フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 異常に大きな中央分離帯か? | トップページ | 銚子・犬吠埼紀行 その3 »

2008年9月17日 (水)

銚子・犬吠埼紀行 その1

   ―雄大な太平洋と新鮮な魚―

亀さんは、先週、銚子に行き、話題豊富な銚子電鉄に乗って、君ヶ浜、犬吠埼などで雄大な太平洋の風景を楽しみ、外川漁港で新鮮な魚を満喫し、浜辺の自然にも親しんできました。

第1回は、雄大な太平洋と新鮮な魚について書きます。》 

亀さんは瀬戸内海の沿岸で育ち、山から朝陽が昇り、島に夕陽が沈む風景に慣れており、その美しさを否定はしませんが、太平洋の雄大さの方が好きです。そのため、大学生時代からよく犬吠埼に来て、太平洋の水平線を見に来ました。

天気予報は、「曇りのち晴れ」でしたが、午後になると晴れることを信じ、JRと銚子電鉄を乗り継いで、犬吠埼に行きました。0809141408091415408091416308091417408091418

まず、君ヶ浜駅で降り、潮騒と汐の香を楽しみながら、「関東舞子」と呼ばれる君ヶ浜の浜を散策すると、犬吠埼灯台に着きました。この灯台は国産レンガでつくられた初の灯台で高さ約31m(海面から約52m)だそうです。灯台の99段のらせん階段(+14段のハシゴ階段)を一気に昇り、灯台の展望台からの展望を楽しみました。

いま散策してきた君ヶ浜が眼下に見えますが、太平洋の水平線は雲に霞み、判然としないものの、その雄大さは感じられました。(昼食後、晴れてきたので、「地球の丸く見える丘展望館」に行ったのですが、陽気によるもやで、かえって水平線は見えなくなったのですが、光る海が印象的でした。) 08091419 080914203 080914211 08091422 

その後は、磯沿いの遊歩道を散策した後、犬吠駅から銚子電鉄に乗り、外川駅に行きました。外川漁港の船宿が経営する食処「いたこ丸」で魚料理を食べるためです。

「いたこ丸」は先客がたくさん並んでおり、食事にありつくまでには1時間ほどかかりました。その間、亀さんは漁港の風景を楽しんでいましたが、海面にはカモメやカイツブリ?などの海鳥が、街灯や上空にはウミネコがうるさく鳴いていました。

「いたこ丸」での食事は、いたこ丸定食(上)お刺身4点盛り、生シラス、舌平目の煮付け、小鉢3個・味噌汁付き)にし、いわしに煮付けを追加しました。1時間待った甲斐がありました。さすがに船宿だけあって、新鮮な魚でした。(お腹が空いて、すぐ食べ始めたので、写真が食べかけのもので、ゴメンナサイ!)

明日は、銚子電鉄について書く予定です。(記入者:亀さん)

(注)食処「いたこ丸」:http://itakomaru.hp.infoseek.co.jp/

« 異常に大きな中央分離帯か? | トップページ | 銚子・犬吠埼紀行 その3 »

コメント

亀さん~お早うございます
先日は、訪問コメント有難うございます
何度も行かれている、銚子犬吠崎ですが
私の生まれた所です。懐かしく拝見しました。
幼少の頃だけですので
育った記憶は、あまり有りませんが
父の墓が有るので、毎年そちらに行っています
いたこ丸のお食事は如何でしたか!
楽しく拝見いたしました(^^♪~

おはようございます。
犬吠埼灯台何年か前に訪れたことがあります。
雄大な太平洋を思い出しました。

>安曇野さんへ
そうですか。
自然が多くて、海の音と香りが一杯で、すてきなところですね。
ただ、毎日生活するには退屈かも…。
いたこ丸の食事はうまかったですよ。

> micoさんへ
小さい頃、「海は広いな、大きいな」という歌を歌っても、あまり広いとは思いませんでしたが、犬吠埼から見る太平洋は本当に広くて、大好きです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177803/42496856

この記事へのトラックバック一覧です: 銚子・犬吠埼紀行 その1:

« 異常に大きな中央分離帯か? | トップページ | 銚子・犬吠埼紀行 その3 »