フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« アケビの授粉を実施! | トップページ | バンザ~イ!紫アスパラの収穫! »

2009年4月12日 (日)

琵琶湖周遊桜紀行=その2(海津大崎)

海津大崎は琵琶湖の北西端にあり、樹齢70年ほどのソメイヨシノの並木が数キロも続きます。その数は千本以上、桜越しに竹生島や葛籠尾(つづらお)崎が見えます。この週末は満開とあって車は一方通行規制もあり大渋滞でした。我々は例年通り近くのキャンプ場からシーカヤックで「湖上からの桜」を楽しみました。道路からのショットは休憩を兼ねて上陸したときのものです。 (記入者:野次馬)

Cimg1223 Cimg1224Cimg1207

Cimg1212

« アケビの授粉を実施! | トップページ | バンザ~イ!紫アスパラの収穫! »

コメント

野次馬さん!
カヤックでの花見とは洒落ていますね。
今度は、気球でというのはどうですか?
なんて無責任なことを…。

亀さんへ 久しぶりにシーカヤックを漕ぎましたが、ほんの8キロほどでしたので、今朝は快調です。ことしはこれで2回目、次はゴールデンウイークでしょうか。桜は今週あたりからは「散り初め」→「落花盛ん」となっていきます。まさに芭蕉翁の「行く春を近江の人と惜しみけり」の風情でしょうか。 野次馬

野次馬さん、シーカヤックから見た桜は、また格別ですね。それから、8kmをカャックで走るなんて凄いですね。

INOさん 湖側からの眺めは「期待以上」でしたが繰り出した人たちが面白かったです。ヨット、クルーザー、ゴムボート、カヌーも組立のファルトボートから渓流用のスラローム艇、シーカヤックなどさまざまでここまでは自前、つまり「タダ」。桜の観賞船は2千円くらいから3千円程度まで。みんな定員いっぱいの大盛況でした。「そのシーンはないのか?」ですが、残念ながら広い湖面ですので個々にしか撮れませんでした。それと漕いだ距離は、ほんの「肩慣らし」程度です(と言っておきましょう)。愛艇は3人乗りなのですがいつものメンバーでは「3人フルでも 2人前」と陰口をたたかれているようですので「走る」というより「歩く」ですか。野次馬

「わが船は 比良の湊に漕ぎ泊てむ 沖へな放り。 さ夜ふけにけり」

まるで高市黒人の世界を追体験ですね。羨ましい限りです。
一度、レイクカヤック???に誘って下さいな。必ず転覆しますから。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177803/44653217

この記事へのトラックバック一覧です: 琵琶湖周遊桜紀行=その2(海津大崎):

« アケビの授粉を実施! | トップページ | バンザ~イ!紫アスパラの収穫! »