フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 早咲きの桜は現在満開! | トップページ | 靖国神社のソメイヨシノは? »

2009年3月11日 (水)

『気まぐれ読書日記』(09-陽春到来号)

三寒四温とか梅開花などと言っているうちに陽春到来、間もなく桜が見ごろになります。気まぐれ堂からいつもの読書日記が届いたのでアップしておきます。こんどのは番外編で短歌がテーマだって。今話題の「ホームレス歌人」のことも書いてあります。

「2009-2.5.doc」をダウンロード

« 早咲きの桜は現在満開! | トップページ | 靖国神社のソメイヨシノは? »

コメント

野次馬さん、亀さんは、現代短歌が歌人の気持を率直に表現しているのは分かるのですが、それだけでは、短歌としての文化の存続になるのかが分かりません。
特に、ホームレス歌人の歌は、そうなの!とは思いますが、美しいとか衝撃的とは感じません。
亀さんの文化度に問題があるんですかね。

亀さんへ 同感です。ホームレス歌人が初投稿・初入選した作品の「やわらかな時計」というのを、私は単に「腹時計」をさすのだろうと思いましたが選者も含めてみなさんは「ダリの絵を思わせる」と。まさに計算外、というか予期せぬ評価でご本人のほうが驚いたのでは。今の時代、話題にする何かに飢えている、突然のヒーロー誕生を渇望しているようにみえます。有名になるのがこの人の最終目標ではないかもしれませんが、はからずもそうなってしまうというのもまた「運」であり「運命}なのかもしれません。 野次馬

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177803/44310746

この記事へのトラックバック一覧です: 『気まぐれ読書日記』(09-陽春到来号):

« 早咲きの桜は現在満開! | トップページ | 靖国神社のソメイヨシノは? »