フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 地下鉄に乗って♪ | トップページ | いろいろな色のオシロイバナ! »

2008年9月11日 (木)

里神楽「福徳舞」を見る!

  ―虎ノ門金比羅宮の大祭で―08091001_4 080910021 080910032_2 080910043 08091005  

昨10日夕方、虎ノ門金比羅宮(琴平神社・注1)の横を通ると、“ピーヒャラ、ドンドン!”と笛・太鼓の音が聞こえてきます。

何だろう?と思って、神社の門を見ると、「9月10日正午 大祭式執行」と書いてあり、境内に、焼きそばなどの露店が出ています。

その日は、金比羅宮の大祭(注2)の日だったのです。

そして、境内の神楽殿では、相模流の里神楽の「福徳の舞・宝授け舞」の奉納がされているところでした。

大黒様の配下のひょっとこが「今から大黒様が福徳の舞を奉納すること」と「観衆にあとで宝を授けること」を口上で述べていました

亀さんは、しばらく里神楽を見物することにしました。ひょっとこの所作や大黒様の動きは中々のものでした。ただ、亀さんは見物しながらも、“舞のあとに、神札でも撒くのかなあ”と捕らぬ狸の皮算用をしていました。

そして、舞のあとに大黒様が観衆に撒いてくださった「宝」を拾ってきました。

その宝は、写真のとおり、お菓子の「うまか棒」でした。何だか、大黒様の撒く「宝」としては…。(記入者:亀さん)

(注1)虎ノ門金比羅宮のHP:http://www.kotohira.or.jp/

(注2)神社に於いて行う祭祀中の最も重要なものをいいます。虎ノ門金比羅宮においては、10月10日正午より執行されます。式典の際、献幣使が随員を伴い奉仕し、また浦安の舞が奉納されます。境内では神楽殿で里神楽の奉納、おかめひょっとこの行列や露店が数多く出店します。

« 地下鉄に乗って♪ | トップページ | いろいろな色のオシロイバナ! »

コメント

金比羅宮って東京にもあるんだ~。
「こんぴらふねふね~♪」ってかな?
お宝が「うまか棒」ってのも面白いですね。

> IWATO さんへ
金刀比羅宮(本宮)は、江戸時代から、丸亀藩(香川県)の琴平山にありました。
虎ノ門金刀比羅宮は、丸亀藩の江戸藩邸にあった本宮の分霊を起源にしています。
金刀比羅宮は「海上守護、大漁満足」などを神徳とするので、瀬戸内海沿岸のみならず、海の近くに沢山あるんですね。
なお、亀さんは、大黒様が「うまか棒」を撒きだしたとき、思わず吹きだしてしまいました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177803/42437390

この記事へのトラックバック一覧です: 里神楽「福徳舞」を見る!:

« 地下鉄に乗って♪ | トップページ | いろいろな色のオシロイバナ! »