フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 珍品「厄除け火箸チョコ」の味 | トップページ | 亀さんちの雛飾り、ついに公開(2) »

2009年2月19日 (木)

亀さんちの雛飾り、ついに公開(1)

      ―玄関と和室―

先日(9日)のブログで、雛飾りの予告をしましたが、亀さんの奥さんは、昨日も古布の雛人形を買ってきたり、せっせと雛人形の刺繍をしたりしています。完成は2月末のようです。

そこで、亀さんは、「雛あられを買ってきたんだし、もう公開しても…」と尋ねると、昨日、公開を了解してくれました。

そこで、3回に分けて公開します。と言うのも、公開に当って、雛人形が何対あるか数えてみたら、何と24対ありますので…。親王飾りや慶賀雛などのように高価なものもあれば、奥さんが折り紙で作ったお雛様もあり、値段的には千差万別ですが、奥さんにとってはどれもが宝物であるようです。(なお、画像をクリックすると大きくなります!)

第1回目は、玄関と和室の床の間です。

玄関では、立雛の絵と木彫りの雛人形がお客様を迎えます。09021609 09021610

和室に通されたお客様は、床の間の雛飾りをお楽しみ下さい。

立雛の絵を背景に、親王飾りを中心に5対のお雛様と3本の吊るし雛が飾ってあります。(今は花びんに造花が入っていますが、多分、桃の花が売り出されると桃の花になると思います。)

親王飾りは、娘が生れて時に亀さん夫婦が乳母車に乗せた娘を乗せて、人形の街・岩槻まで行き、S人形店で買い求めてものです。亀さんの月給の数か月分の値段で、当時安月給で共稼ぎだった亀さんたちにとっては、「清水の舞台」から飛び降りるような気持ちでした。娘は無事に成長し、結婚していますが、住居事情により亀さんちの預かっているものです。

これを見ると、当時のことがはっきりと思い出され、懐かしくなります。090216011 090216022 090216033

それでは、明日の第2回(居間の雛飾り)をお楽しみに…。(記入者:亀さん)

« 珍品「厄除け火箸チョコ」の味 | トップページ | 亀さんちの雛飾り、ついに公開(2) »

コメント

雛飾りのご紹介、ありがとうございます。

本当に、たくさんのお雛様がいらっしゃるんですねぇ。
親王飾りのすぐ手前にも、小さなお雛様が飾られているし、うさぎのお雛様まであるなんて、多彩ですね。
私のお雛様は実家に置きっぱなしになってます。
今度、探しに行こうかな・・・。

亀さん、(*´ー`)ノおはよう~ございます!!
うっとりしますね~shine雛飾り・・・
私はお雛様の人形が怖くて(顔つきがリアルなので^^;)小さい時から雛人形は雑誌の付録と決まってましたsweat01
なんだかその頃を思い出すと懐かしいです^^
亀さん邸の雛飾り第二弾、お待ちしておりま~すhappy01

お早うございます
とてもワクワクして拝見しました!幾つになっても
雛飾りにはワクワクする者ですね~^^*
ましてや手作りや、数の多さ、高価な雛人形では
観る方がワクワクするのも当然です!
我が家も早く、手作りの兎雛を飾らけばいけません!次回も楽しみにしています(*^-^)

素敵なお雛様ですね、
我が家には女の子がいなくてお雛様には縁がありませんが自分のために飾りたくなりました。

今年もとても楽しみにしていました♪
もうこんなに沢山飾ったのですねheart04
雛あられも。。。
でも、まだ第2回、3回があるんですね^^
楽しみです!

親王飾りを見ているといろんな事が思いされるのでは。。。confident
大切なお雛様ですね~

私はまだ何も飾ってないので今度の休みの日に何か飾ろうかなぁ。。。^^

> ubazakuraさんへ
亀さんは、住宅が狭いとか、孫が小さいのでイタズラをするからというので、預かっています。
孫娘が出来れば、引き取らせて飾らせようと思っていますが…。
ubazakuraさんのお雛様にも親の大変な想いがあると存じますので、もし実家の倉庫で眠っているのなら、飾ってあげると、親もお雛様も喜ぶと存じます。
是非、探してみてください!(結果はブログで報告してね!)

>シェリーさんへ
お雛様の顔にはそれぞれの人形店で特色があり、可愛いものから古風なもの(「怖い」とシェリーさんが言う顔?)まであり、色々悩みました。
乳母車を押して色々な店を回り、結局、伝統的なものの中できれいな顔立ちの親王飾りにしました。
そんなことも鮮明に覚えているんですよ。
次回もご期待下さい。

> 安曇野さんへ
亀さんの奥さんは、必ずしも高価なものを大切にするのではなく、思い出のあるものを大切にしているようです。
また、飾るときよりも、色々な店などから飾るものを見つけてくる過程が楽しいようです。
次回もご期待下さい。

>micoさんへ
実家に、micoさんのお雛様があるのなら飾ってやるといいですし、自分へのご褒美で、飾るのもいいんでは…。
家の中が春らしくなりますよ!

>ほよりんさんへ
亀さんは、特に親王飾りに思い出があります。
初めての子供が娘で、とてもお雛様を買う余裕があったわけではないのに、二人の貯金をはたいて精一杯のお祝いをしたんですよ!
この親王飾りへの思い入れは、娘よりも亀さんたちの方が強いんだと思います。
なお、室内装飾は奥さんの趣味なので、五月人形はほとんど増えませんが、お雛様の数は毎年少しずつ増えています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177803/44086709

この記事へのトラックバック一覧です: 亀さんちの雛飾り、ついに公開(1):

« 珍品「厄除け火箸チョコ」の味 | トップページ | 亀さんちの雛飾り、ついに公開(2) »