フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 深大寺界隈と神代植物園の花(2月) | トップページ | 世相を映す「サラリーマン川柳」 »

2009年2月22日 (日)

マッカーサー記念室に行きました!(改訂版)

  ―連合国軍総司令官の使った部屋―

信じがたいことですが、若者の中には、日本が半世紀以上前にアメリカと戦争したことや日本が敗戦し約7年間アメリカなどの連合国に占領されていたことも知らない人がいるようです。 

亀さんは、旧軍港の呉市に育ち、小さい頃、占領軍(連合国軍)の兵隊さんや海水浴場の接収などを記憶しています。その時代の学校給食では、アメリカの援助物資の脱脂粉乳(いわゆる「くさいミルク」)が出され、みんな鼻をつまんで飲んでいました。それを飲まないとお腹が空くのです。3649c3ed98857f12 300pxmacarthur_hirohito

また、教科書で、厚木基地に降り立つマッカーサー元帥の写真や同元帥を訪ね、直立されている昭和天皇の写真を何度も見ました。

みんなは、敗戦国の悔しさと貧困の真っ只中にあって、日本の復興を願ってガムシャラに頑張っていました。

その時代に日本を実質的に支配していたのは、アメリカを中心とする連合国軍でした。その最高司令官総司令部(GHQ)は、現在の第一生命館に置かれていました。その連合国軍の総司令官がダグラス・マッカーサー元帥です(注1)09022005 0902200609022007

その執務室や会議室は現在も「マッカーサー記念室」として保存されています(注2)

先日、縁があって、その「マッカーサー記念室」を再訪することが出来ました。執務室の広さは約54㎡で、周囲の壁はすべてアメリカ産のクルミの木で出来ていて、床は寄木細工で出来ています。

印象的だったのは、机に引出しがないことです。何でも、マッカーサーは大変几帳面で、何事も即断即決するため、この机を愛用していたそうです。

亀さんは、この「マッカーサー記念室」を観覧しながら、①連合国の占領政策によってもたらされた“民主主義”が半世紀以上経った日本で定着しているだろうか?とか、②我々は当時の日本人が持っていたような復興への情熱を持っているだろうか?ということを、考えていました。

なお、下の写真は、第一生命館とそのひさしにとまっていたセグロカモメです。(皇居のセグロカモメについては、2月6日の「皇居のお堀は冬鳥の天国!」をご覧下さい。)(記入者:亀さん)09022008 09022009

(注1)ダグラス・マッカーサー:http://www.cc.matsuyama-u.ac.jp/~tamura/makkasa.htm

(注2)亀さんは、20年ほど前に一度行ったことがあるのですが、現在は、一般公開されていません。なお、昭和天皇がマッカーサー元帥を訪ねられたのは、この最高司令官総司令部ではなく、アメリカ大使館だそうです。(亀さんは、記憶間違いをしていました。)

« 深大寺界隈と神代植物園の花(2月) | トップページ | 世相を映す「サラリーマン川柳」 »

コメント

今晩は~
あのミルクの味思い出しました!
パンをいつも半分残して、カバンの奥に入れて
家に着く頃は、ぺったんこになっていたのを
思い出しました!

>安曇野さんへ
亀さんは、あのミルクもヤギの乳に比べれば美味しいと思っていました。だって、亀さんの時代には牛乳は年に1回くらいしか飲めませんでしたから…。

当時のことを考えれば、こんな不況は乗り越えられると思うのですが…。

私は戦後の生まれなんだけど
マッカーサーと言えば「パイプを銜えた人」
くらいしか知りませんね。
自分のおじいちゃんは「補給艦 間宮」に乗ってて
フィリピンで戦死したそうです。
呉市の長迫海軍墓地に間宮慰霊碑がありますよ。

> IWATOさんへ
そうですか。連合国軍や占領下の日本のことはほとんど知らないんですね。
でも、身内に戦死者や被爆者がいれば、戦後の日本を思い出せるんでしょうね。
なお、亀さんの母の実家は海軍墓地の近くにありました。

はじめてメールします。
京都の亀です。
興味のある内容があったので
メールしたいのですがー
まだ こちらの内容を理解していません。
参加は自由なのでしょうか?

>京都の亀さんへ
(注2)に書きましたように、アメリカの9.11同時多発テロの発生の際に、当局から公開を控えるように指導があったようで、第一生命関係者以外などを除き、現在は一般には見ることが出来ません。
残念なことですが、そういう状態です。

おじいちゃんが 間宮にのっていたと
あったので、メールさせていただきました。
旧日本海軍関係を所蔵してますがー
呉での間宮の写真があり もし
おじいさまが映っているかもと
思いましたので。
それよりも、間宮について 話を
聞かせていただければと思いました。

>京都の亀どす さんへ
おじいさんが「間宮」に乗っていたのは、亀さんではなく、このブログの愛読者のIWATOさんです。
したがって、亀さんは、間宮について何も知りません。
なお、IWATOさんのブログのURLは、次の通りです。
http://kurahashi.cocolog-nifty.com/blog/

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177803/44125761

この記事へのトラックバック一覧です: マッカーサー記念室に行きました!(改訂版):

« 深大寺界隈と神代植物園の花(2月) | トップページ | 世相を映す「サラリーマン川柳」 »