フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 宮崎名物・チキン南蛮バーガー! | トップページ | 春よ、来い! »

2009年2月17日 (火)

麻布十番界隈散策

15日の日曜日に義妹夫婦と食事をしに久しぶりに麻布十番へ出かけました。老舗のお蕎麦屋さんで更科蕎麦を食べたあと「暗闇坂」から善福寺へ。坂下ではちょうど寒桜が満開でした。少し濃いめのピンクの花は亀さんやINOさんたちがレポートしている河津桜=カンヒガンザクラとオオシマザクラの雑種=の親戚だろうとは思いましたが説明書はなかったので「多分」という程度です。ガードレールの自転車のところに「暗闇坂」の標識があります。

Cimg1024_2Cimg1029Cimg1031

「暗闇坂」はご存知のように東京では文京区・上野や新宿区・愛住町、大田区・山王にもありますが「坂の両側の屋敷からの樹木が鬱蒼と覆いかぶさるようになって昼間でも暗いところから名付けられた」といいます。妖怪や幽霊、はたまた「追い剥ぎ」まで出たという昔に比べれば、今はビルやマンションになったのでその名だけが残ります。

坂を上がらずに左手に回り込むとやがて「麻布山」の山号を持つ親鸞聖人ゆかりの善福寺へ。この界隈を見慣れた方にとっては別にどうということのない眺めなのでしょうが久しぶりの私には背後の高層マンション(麻布フォレストタワー)が異様に見えました。上階のほうが大きいですしね。境内の墓地には国の天然記念物で根がせり上がり枝が下向きに伸びているところから「さかさイチョウ」と呼ばれる大銀杏があります。樹齢750年、幹回り10.4メートルで、聖人がここに杖を突き刺したらそれが大木になったというので「親鸞聖人御杖銀杏樹」の別名もあるそうです。

古刹だけに有名人の墓も多く慶應大学創始者の福澤諭吉もこの墓地に眠ります。入口のところには「越路吹雪の碑」も。刻まれた「愛の讃歌」の歌詞を目で追ううちあのなつかしい歌声がよみがえって来ました。お参りのファンが絶えないようでこの日も花が供えられていました。ただしお墓は川崎のほうにあるようですが。    (記入者:野次馬)

Cimg1030

« 宮崎名物・チキン南蛮バーガー! | トップページ | 春よ、来い! »

コメント

この 建物って面白い造りですね。
なんか 「コテッ」て倒れそう?

IWATOさんへ その通りですよね。東京・大手町にある産経新聞の本社も「頭でっかち」というか「下すぼまり」の構造です。昔、私、ロッククライミングをやっていたことがありましたがこの「オーバーハング」部分の住居はそれを登るような感じなんでしょうか。上を見るとのしかかって来そうだし、下を見たら切れ落ちていてきっと恐いでしょうね。

INOさんの記事だと思い込んでいて、“文体が違うな”と感じました。再度読んで野次馬さんの記事だと気が付きました。
野次馬さんは、週末、東京だったんですね!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177803/44092121

この記事へのトラックバック一覧です: 麻布十番界隈散策:

« 宮崎名物・チキン南蛮バーガー! | トップページ | 春よ、来い! »