フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« エッ、お汁粉が消えた | トップページ | 『気まぐれ読書日記』(09-04)配信 »

2009年2月14日 (土)

皇居のお堀端の河津桜

    ―丸紅本社前で開花!―   

先日、INOさんが河津桜の開花のニュースについてブログに書いていました(注1が、皇居のお堀の畔でも、河津桜が咲いています。090212041

昨年も3月4日にブログに書きました(注2)が、一昨日(2月12日)、皇居のお堀端の竹橋交差点脇を通ったとき、丸紅本社前の広場の2本の河津桜がすでに満開を迎えようとしていました。暖冬のせいか、昨年よりも開花が早いようです。

寒桜のなかには、河津桜よりも早く咲くものもあるようです(館山寺桜、熱海桜など)が、早咲きの寒緋桜、大島桜、安行桜などよりも早く咲き(注3)、東京の中心部では一番早く咲く桜だと思います。090212052090212063090212074090212085

河津桜の美しい姿を堪能してください!(記入者:亀さん)

追記:国会前庭北地区の桜は、早咲きの大寒桜(下の写真左)だけが咲いており(2分咲き)、日比谷公園の桜は、早咲きの寒緋桜(下の写真左)だけが開花寸前です。(日没後に撮ったので、写真が不鮮明ですが・・・)09021302 09021301

(注1)今年2月6日のINOさんのブログ記事:http://dankai-hiroba.cocolog-nifty.com/blog/2009/02/post-ffaf.html

(注2)昨年3月4日の亀さんのブログ記事:http://dankai-hiroba.cocolog-nifty.com/blog/2008/03/post_4c8b.html

(注3)日本さくらの会・桜図鑑:http://www.hananokai.or.jp/b/b3000.html、フラワーパーク(浜松市)桜図鑑:http://e-flowerpark.com/ennai/sakura.htm

(参考)河津桜は、1955年(昭和30年)に伊豆の河津川の畔で故飯田勝美氏が発見した寒緋桜と早咲きの大島桜の自然交配種で、日本で1番早く咲く桜のようです。飯田さんたちは、この河津桜を営々と植え続け、僅か50年間で伊豆の河津をこの時季の一大観光名所にしました。

« エッ、お汁粉が消えた | トップページ | 『気まぐれ読書日記』(09-04)配信 »

コメント

早くも桜便りとは、
可憐な花ですね、可愛いです
亀さんは外で桜、家ではシンビジュームで既に春爛漫ですね

蘭は毎年楽しませてくれるのでお買い得感が更にアップしますよねscissors

私は調子に乗って胡蝶蘭を中心に100鉢を超えさせてしまったので、京都に引っ越す時に大変でした。

花が咲くまでが好きで、咲いたら興味の対象外の私(-.-;)
引っ越しを期に、咲いたら人に差し上げて、すっかり処分しきりました。
楽しみ方が人とズレてるなあsweat02

>ちずやんさんへ
京都は、今は梅の季節ですか?
えっ、胡蝶蘭100鉢もですか…。すごいですね!
でも、亀さんは、洋ランのなかでも、胡蝶蘭よりはシンビジウムの方が好きです。胡蝶蘭は、何となくお高くとまっている美女みたいで…。

おはようございます、
満開の河津桜で一足早くお花見を楽しませていただきました。

お早うございます~^^
もうこんなに、満開の春が近づいているのですね!
桜や梅の花を観るとワクワクします~~^^*

亀さん、河津桜の満開の様子が素敵ですね。
特に5枚目のアップの写真が、女の子の頬っぺたの様に可愛くて好きです。全体的に、美しい春爛漫の感じです。なお、私の記事を参照してもらって有難うございました。(INO)

> micoさんへ
桜にも色々あって、早咲きの桜はソメイヨシノよりも1ヶ月以上も前に咲きます。
その中でも、河津桜は早いんですよ。

>安曇野さんへ
亀さんちの辺では、梅が満開です。
今日も、ポカポカ陽気に誘われて、見沼田んぼに写真を撮りに行ってきました。
梅にはメジロが沢山遊んでいました。ほかにも、色々な鳥が元気に飛び回っていましたよ。

> INO さんへ
皇居のお堀の野鳥を撮りに行ったときに、INOさんの記事を思い出し、お堀端の河津桜を見に行ったんですよ。
去年より早く満開なので、驚きました。

亀さん、写真を、もう一度味わっています。見直すと、4枚目の桜も良いですねー。可憐な桜がくっきりと撮影され、青空を背景に、そして右下には丸紅本社が適度にボケて写っていて、とっても良いと思います。5枚目は、その色っぽさに惹かれてしまいました。(INO)

> INO さんへ
この間お会いしたときに話しましたように、4枚目と5枚目の写真のどちらにしようか迷って、結局は、総枚数を5枚に増やして、両者ともブログに載せました。
迷った理由は、INOさんの言われるとおり、花自体をとるか、バックのビルの効果も含めて考えるかということでした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177803/44043737

この記事へのトラックバック一覧です: 皇居のお堀端の河津桜:

« エッ、お汁粉が消えた | トップページ | 『気まぐれ読書日記』(09-04)配信 »