フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 銚子・犬吠埼紀行 その1 | トップページ | 銚子・犬吠埼紀行 その2 »

2008年9月18日 (木)

銚子・犬吠埼紀行 その3

  ―頑張れ! 銚子電鉄!(2)―

(前回に引き続き、銚子電鉄のことを書きます。)

銚子電鉄の経営努力は、これだけではありません。

まず、テレビゲームの「桃太郎電鉄」の発売20周年とタイアップして、各種のイベントをしています。08091436308091437

まず、電車 の一両は、記念車両に塗装され、座席も記念のシートになっています。これは、こどもに人気がある上に、車両・シートの改装の費用軽減にもなり、一石二鳥です(注1)080914332 080914321

また、桃太郎の従者のイヌ・サル・キジに因んで、「貧乏がイヌ」像(犬吠駅)・「貧乏サル」像(仲ノ町駅)・「貧乏をトリ」像(笠上黒生駅)の「しあわせ三像」が設置され、子どもたちに可愛がられていました(注2)

さらに付け加えれば、殆んどが無人駅で、切符の確認はワンマン電車の運転手がされており、しかも、亀さんが9時過ぎに銚子電鉄銚子駅から乗った電車の運転手・切符を売る社員の人が16時過ぎに外川駅から乗った電車までずっと運転・乗務されていたのは、驚きでした。会社を守りたいという一心だろうと感じました。なお、女性駅長も観音駅と犬吠駅に居られるようです。

さらに、各種の記念切符の発売も盛んですが、なにせ、線路も保守管理が十分とは言えないことが一目で分かり、前途多難のようで、地方鉄道のモデルケースとして、頑張ってほしいと思いました。記入者:亀さん)

(注1)http://momotetsu.com/event_event.html

(注2)http://momotetsu.com/event_event03.html

« 銚子・犬吠埼紀行 その1 | トップページ | 銚子・犬吠埼紀行 その2 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177803/42509514

この記事へのトラックバック一覧です: 銚子・犬吠埼紀行 その3:

« 銚子・犬吠埼紀行 その1 | トップページ | 銚子・犬吠埼紀行 その2 »