フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 広島カープ・奮闘&アケビの収穫 | トップページ | 芸州藩上屋敷の石垣石! »

2008年10月 6日 (月)

見沼田んぼでススキ採り

    ―秋の装飾創作のために―08100501_2 081005021_2 081005032 

亀さんの奥さんは、4日付けのブログに載せた秋の装飾が気に入らなかったらしく、「秋はやはりススキだよね!」と言います。

そこで、奥さんと一緒に見沼田んぼにススキ採りに行きました。

実は、近くの見沼田んぼには、田畑・果樹園や葭原・葦原が多く、ススキが少ないのです。亀さんは、何度も行っているので、ススキのある所は知っていましたが、適当なものがなかなかありません。

ススキの穂は、出て時間が経つと開き花粉も落ちるので、花材には穂が出て間もないものが相応しいのです(上右の写真参照)

ようやく適当なものを見つけ、帰宅後、奥さんがそのススキと稲穂を使って創った秋の装飾は、上左の写真です。ご覧下さい!08100505_2 08100504 08100506

見沼田んぼには、植物観察やウォーキングの人だけでなく、葭原・葦原や水辺にいる野鳥の観察・撮影をする人たちも多く来ます。今日も、亀さんたちがススキを採っていると、「タゲリだ!珍しい!」と歓声をあげている人がいて、それを望遠レンズで撮っている人が沢山いました(参照)

実を言うと、狸なんかもいるようで、それを撮りに来ている人もいるようですよ。狸やいたちなどの専用の橋の「エコ・ブリッジ」まであるんですよ!

そのほか、咲き残りの彼岸花、今年初見の金木犀、最近は珍しくなった稲木(注)の写真もご覧下さい。(記入者:亀さん)08100507 08100508 08100507_2

(参照)見沼の野鳥関係のHP:http://www.asahi-net.or.jp/~XX9K-STU/tori/index.htmhttp://members3.jcom.home.ne.jp/mas1952/。タゲリ関係:http://members.jcom.home.ne.jp/mbird/tageri.htm

(注)稲掛け、稲架(はせ)、稲機(いなはた)とも。

« 広島カープ・奮闘&アケビの収穫 | トップページ | 芸州藩上屋敷の石垣石! »

コメント

秋はやはりススキ・・・
同感です。
金木犀も咲き出し秋本番ですね。

> micoさんへ
ススキが生えている草原をかき分けて近くまで行って、華道はさみで切るんですが、足場が悪く、大変でした。(奥さん孝行のつもりで…。)
金木犀はまだ咲き始めで、いい香りを振りまくまでにはもう少しです。
なお、亀さんちにも金木犀の木があるんですが、形を重視して剪定をしてもらっているためか、ここ数年は、ほんの少ししか咲きません。

こんにちは~ススキはお気に入りが見つかり
ましたか!金木犀の香りが届かないのが
残念です!

> 安曇野さんへ
右上の写真のように、スッと立っているのが、若い穂で良いのです。この写真のススキの数本を採らせて頂きました。
今日、近所を歩くと、近くの公園やお宅の金木犀の一杯のツボミをつけ、亀さんちの金木犀も数個のツボミをつけていましたが、いずれもいい香りを振りまくほどには開いていませんでした。(ツボミは白っぽい色で、咲くとダイダイ色に。)

奥様のためにススキを採りに行くなんて、亀さんは優しいんですね♪
ススキと稲穂の飾り、和の雰囲気でとても落ち着きますねconfident

最近、外でいい匂いがしているのは金木犀の香りだったんですね~heart04

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177803/42693885

この記事へのトラックバック一覧です: 見沼田んぼでススキ採り:

« 広島カープ・奮闘&アケビの収穫 | トップページ | 芸州藩上屋敷の石垣石! »