言って、まあ次点という感じのようです。自分はそんな贅沢は言わず、目当ての鳥が自分なりにきれいに撮れれば十分ですけどね。
ちなみに、私は8枚目が一番好みです。
あ、亀さんのご指摘どおり、たくさん撮るのがデジカメの基本ですね。私はそのために連写の利くD300を使っています。とにかく色々試して数打つことが大事です。
ではご健闘をお祈りしております(笑
私も今週末は見沼か北本に出かけようと思ってます。

亀さん 私もウグイスにはまりました。ただし「写す」のではなく鳴き声を「聴く」ほうです。声はすれども姿は見せませんので写真はありませんが。「変わった鳴き声」を聴きに3回も通い、ようやく聴けました。それは「ホー・○○○○○○」と鳴くんです。楽天ブログの「きょうのB玉」(13日)に紹介しましたのでのぞいてくださいね。 野次馬

ウグイスの写真凄いです。野鳥写真の秘訣は、鳥を追っかけるのでなくジッと辛抱強く待つことですよね。
ウグイスの姿は地味ですが、囀りは日本三鳴鳥の一つです。人間界ではよくあることですが、両方ともそろったものは、あまり見つけられませんね。
花札にある梅にウグイスの図柄の鳥は緑色の美しいメジロかな?
まあ、ウグイスは昔からよく知れているので万葉集から枕草子等々あらゆる分野で取り上げられて調べてみると奥の深いものがあります。例えば。「ももちどり」「みみめとり」「とどめとり」「にほいどり」「はなみどり」「ささえとり」「みつきすごとり」等々で出ております。また、地方によってそれぞれ呼び方がおおくあります。あとの美声鳥と美人鳥は、渡り鳥のコマドリとオオルリです。
もしお逢いしたければ、新緑の谷筋で樹木の天辺を(オオルリ)、深山の渓谷の藪の中で(コマドリを)とお出かけあれ!!
ちなみにウグイスの英名は
Japanese Bush Warbler です。

>福寿草。さんへ
そうなんです。じっと我慢ですよ。
先達のおかげでいい写真が撮れました。
今後も頑張りますhappy01

>mico さんへ
今の時季は、上手に啼けるウグイスとまだ練習中のウグイスがいますが、このウグイスは上手に啼いていましたよ。

> シェリーさんへ
バッチリでしたhappy01
先週は50メートル先立ったのですが、このときは5メートルの近さでした。
ウンチをしているのは、その時は気付きませんでしたが、偶然とは言え、いい瞬間を撮れたと大喜びですhappy01

>Well-Uさんへ
Well-Uさんに、羨ましがられるとは…。うれしいhappy01!!
バックや構図を考える余裕はまだありませんが、頑張ります。
この勢いで、今週末は北本自然観察園に行こうかな…。バスの時刻表も調べましたよ。

>野次馬さんへ
この時季のウグイスは、まだ上手に啼けないのがいて、なかなか「ホーホケキョ」と啼けるものは少ないのでは…。
でもこのウグイスはちゃんと啼いていましたよ。
ホーテレビジョンとは啼いてなかったよ。

今回のウグイス撮影は
バッチシですね。
そうっ、うちの田舎にもツバメがやってきました!
先週末には 家の中に入って来て
追っ払うのに苦労しましたよ。

> IWATOさんへ
このウグイスは自信作ですよhappy01
ツバメは飛びまわっているので、なかなか撮れません。
ツバメが来る家は栄えると言いますので、あまり追っ払わないほうが…とも考えますが、家の中に巣を作られると大変ですよね。

>takasagomozu さんへ
コメント有難うございます。
亀さんは野鳥の撮影は初心者ですが、オオルリやコマドリも写してみたいですね。
ところで、takasagomozu さんは、「野鳥の窓」のタカサゴモズさんですか?

亀さん、バッチリのシャッターチャンスを掴みましたね。努力の積み上げに、神様がご褒美を下さったのだと思います。

>INOさんへ
やっとの自信作でしたよhappy01
野鳥の先輩のWell-Uさんにも褒められて、有頂天です。
明日付けの「見沼自然公園の水鳥」も傑作ですよ。オオバンのあげた水しぶきがきれいに写っています。

拍手ですscissors

庭でウグイスの鳴いている声が聞こえたら
亀さんの写真を思い浮かべますconfident

> ほよりんさんへ
亀さんも有頂天ですhappy01
構図的には、啼いているウグイスがいいのですが、ピントはうんちをしているウグイスなんです…wobbly
これからも頑張ります!今日の水鳥もいいですよ。

「野鳥の窓」は凄いですね。残念ですが、あそこまでの実力は夢のまた夢です。

もう10年程まえ、キャノン製の手振れ防止付きの双眼鏡とニコンF3のカメラを持ってぶらり旅の途中、博多の和白干潟で迷鳥のタカサゴモズをゲットしたのが、野鳥観察に嵌り込んだ次第です。
先ほど、バン、オオバン等の写真を見ました。
しばらくは野鳥写真に嵌りそうですね。

亀さんへ 「テレビジョン・ウグイス」は投書された方がそう聞こえますということなので「微笑ましいお話」として取り上げました。ただしいわゆる「初鳴き」ではなさそうです。ことしはそれが2羽いるということは「テレビジョン君」に恋した雌がいて・・・と思いたいところです。亀さんの写真もあって今回はすごいコメント数ですね。takasagomozuさんからはウグイスの鳴き声を「ホー・法華経」となどというのを<ききなし>と教わりました。辞書をひいてみると<聞き做し=鳥のさえずりなどの節回しを、それに似た言葉で置き換えること>とあります。深謝。 野次馬

>takasagomozuさんへ
失礼しました!思い出しました!takasagomozuさんも嵌り込んでいるんですよね。
野次馬さんのお友達で、この間、迷い鳥のノハラツグミを撮られたんですよね。
亀さんは、野鳥の多い環境に住んでいるので、嵌り込んだら、もう一気呵成で、坂を駆け下りていますよcoldsweats01
オオバンの水しぶきはいいでしょう!(自画自賛。笑)

>野次馬さんへ
そうですか。初鳴きではないんですか…
そう言えば、ニワトリも、日本ではコケコッコーですが、国によって、クック ア ドゥール ドゥやキッキレキなどと違うようですから、聞く人によって、違って聞こえるんでしょうね。
http://www.isedelica.co.jp/info/column/column15.htm


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177803/44653050

この記事へのトラックバック一覧です: 今回のウグイスは自信作!:

« 室内装飾、バージョン変更中 | トップページ | 見沼自然公園の水鳥 »