フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 奮闘記 その4 磨針峠 | トップページ | 変わった駅名 »

2008年12月 3日 (水)

ミモザ?アカシヤの黄葉?

―アカツメグサ、シロツメクサ、ヤマホロシなど―08113007081130042 08113006 08113010 081130092 08113011 081130022

最近、亀さんの奥さんは、ブログネタの収集に気を使ってくれているようです。

先日も、車に乗っていると、目的地の1キロくらい手前で、奥さんが「ミモザの花の狂い咲きかね?」と言います。亀さんの目には、アカシヤの黄葉のようにも見えるのですが、ミモザもアカシヤもマメ科アカシヤ属なので、遠目からは判断できません。

そこで、亀さんだけが車を降りて確かめ、目的地で合流することにしました。

車を降りて近くまで行って見ると、細いアカシヤの木の上半分だけが黄葉し、風に揺られているのです。黄葉した細いアカシヤを「オウゴンアカシヤ」ということがあると聞いたことがある(注)ので、まさに「オウゴンアカシヤ」の状態でした。

ガッカリして、目的地へ向けて歩いていると、空地に、レンゲソウが咲いています。でも、よく見ると、これも「アカツメグサ」でした。周囲には「シロツメグサ」も咲いています。

“また、見間違えか!”と落胆して、周囲をみると、「ツルハナナス」に似たナス科の花が咲いています。家に帰ってみると、どうも、時季外れの「ヤマホロシ」のようです。花と実が同時に生っていました。

また、「ノゲシ」も咲いています。時季的には、「アキノノゲシ」ですが、花の形から言うと「(ハルノ)ノゲシ」のようにも思えます。このほか、「セイタカアワダチソウ」や「ヤツデ」も寒風の中で一生懸命花を咲かせています。なお、セイタカアワダチソウは一時花粉症の原因と誤解されましたが、アキノキリンソウの仲間ですから、よく見ると可愛い花です。

こうして見ると、空地には、結構、色々な花が咲いているもんですね。(記入者:亀さん)

(注)「今日の一枚」オウゴンアカシヤ:http://dairyphoto.exblog.jp/7794934/

« 奮闘記 その4 磨針峠 | トップページ | 変わった駅名 »

コメント

「黄金アカシア」初めての言葉です、
一つ賢くなりました、
青空に映えていっそう綺麗です、
晩秋の道端で野の花が頑張っていますね。

>micoさんへ
亀さんも、初めて知った言葉です。
遠目とはいえ、ミモザに見間違えるほどにキレイだったので、何か特別な言い方があるのではないかと思って調べると、そういう言い方があるのを知りました。
写真ではそうは見えないのですが、風に揺れていると本当にミモザのように見えるんですよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177803/43280658

この記事へのトラックバック一覧です: ミモザ?アカシヤの黄葉?:

« 奮闘記 その4 磨針峠 | トップページ | 変わった駅名 »