フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 皇居東御苑を散策・その2 | トップページ | 皇居東御苑を散策・最終回 »

2008年9月 6日 (土)

皇居東御苑を散策・その3

  ―本丸の秋の草花や木の実など―

今回と次回とは、皇居東御苑の美しい花々や木の実などの写真をお届けします。

この御苑には、梅林坂、桜の島、バラ園、茶園、野草園、菖蒲園や二の丸雑木林などがあり、花の時季には、きれいな桜や梅などを鑑賞できるようです。しかし、この時季でも、秋の花々が苑内を飾っており、秋を満喫することができます(注1)08090310_3 08090311_2 080903231   

最初に遭遇したのは、梅林坂脇のヤブラン(ユリ科)の花で、樹木の下でひっそりと咲いていました。その近くのコナラは沢山の団栗をつけていました。

次に、天守台の近くの竹林には色々な種類の竹が植栽されていますが、その中で、キンメイモウソウ(金明孟宗・注2)は、晴らしい竹稈の色合いで、自然の不思議に唸りました080903271 08090335 08090339

松の大廊下跡付近の林間の小路の脇には、白い花をつけたヤブミョウガの群生がありました。ヤブミョウガはツユクサの仲間で、ミョウガ(ショウガ科)の仲間ではありません。

その先には、近くにはノシラン(熨斗蘭・ユリ科)コバギボウシが咲いていました。08090368 080903642 08090367080903651 08090362 

本丸跡から二の丸跡に移ると、二の丸休憩所の脇には「秋の七草注3)の説明があり、萩・女郎花・撫子・藤袴・桔梗の5種類の花が咲いていました。なお、「桔梗」のことを昔は「朝顔」といったようです。

植物の世界は、完全に秋なんですね。(続く) (記入者:亀さん)

(注1)皇居東御苑花だより:http://www.kunaicho.go.jp/hanadayori/itiran.html。同案内図:http://www.kunaicho.go.jp/hanadayori/annaizu.html

(注2)孟宗竹の稈が突然変異で、黄金色になり、芽溝部に淡緑色の縦縞が節毎に交互に出現している珍らしいもの。国の天然記念物に指定されているものもあるようです。

(注3) 秋の七草は万葉集のこの歌で山上憶良が選定し、今に至っている。「秋の野に  咲きたる花を  指折り かき数うれば  七種(ななくさ)の花 萩の花  尾花葛花  撫子の花 女郎花  また藤袴  朝顔の花」(山上憶良  ・ 万葉集)

« 皇居東御苑を散策・その2 | トップページ | 皇居東御苑を散策・最終回 »

コメント

皇居東御苑の行き方有難うございました、お花の写真を拝見したら、早速行って見たくなりました、桔梗の花は大好きなお花の一つです、自分の家には土地が無いので、私の実家で昨年から植えたら、肥料が効いたのか見事に花を咲かせました、でも切花には向かないらしく、何度水切りをして飾っても、2,3日でしおれてしまうので、畑に咲かせています

秋の花がもうこんなに咲いているんですねconfident
私はまだ萩の花しか見かけていないですね~
桔梗見たいな・・・あの色がとても好きです♪
都会の中とは思えないですね。
私も秋の七草見つけに行こうかな~(*^-^)

>みとちゃんへ
皇居の参観と異なり、事前申込みも不要で、新宿御苑と違って、無料で自由に入苑できます。
また、歴史と自然の両方が楽しめます。
外国人の入苑者が多かったのですが、日本人も一度良くと、リピーターになりますよ。
なお、三の丸休憩所の売店も皇室関係のものが色々売っていて、面白いですよ。

亀さん、このシリーズは素晴らしい力作ですね。僕も皇居に行きたくなりました。ino

> ほよりんさんへ
亀さんも初めて行ったのですが、隠れた観光スポットです。
こんな自然が都心に残っているのが、東京の良さでしょうね。

>INOさんへ
実を言うと、近くのレストランで知人と昼食を食べた後に帰宅するつもりだったのですが、ブログネタを稼ぐつもりで行ったのです。
ところが、予想以上の良さでした。
天守閣跡のさすが江戸幕府の中心の城で大きかったですし、本丸・大奥・松の大廊下の跡を歩きながら、「篤姫」や「忠臣蔵」などのドラマを思い浮かべました。加えて、自然もたっぷりでしたよ。
奥さんとのデートに最適ですhappy01

たくさんの種類の植物が楽しめそうですね。
ゆっくり散策してみたくなりました。

> micoさんへ
季節を選んで行けば、もっと花が楽しめると思いました。
亀さんも今度は奥さんと一緒に散策に行くことにしています。

さすが皇居と言った感じですね。
手入れもしっかりしていて散策にはもってこいの場
でしょうねぇ。
もう秋なんですね。まだまだ暑く・・・・
秋の気配は感じても実際は真夏日で暑いです。
団栗がこんな風に生っている状態を子ども達は
知っているかしら?

>福寿草。さんへ
そうです。
皇居は、植木職人もよく入っておられるし、奉仕のボランティアも居られるようで、本当に手入れが素晴らしいですよ。

皇居ってある程度中に入れるんですか?
高校の修学旅行では
正面で記念写真撮って終わり。。。。
忙しくあちこちで記念写真ばっかり。。

>IWATOさんへ
皇居に入る方法は、「皇居の参観」と「東御苑への入園」の2つあります。
宮殿・宮内庁庁舎・元枢密院庁舎などの「皇居の参観」は予約が必要ですが、東御苑は予約もなく誰でも入れます。
結構いい観光スポットですよ。
http://sankan.kunaicho.go.jp/guide/institution_kokyo.html

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177803/42376818

この記事へのトラックバック一覧です: 皇居東御苑を散策・その3:

« 皇居東御苑を散策・その2 | トップページ | 皇居東御苑を散策・最終回 »