フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 皇居東御苑を散策・その1 | トップページ | 皇居東御苑を散策・その3 »

2008年9月 5日 (金)

皇居東御苑を散策・その2

    ―歴史探訪 No.2―

昨日に引き続いて、皇居東御苑の歴史探訪をいたします。08090347 080903552 080903572  

「中雀門跡」を下っていくと、「中之門」の側に「大番所」があります。「大番所」は、「中之門」の外の「百人番所」や三の丸から二の丸への大手三之門の外にある「同心番所」とともに、登城する大名の供の監視をしていた(注1)080903501 

また、「中之門」は、本丸御殿への入口として重要な門で、江戸城でも最大級の巨石が使われ、また、綿密な文化財修復工事の実施で、実に美しく見事な石垣が形成されています。

08090360 080903752 08090372

その後、亀さんは二の丸を散策することしました。二の丸雑木林の入口には、「皇居正門石橋旧飾電燈」が飾ってあり、その先の「二の丸庭園」までや「諏訪の茶屋」の周辺は、秋の花々が秋の季節を謳歌していました。また、「二の丸庭園」ではサルスベリが綺麗な花を咲かせ、庭園の側には、庭園美を愛でる人たちがたたずんでいました。08090383

「二の丸庭園」の美しさを鑑賞してから、三の丸に下りました。三の丸休憩所・売店(注2)で少し休んだ後、「三の丸尚蔵館」で「1900年パリ万国博覧会」出品作品などの展示を見ました。

080903840809038708090388  以上、2時間散策を楽しんだ亀さんは、大手門から退出しました。大手門は、渡櫓と高麗門からなっていますが、現在の門は、戦災で消失したものを再建したものだそうです。元の渡櫓の鯱(しゃち)が飾ってありました。

次は、東御苑の花を掲載予定。乞うご期待!(記入者:亀本)

(注1)番所は、警備の詰め所のことで、城の奥ほど、他の番所に比べて位の上の同心や与力が詰めていた。百人番所では、甲賀組、伊賀組、根来組、二十五騎組の4組が昼夜交代で詰めていたそうです。

(注2)休息所・売店では、飲料・アイスクリームのほか、皇室カレンダーや皇室・江戸城に関連して絵葉書や写真などを売っていました。

« 皇居東御苑を散策・その1 | トップページ | 皇居東御苑を散策・その3 »

コメント

皇居東御苑楽しませていただきました。
素晴らしい環境ですね、
ゆっくり散策してみたいです。

リュックサックを担いだ外国人たちが一杯でした。
日本の文化と自然を学ぶ場として、外国人の間では有名なのかもしれませんね。
日本人も、もっと行くといいのでは…と感じました。
亀さんは、今度は花の時季に奥さんと来ようと思いました。

散策に行って見たいけど、交通手段を教えてください、もう少し涼しくなったら行きたいと思います、住まいは横浜です、宜しくお願いします

>みとちゃんへ
大手門、平川門の最寄り駅は次の通りです。
●大手門へ
 地下鉄各線の大手町駅(c10出口)から約200m(徒歩約5分)
 JR東京駅(丸の内北口)から約1000m(徒歩約15分)
●平川門へ
 地下鉄東西線竹橋駅(1a出口)から約200m(徒歩約5分)
なお、横浜からであれば、大手門から東御苑に入るのがいいでしょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177803/42377029

この記事へのトラックバック一覧です: 皇居東御苑を散策・その2:

« 皇居東御苑を散策・その1 | トップページ | 皇居東御苑を散策・その3 »