フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 故郷の風景(お盆) | トップページ | 新宿の目玉 »

2008年8月17日 (日)

ツクツクボウシとガマの穂!

      ―自然界はもう秋!―08081501 080815062

本当に、毎日、猛暑が続いています。

今年は、猛暑の後のゲリラ的な雷雨が頻発しましたが、今日も、昼は猛暑で、夕方からは雷鳴と激しい雷雨、そして二度の停電でした。

今年の夏は、全体としては、例年にないほどの暑さの連続で、立秋を過ぎてからも、真夏のようです。

しかし、お盆が過ぎて、猛暑の中にも「秋」が見えてきました。

その一つは、8月上旬までは「ミンミンゼミ」が中心で、お盆近くになってからは、「アブラゼミ」の声も目立ってきていましたが、最近、秋の蝉の「ツクツクボウシ」が鳴きだしました。左の写真のように、アブラゼミとツクツクボウシが並んで鳴いています。

小さい頃は、「ツクツク、ボーシ」という声を聞くと、夏休みの宿題が気になりだしたものです。

また、亀さんちの近くの水路のふちに生えている「ガマ(蒲)」には、右の写真のように、秋の湿原の風物詩のガマの穂が出ています。生け花にも使えそうな立派なものです。

もう、自然界では、秋が来ているようですね。(記入者:亀さん)

追記:「蒲鉾」は当初は竹輪のことを指していたようで、その形がガマの穂に似ていたので、「蒲鉾」と名付けられたようです。

« 故郷の風景(お盆) | トップページ | 新宿の目玉 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177803/42182464

この記事へのトラックバック一覧です: ツクツクボウシとガマの穂!:

« 故郷の風景(お盆) | トップページ | 新宿の目玉 »