フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 広島原爆の日、夾竹桃が咲く | トップページ | 涼しさを求めて愛宕山へ! »

2008年8月 7日 (木)

都心の夏みかん・最終報告

  ―今年の夏みかんも青い実を!―08080403

都会のど真ん中のど根性夏みかんについて、今までに何度かご報告しました(注)が、今日は、その最終報告をいたします。

前回、去年の実がまだ頑張っていることを報告はしましたが、その時は、「今年の実がどうなっているのか」については、確認できませんでした。

今年の実を確認できない限り、この報告は完結できません!

そこで、先日、久しぶりに、夏みかんのその後を確認するために、東京・虎ノ門のコーヒーショップSB前の夏みかんの木のところへ行ってきました。

去年のだいだい色の実は、数が減ったものの、まだ頑張って枝にしがみついています。(シブトイと言うか、頑張り屋さんというか…。)しかし、今年の青い実が生っているはずなのですが、緑の葉っぱに紛れてなかなか見つかりません。

“まだ小さくて、見つけるのは無理かな?”と目を凝らしていると、ありました!! 小さいながら、かなり大きくなった青い実が6~7個が…。

“これが成長すれば、今年の夏みかんも無事出来る!”と確信でき、ホッと胸を撫で下ろした亀さんでした。また、都心の木々で、このように、毎年毎年、生の営みが繰り返していることが確認でき、安心しました。

以上、1つの開花から結実までを報告したことになりますので、今回の報告をもって、今年の最終報告とします。(亀さん)

(注)今年7月9日の記事:http://dankai-hiroba.cocolog-nifty.com/blog/2008/07/post_a08b.html、6月12日の記事:http://dankai-hiroba.cocolog-nifty.com/blog/2008/06/post_5fc1.html、5月16日の記事:http://dankai-hiroba.cocolog-nifty.com/blog/2008/05/post_0ebb.html、4月22日の記事:http://dankai-hiroba.cocolog-nifty.com/blog/2008/04/post_11ab.html

« 広島原爆の日、夾竹桃が咲く | トップページ | 涼しさを求めて愛宕山へ! »

コメント

亀さんこんにちは。
ご報告完遂ですね、お疲れ様でした。
夏みかんって、この時期には実がなっているものと思っていました。夏・・ですからね。まだ青いとは意外でした。

今年の青い実が見つかって良かったですね♪
この夏ミカンの木に対する亀さんの愛情も感じられました~☆
都会で夏ミカンが毎年生っていることに少し驚きました!
この夏ミカンは誰も食べないのかな・・・
これからも生り続けてほしいですね~

夏ミカン情報、ありがとうございました。

うちの近所の夏ミカンの実は、道路に落ちて車に踏まれて、かなり悲惨な状態です。shock

多分、毎年同じ状態だったのでしょうが、今年は亀さんのおかげで、じっくり観察し、きれいな花も見れました。
ありがとうございました。

夏みかん だいぶ大きくなってますね。
誰が世話するわけでもなく
立派に成長してますよね。

> Well-U さんへ
実を言うと、亀さんは、4月に記事を書くまでは、夏みかんが、その時季になっている夏みかんが去年のもので、5月頃に花が咲き、秋に実が生ることは知りませんでした。
ところが、 IWATOさんから「もう直ぐ花が咲く」ことを教えてもらい、その後の経過観察を始めました。
今は、去年の黄色い夏みかんと今年の青い夏みかんが並んで生っています。

>ほよりんさんへ
この間も自分で思ったんですが、都会の真ん中で、還暦オトコが上を見て、キョロキョロしている様子は、見るからに「変な人」なんだろうなあ?!
でも、他人が殆んど無関心なことについて、人知れず、自分自身の楽しみを見出すのは、すこぶる快感です。
でも、誰も食べないし、鳥も食べないのは、夏みかんにとっては可哀想なことなのかも…。

> ubazakuraさんへ
この夏みかんの実は歩道に落ちて、付近の店の人が店先の掃除のときゴミ袋に入れているようです。
ubazakuraさんの近所の夏みかんは、可哀想なので、町内会や木の所有者(多分、道路の管理者)に話して、秋に実が黄色くなったら、ボーイスカウトで、夏ミカン狩りをしたら、夏みかんの木も本望では…。
話すときのコツは、「歩行者の安全や自動車交通の安全確保に協力したい!」と説明することです。

>IWATOさんへ
4月の記事へのIWATOさんのコメントのおかげで、開花―結実の経過を観察できました。有難うございました。
毎年、このような自然の営みが継続していることに感心しました。
今後も、この木を見守っていきたいと思います。

こんばんは。
浦和ですが、以前住んでいた家の隣のおじの家に大な夏ミカンの木がありました。毎年沢山の実をつけますがすっぱ過ぎて食べられませんでした。叔母が砂糖漬けやジャムにしてくれましたが・・・・!

>シゲさんへ
亀さんは、広島育ちなので、温州みかん、ネーブルやはっさくが一番好きですが、酸っぱい夏みかんも大好きです。
上手に手で剥くことと1人で1個をペロリと食べることを、亀さんの奥さんはあきれています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177803/42064785

この記事へのトラックバック一覧です: 都心の夏みかん・最終報告:

« 広島原爆の日、夾竹桃が咲く | トップページ | 涼しさを求めて愛宕山へ! »