フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 日比谷で人力タクシーを見た! | トップページ | 日比谷界隈の彫刻(2) »

2009年3月 9日 (月)

日比谷界隈の彫刻(1)

   ―数は少ないが、楽しめます!―09030532my_hole_84_2 09030535 09030501

先日、丸の内オフィス街の彫刻を紹介しました(注1)が、今日は、日比谷界隈の彫刻を紹介します。

まず、大和生命ビルの前には、井上孝吉作の「my sky hole '84」という球体にトンネルのある彫刻があります。光り輝く球面には日比谷公園などの周囲の風景や青い空が写り、素敵です。なお、この土地周辺は、江戸時代、薩摩藩の島津家の上屋敷(装束屋敷)があった場所で、明治になって、練兵場を経て、1883年に“国営社交場”の「鹿鳴館」が設置されたところです。

帝国ホテルの隣りの日生劇場のビルの玄関には、ペリクレ・ファッツィーニ作の彫刻「話をする人」がありますが、これについては、明日、詳しく書きます。

その隣りの東京宝塚劇場の脇には、笹戸千津子作の「微風」があります。タカラ・ジェンヌが練習している姿を表現しているのでしょうか?

このほか、3月6日の記事に掲載したように、日比谷シャンテの合歓の広場には、ゴジラのブロンズ像があります。この地に映画会社の東宝の本社があったことを記念するものなのかどうかは不明ですが、ゴジラの映画を記念するものだろうと思います。

なお、合歓の広場の隣りの日比谷パティオでは、今、“新しい命の形”を表現した「テオ・ヤンセン展」(注2)が開かれています。

これは彫刻とはいえませんが、三井プラザの正面では、ウエーター、ウェイトレスの人形がお客を迎えてくれています。何となく可愛らしい人形です。

日比谷界隈は、丸の内オフィス街に比べると、彫刻の数は少ないですが、それなりに楽しめますよ。(記入者:亀さん)09030536 09030537 09030539_2

(注1)「丸の内オフィス街は美術館!」(1)(2):http://dankai-hiroba.cocolog-nifty.com/blog/2009/02/post-0e6a.htmlhttp://dankai-hiroba.cocolog-nifty.com/blog/2009/02/post-f966.html

(注2)「テオ・ヤンセン展」:http://www.hibiya-patio.jp/theo/

« 日比谷で人力タクシーを見た! | トップページ | 日比谷界隈の彫刻(2) »

コメント

この 球体オブジェって
広島の厚生年金会館(ウェルシティ広島)の敷地内にも同じようなオブジェがありますよ。

>IWATOさんへ
この彫刻家は同じような作品を色々なところに作っているので、ひょっとすると同じ人の作かも知れませんね。
東京でも同じような題名の作品が数箇所にあるようです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177803/44282494

この記事へのトラックバック一覧です: 日比谷界隈の彫刻(1):

« 日比谷で人力タクシーを見た! | トップページ | 日比谷界隈の彫刻(2) »