フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 『気まぐれ読書日記』(09-05) | トップページ | シジュウカラの水浴び »

2009年4月16日 (木)

朝日ジャーナル創刊50年!?

     ―怒りの復活とか…―09041501 09041502

亀さんは、昨日の日経新聞朝刊の広告を見て、驚きました。「朝日ジャーナル 怒りの復活」とあります。

朝日ジャーナルと言えば、亀さんたちが学生の頃は、「右手にジャーナル、左手にパンチ」と言われるくらい、学生にもてはやされた硬派の週刊誌です。当時、もてたい男は、朝日ジャーナル、マルクスの「資本論」、サン=テグジュペリ「星の王子様」などを持ち歩き、家ではちょっとエッチな平凡パンチや漫画週刊誌の少年マガジン・少年サンデーを熟読していたものです。

なかでも、朝日ジャーナルは、立花隆、筑紫哲也などを中心に、政治的の論点を少し斜に構えたスタンスで論じており、大学紛争下の学生のバイブルでした。亀さんは、同級生の間で話題になるので、よく買って読んでいましたが、スタンスには同調できない点が多々あり、必ずしもそのファンではありませんでした。

ただ、最近の若者(のみならず、団塊の世代以下まで)の政治離れを見ると、朝日ジャーナルが読まれていた時代-みんなが日本を良くしようと考えた時代-が懐かしく思い出されます。

亀さんは、その朝、駅のスタンドで、「朝日ジャーナル」を買いました。表紙も目次も当時のままです。亀さんは、その「復刊」と勘違いしてしまいました。そして、“やはり、こういう劇場的な政治や報道がされる時代には、ちゃんとした議論をする雑誌がないとね~!”と感慨にふけっていました。

ところがよく見ると、「週刊朝日緊急増刊」と書いてあります。要は、1号限りのもので、両陛下の成婚50周年にぶっつけた?朝日新聞のきわもの企画だったのです。まんまと、朝日新聞の「不当表示」ないし「誇大広告」に騙されてしまいました。

ただし、内容的には、当時の若者と同様、“青くさい”議論を展開しており、当時の朝日ジャーナルと同じような雑誌になっていましたよ。新聞の政治・経済欄を読む人が少ない時代に、硬派な雑誌が売れるはずはありませんよね。(記入者:亀さん)

(注)週刊朝日緊急増刊「朝日ジャーナル」:http://publications.asahi.com/journal/

(注)星の王子さまのHP:http://www.lepetitprince.co.jp/

« 『気まぐれ読書日記』(09-05) | トップページ | シジュウカラの水浴び »

コメント

中学生の頃にサンデー、マガジン、ジャンプは毎週買ってました。
山の幸、海の幸を売ってこずかい稼ぎをして漫画代にしてましたよ。

> IWATOさんへ
1人で3冊を買うのは大変だったので、3人が1冊ずつ買って廻し読みをしていました。
大学卒業間際、「あしたのジョー」の力石徹が死んだときには、葬式までありましたよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177803/44677406

この記事へのトラックバック一覧です: 朝日ジャーナル創刊50年!?:

« 『気まぐれ読書日記』(09-05) | トップページ | シジュウカラの水浴び »