フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 実りの秋、到来! | トップページ | 広島カープの最後の底力に期待! »

2008年9月25日 (木)

ネムノキ(合歓の木)かな?

  ―オジギソウに似た花の名前は?―08090950_4 0708210542  

先日見沼田んぼに行ったときに、葉っぱがオジギソウに似た植物の遭遇しました(写真左)。花はチングルマの咲き終わった時のような状態の花です(写真右)

しかし、葉っぱに触っても、オジギソウのように葉っぱが閉じませんので、オジギソウではなさそうです。

“何かの花が咲き終わった残骸だあろう”と思い、名前が分からないまま、放っておいたのですが、気になるので、写真をよく見ると、大豆のような豆が出来ています。

そこで、“マメ科の植物かな?”と思いながら、インターネットでしらべると、「オジギソウ」は、マメの仲間で、マメ目のネムノキ科に属することが分かりました。

さらに、「ネムノキ」を調べると、葉と花の形が写真とそっくりです。その結果、写真の植物が「ネムノキ」だと分かりました

ネムノキは葉に触っても閉じないのですが、夜になると葉が閉じる(夜眠る・就眠運動)ので、この名があるのだそうです。

そういえば、皇后・美智子様が高校時代に作詞された歌・「ねむの木の子守歌」がありましたよネ(注1)

この睡眠活動は古くから知られており、「ねむる」と掛けて、古くから詩歌に詠まれているようです。(なお、「合歓」は、男女が寄り添って寝ることだそうです。)

例えば、万葉集の中には、紀女郎と大伴家持の贈答歌があるようですし(注2)松尾芭蕉も『奥の細道』で、「 象潟や 雨に西施が ねぶの花 」と詠んでいるようです(注3)

いずれにせよ、亀さんがネムノキを見たのは、今回が初めてでした。(記入者:亀さん)

(注1) http://www.mahoroba.ne.jp/~gonbe007/hog/shouka/nemunokino.html

(注2)「昼は咲き 夜は恋ひ寝る 合歓ぶの花 君のみ見めや 戯奴さへに見よ」(紀女郎)・「わぎも子が 形身の合歓木は 花のみに 咲きてけだしく 実にならじかも」(大伴家持)

(注3)西施(せいし):http://www.urban.ne.jp/home/safuro/tabi16.htm

« 実りの秋、到来! | トップページ | 広島カープの最後の底力に期待! »

コメント

ネムの花を見られて良かったですね。
鞘はまだ見たことがありません。
いちど見てみたいです。

うちの実家には毎年オジギソウを沢山植えてますよ。
春に種蒔きして 秋にはたねを収穫。
ネムの木も近くの川辺に有ったんですが
護岸工事で根元から掘り起こされ処分されました。

> micoさんへ
亀さんもその時には気が付かなったのですが、写真の右中央の枝に、上を向いた豆の鞘が写っているように見えます。
もう少ししたらその場所に行って、ちゃんとした豆の写真を撮ってきます。

ネムノキは見たことがあります。
ピンクのホワホワが可愛いんですよねheart04
チングルマの花の後のフワフワに似ていますね~♪
葉が夜閉じることを初めて知りました。

ねむの木の花は初夏が見頃だったと思います。
木にいっぱい咲いているところは、とってもきれいですよ。

今頃咲いているのは、ちょっと季節外れですね。
寝ぼけちゃったのでしょうか?

>IWATOさんへ
オジギソウが大きな木になるのは、大きくなって知りました。
ネムノキが故郷に生えていたことは全く知りませんでした。

> ほよりんさんへ
名前も知らないのに、ホワホワした毛が亀さんの好奇心を刺激しました。
何となく魅力的でした。

> ubazakuraさんへ
インターネットで調べると、6月末から9月初めに咲いた写真が出ていました。
確かに、季節外れの花だったようですね。
来年は、初夏に行って見ます。

亀さん、合歓の木の花は不思議な魅力がありますね。初めて見ました。
今週末は時間が取れるので、記事を沢山書くよ!

>INOさんへ
亀さんも初めてでした。
いつも漠然と眺めていても気がつかない事や物でも、このようにブログを書いていると、気がつく事物がありますね。
INOさんの記事を期待しています。
なお、亀さんは、明日、西武高麗駅近くの巾着田に満開の曼珠沙華(彼岸花)を見に行きます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177803/42516717

この記事へのトラックバック一覧です: ネムノキ(合歓の木)かな?:

« 実りの秋、到来! | トップページ | 広島カープの最後の底力に期待! »