フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 満開の皇帝ダリアは威風堂々! | トップページ | 神代植物園の皇帝ダリア(速報) »

2008年11月30日 (日)

つくばチャレンジ2008(自律ロボットが道路で競争)

先週の金曜日(11月21日)に、茨城県つくば市のつくばエクスポセンターで「つくばチャレンジ2008」が開催された。自律ロボットが公道(遊歩道)の決められたルート1kmを無事往復できるかを競うものである。筑波大学の油田教授が委員長となって、全国から50台のロボットが集まって盛大に競争した。

小生も、ロボットには大いに関心があるので、カメラを持って駆け付けて一日を楽しく?過ごした。しかし、自律ロボットが部屋を出て公道を走るのは、かなり過酷な競技であることを実感する結果となった。実は、完走できたのは、ヤマハ発動機のロボット1台だけであった。あとは、惜しくも500mの折り返し地点で、曲がる個所を間違えて失格になったロボットが数台ある。例えば、ロボットにとって、道路に立っている物が、木か人間か「折り返し地点のポスト」か、を判断するのは難しい。予め地図を覚えていても、突然の自転車や障害物の出現には、停止したり迂回しなければいけない。

逆に考えれば、1台でも完走出来たのは素晴らしいことであって、自律的に荷物を運ぶロボットや、半自動運転の車椅子/自動車などは、かなり実現性が高まっていると考えられる
(INO記す)

小生が撮影した「つくばチャレンジ」の風景やロボット達
  スタート地点、走行ルートの遊歩道、ロボット達、周辺の風景(ロケットH-Ⅱが見える)、最後から2枚目のTV取材されているのは完走したヤマハ発動機チーム。

118 059

061

064 065 075

096

097 099

103 115

120 129 142 144

■「つくばチャレンジ」を報告するHP

公式HP   http://www.robomedia.org/challenge08/

レポート http://journal.mycom.co.jp/articles/2008/11/25/tsukuba/001.html

« 満開の皇帝ダリアは威風堂々! | トップページ | 神代植物園の皇帝ダリア(速報) »

コメント

素晴らしい青空の下でロボットを見つめる大人達の
表情が何とも言えず。。。

たかがロボット・・・されどロボット
いつの日かmyロボットが現れて何でもやってくれるかな?
浪漫ですねぇshine

ロボットの競争を見るのは楽しかったでしょうね。
いちどでいいから見てみたいです。

福寿草さん、ロボットは多くの男にとってロマンですね。かなり難しいテーマですが・・・。いつの日か、福寿草さんが言われるように、人間のお手伝いをするロボットが家庭に現れるのは間違いないと思っています。最初は、鉄腕アトム型ではなくて、車輪で動く実務的な形状だと思いますが(INO)

面白そうですね。
INOさんも仕事を忘れて楽しんだんでしょうね。
こうして見ると、人間の持っている能力って、素晴らしいものですね。「人間バンザイ!」というところです。

micoさん、ロボットに関心を持ってもらって嬉しいです。一般の人が見れるロボットの大会もあるはずなので、良いテーマがあれば皆さんにご紹介します。ロボットも、段々と一般社会に浸透を始めていますね。(INO)

亀さん、確かに、人間と同じことをやろうと思うと、その難しさに気が付く、というのがロボット研究の面白さかもしれません。人間は高度な生物ですね。(INO)

ロボットheart02
遊歩道を動いて行くロボットたちを見たら
手を振って応援してしまいそうです^^
折り返し地点を戻ってくるなんてすごいです!!!
ヤマハ発動機のロボットに拍手ですscissors
17番のたこやきロボット、面白いですね♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177803/43269036

この記事へのトラックバック一覧です: つくばチャレンジ2008(自律ロボットが道路で競争):

« 満開の皇帝ダリアは威風堂々! | トップページ | 神代植物園の皇帝ダリア(速報) »