フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 気まぐれ読書日記(2008年4号) | トップページ | つくばチャレンジ2008(自律ロボットが道路で競争) »

2008年11月30日 (日)

満開の皇帝ダリアは威風堂々!

  ―サルビア・レウカンサも頑張る!―081129054 081129032 08112901

先日、近所の人が「公民館の近くのMさんのお宅で、皇帝ダリアが満開で、とてもきれいですよ!」と教えてくれました。

その近所の人は亀さんがブログをしているのを知っていて、ブログのネタを提供してくれたようです。

亀さんは、早速その皇帝ダリアを見に行こうとしましたが、ここ数日、雨の日が続いたり、仕事があったりで、見に行けませんでした。

昨日、“あの雨や寒さで散っていないかな?”と心配しながら行ってみると、背丈が4~5メートルくらいの皇帝ダリアが満開です。花の少ないこの時季に、青い秋の空を背景に、スックリと立ち、大輪の花を咲かせています

原産地が中南米のキク科の花で、樹木に劣らぬ立派な幹をピンと伸ばし、威風堂々とした姿から、「皇帝ダリア」と命名されたようで、和名は「木立ダリア」と言うようです。

聞いてみると、4年前に植えてここまで育ったそうで、今年の花が一番きれいだそうです。

ふと、その根元を見ると、同じく中南米原産のサルビア・レウカンサ(注)が、寒さに負けずにまだ頑張って咲いていました。

家に帰るときに、シクラメン栽培農家の温室の前を通ると、温室はキレイな赤やピンクや白のシクラメンで一杯で、出荷の最盛期のようでした。(記入者:亀さん)081129093

(注)シソ科サルビア属。メキシカンブッシュセージ、アメジストセージともいう。原産地はメキシコ~中南米。

« 気まぐれ読書日記(2008年4号) | トップページ | つくばチャレンジ2008(自律ロボットが道路で競争) »

コメント

2~3年前に初めて見た時、凄い大きな木と言う
感じでいたのですが花を見て感動した覚えが。。

そして今年。その花をあちら、こちらで見る様になり
先日写真撮ろうと思ったものです。
でも雨風で撮れず(´・ω・`)ショボーン
夕暮れも早く諦めてしまったものです。
いつもブログネタが被ってしまっている感じです。

> 福寿草。さんへ
亀さんちの近くでは、2箇所に植えてあるだけです。しかも、その2箇所は同じ人が植えたものです。
亀さんはこの花をはじめて見ました。亀さんを含め、近所の人たちは、花の姿の見事さに驚いています。
来年の春になったら、持ち主の人が株分けをしてくれる話もあるので、来年からは町内会で流行するかも…。

皇帝ダリアは初めて見ました☆
今の時期にこんなスクッとした花が咲いているんですね。
綺麗ですね~♪

シクラメンはお正月になる前に皆買ってますよね。
今は、外に植えても平気なミニシクラメンもあったりするそうですね。

>ほよりんさんへ
栽培した人も、皇帝ダリアが「こんなに大きくなるとは…」とビックリしているそうです。
シクラメンは、贈答用の一鉢1万円~5000円のものから、普及品の2000円くらいのもの、数百円のものとありますし、豪華なものからミニまであります。
毎年、12月に入ると、亀さんも近くのシクラメン専門店に贈答用、自宅用のものを買いに行っています。

この植物。。
実は 親戚からもらって植えてたんだけど
名前が解らずだったんです。
花はダリアに似てるし、茎はアシタバや竹に似てるし。。
何なんだろう??って思ってました。
「皇帝ダリア」って言うんですね。
確かに背丈も4メートルほどありますよ。
感謝!!

>IWATOさんへ
亀さんもこんな大きなダリアがあるなんて知りませんでした。この皇帝ダリアを植えた人も4年経ってこんなに大きくなったのでびっくりされたようです。
最近流行の花らしく色々なところで見るようになりました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177803/43264796

この記事へのトラックバック一覧です: 満開の皇帝ダリアは威風堂々!:

« 気まぐれ読書日記(2008年4号) | トップページ | つくばチャレンジ2008(自律ロボットが道路で競争) »