フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 今年の土筆1号、発見! | トップページ | 今日はひな祭り! »

2009年3月 2日 (月)

ルリビタキ? ジョウビタキ?

  ―可愛く飛び回っていました!―09022809

土曜日の野道の散策の際、周辺の木々からはヒヨドリなどの野鳥の声が聞こえてきます。そのなかに、見慣れない、可愛い鳥が小刻みに動き回っているのに気がつきました。

名前は分かりませんでしたが、持っていたコンパクトデジカメを10倍ズームにして、写真に撮りました。最初は、モズかなと思いましたが、少し違います。

家に帰り、野鳥図鑑で調べてみると、ルリビタキのメス(注1)か、もしかすると、ジョウビタキのメスかも…(注2)

般的に、鳥は他の動物と同様、オスの方がきれいで、メスはみすぼらしい色をしており、オスとは似ても似つかない場合も多いのです。

特に、ルリビタキのオスは、背中が瑠璃色できれいなので(注1参照)、付近にいなかったのは残念でした。でも、メスを見たのも初めてだったので、ますます鳥への興味が増しました。

今度は、望遠レンズで、色々な鳥の撮影にチャレンジしようと思っています。(記入者:亀さん)

追記:このブログをよく訪ねて下さるubazakuraさんのご指摘があり、もう一度調査した結果、ジョウビタキのメスであることが判明しました。(ubazakuraさん、ありがとうございました。)

(参考)Yahoo!ビデオキャスト「ジョウビタキ(雌)(囀り)」(動画)(当初コピーして掲載していましたが、うるさいので、URLのみの掲載とします)

(注1)ルリビタキ:http://www.digital-dictionary.net/wildbird/wb_9_001.htmlhttp://www.digital-dictionary.net/wildbird/album/al_wb09_001.html

(注2)ジョウビタキ:http://www.digital-dictionary.net/wildbird/wb_3_002.htmlhttp://www.digital-dictionary.net/wildbird/album/al_wb03_002.html

« 今年の土筆1号、発見! | トップページ | 今日はひな祭り! »

コメント

コンパクトデジカメでも、きれいに撮れますねぇ。
腕がいいんですね。

この鳥ですが、羽に白斑がありますので、たぶんジョウビタキのメスだと思われます。
家のご近所にも、現れますが、なかなか撮れないんですよ。
望遠での撮影の結果を楽しみにしています。happy01

>ubazakuraさんへ
やはりコンパクトカメラですから、ボケています。でも、10枚くらい撮った中で一番きれいなものです。
もう一度、インターネットで見ると、ジョウビタキの雌でした。ご指摘、ありがとうございました。ブログ記事に追記させていただきます。

小鳥は見ていると可愛いので、カメラを向けてみますが、私の腕ではなかなか捉えられません(泣)。
それで皆さんのお上手な写真を楽しみに拝見しています。
毎日庭にたくさんの鳥達がやってきて、餌を探したりおしゃべりをしたりしています♪

>komichiさんへ
亀さんもそう思っていたんですが、ズームにして連写すると、その中にいい写真が写っているんですよ。
なお、亀さんの庭にも野鳥は来るんですが、大食漢で横暴なヒヨドリがメジロなんかを追っ払うんですよ。

動き回る小鳥を上手く撮れましたね、
私も挑戦してみました失敗ばかりです(苦笑
動画楽しませていただきました、

>mico さんへ
最近、「写真が上手くなったね!」と言われるんですが、“ヘタな鉄砲も数打てば…”と言ったところです。
この動画で、ジョウビタキのメスとはっきりしました。なお、この動画は、他のブログからの引用なので、出典を明示しました。

たしかにジョウビタキのメスですね。翼の白斑が特徴です。手元の『新山野の鳥』(日本野鳥の会)には「林の周辺、河川敷、市街地の空き地など、やや開けた環境などを好み、1羽でいる。時々ピョコンとおじぎをして尾を震わせる。澄んだ声でヒッ、ヒッ、時にカッ、カッと鳴く」とあります。貼り付けてもらった音声データでもそうですよね。これからも亀さんの探鳥報告楽しみにしています。 野次馬

亀さん、こんにちは。
ジョウビタキのメス、通称ジョビ子ちゃん(笑 ですね。10倍ズームというだけで、かなりの収差補正をしなければいけないので、ヌケやコントラストは悪くなると思います。
鳥を少しでもきれいに大きく撮りたい、と思うようになってくると、もう立派に鳥見沼に片足つっこんでます(笑
私もまだ片足のひざくらいですが、沼の住人としてお待ちしていますよ~

この鳥 ジョウビタキって言うんですね。
それが 農作業してたら常に2メートル範囲に居て
虫をつっついてます。
耕運機の後ろをズーッと付いてくるんですよ。
自分の縄張りがあってその中で餌を捕獲してるんでしょうね。

>野次馬さんへ
亀さんは、野鳥が詳しくないので、なかなか名前が分かりませんでした。
でも、鳥の観察にのめり込みそうな予感がします。
なお、動画については、停止状態でコピーをしてもスタート状態でUPされ、うるさいので、URLの掲載に変えました。

>Well-U さんへ
コンパクトデジカメでは無理ですね。
どうも、野鳥の撮影にのめり込みそうな予感がしています。
Well-U さんが1日400枚以上も撮っておられるのをブログで読んで、“そんな根気もないし…”と怖気づいている亀さんです。

>IWATO さんへ
小さい頃の野鳥の記憶はメジロとカモメくらいです。
呉・倉橋にも、ジョウビタキがいるんですか!
この時季には、ヒバリなどもいるんでしょうね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177803/44200728

この記事へのトラックバック一覧です: ルリビタキ? ジョウビタキ?:

« 今年の土筆1号、発見! | トップページ | 今日はひな祭り! »