フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 銚子・犬吠埼紀行 その2 | トップページ | 銚子・犬吠埼紀行 最終回 »

2008年9月19日 (金)

銚子・犬吠埼紀行 その4

      ―浜辺の花と生き物―

今回は、犬吠埼や君ヶ浜で咲いていた花や見かけた生き物の写真をお送りします。080914381 080914391 08091440 08091441 08091442 08091443 080914461

特に、君ヶ浜では砂浜の近くに色々な花が咲いていました。潮風や砂浜という悪条件の中で、元気に・健気に咲いているのには、感心しました。

写真は順に、コマツヨイグサ、ネコノシタ、ツルボ、ハマアザミ、ウチワサボテン、センニンソウ、名前の分からないキク科の花です。ウチワサボテンは観賞用のものが野生化したのでしょう。(名前の分からない花の名前が分かる人は教えてください!)08091444  0809144708091449

犬吠埼などではイソギクの群生がありましたが、花の時季には早く、まだ咲いていませんでした。また、周辺には、観賞用に植えられた花もたくさんありましたが、断崖の上で空にスックリと立っているカンナが印象的だったのと、コスモスが集団で咲いているのを今秋初めて見たので、写真を載せます。

動物で印象的だったのは、フナムシとウミネコ・カモメです。080914121_2080914132

このうち、フナムシについては、面白い体験をしました。

海辺の散策のときに、久しぶりに、沢山のフナムシに遭遇したのですが、すぐ後の女の子が「ゴキブリ、あっちに行け!」と嬌声を発し、30代の若いお母さんも「ゴキブリは恐いね!」と同調したことです。すばしっこくて、形も少し似ており、小さな子が間違ったのは止むを得ないのですが、大の大人が海辺の代表的な生き物のフナムシを知らなかったのには、驚きました。因みに、フナムシは甲殻類、ゴキブリは昆虫類です。(亀さんの奥さんは、そのお母さんに「これは、フナムシって虫で…。」とそっと教えてあげました。)080914203 08091448

水鳥は、君ヶ浜や外川漁港で沢山のカモメやウミネコなどにあいました。

外川漁港でおこぼれにありつこうと漁船の周囲を飛び回っているウミネコの声は正に猫の声そっくりで、大変うるさいものでした。君ヶ浜でワカメの切れ端を黙々と食べていたカモメに比べて、そんなウミネコには、亀さんは好感が持てませんでした。(記入者:亀さん)

« 銚子・犬吠埼紀行 その2 | トップページ | 銚子・犬吠埼紀行 最終回 »

コメント

フナムシ。。。
実家は海近くなんで家の周りにも沢山いるよ。
でも「ゴキブリ!」ってのはね~!

> IWATOさんへ
久しぶりにフナムシを見ましたが、人の気配を感じると集団がすばやく一斉に移動する姿に感心しました。
こんなことに感激する自分に驚きました。
それにしても、ゴキブリとは酷すぎますよね。

浜辺に咲く花は見かけない花ばかりです。
その土地によって、咲く花もずいぶんと異なるのですね。
フナムシとゴキブリ・・・
見た目もチョッと違いますよね^^

たくさんの草花に出合えましたね。
久しぶりに浜辺の散策を楽しみたくなりました。

こんにちは~暫く振りでフナムシ見ました。
自然な感じの花は、魅力がありますね!
潮風が心地良かったのではありませんか~

>ほよりんさんへ
必ずしも花の時季ではなかったのですが、結構咲いていました。
フナムシの件ですが、亀さんとしては、小さい頃は海辺の町に育ったので、しょっちゅう見ていました。最近は見ておらず、その元気な姿に“久しぶりだなあ!可愛いなあ!”と感じていたときに、「ゴキブリ!」という嬌声だったので、ショックでした。

>micoさんへ
山や野原の花は、よく見慣れていて、名前を知っているものが多いのですが、浜辺の花は少し変わっていて、名前が分からないものが多いんです。
あんな悪条件のところで頑張っている花に感服するばかりです。

>安曇野 さんへ
潮風を胸いっぱいに吸い込んで、気持が良かったですよ。
それと、フナムシの集団的な行動は統一が取れていて見飽きないですよ。小さな子供のフナムシも沢山いました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177803/42514221

この記事へのトラックバック一覧です: 銚子・犬吠埼紀行 その4:

« 銚子・犬吠埼紀行 その2 | トップページ | 銚子・犬吠埼紀行 最終回 »