フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« チキンラーメン50周年!! | トップページ | 広島駅の氷柱 »

2008年8月27日 (水)

江戸時代の運河・見沼通船堀

    ―閘門の開閉の実演―

国指定の史跡「見沼通船堀」については、このブログの昨年1月8日の記事(注)で紹介しましたが、今日(27日)、その通船堀の閘門(木製の関)の開閉実演がありました。

この通船堀は、太平洋とカリブ海をつなぐパナマ運河と同じ閘門式運河で、江戸時代の1731年に見沼地域と江戸をつなぐために、荒川(隅田川)の支川の芝川と見沼代用水との間に造られたものです。 我が国でも、高瀬川(京都) などとともに、古い時代のもので、国の史跡に指定されています。08082702_3 08082710_2 080827031080827042 08082705 08082706

見沼代用水と芝川の水位差が3mあります。

芝川からの船が一の関を通過すると、一の関の関枠に「角落板」(20cm)10枚入れて一の関・二の関間の水位を上げます。これによって、船は二の関を通過できるのです。(船が二の関を通過すると、二の関で一の関と同じ作業をして、見沼代用水と同じ水位を上げるのですが、その実演はありませんでした。)080827070808270808082709

船が見沼代用水から芝川に下るときは、これと逆で、「角落板」を外していくと、水位はどんどん下がり、芝川の水位と同じになります。

最後の写真を見ると、一の関のところに、水の痕跡がついており、水位差が分かります。

実演には、多くの人が見学に来ており、国指定史跡「見沼通船堀」の保存への理解が深まったのではないかと思いました。

昔の人の優れた知恵に感心した実演でした。(記入者:亀さん)

(注)07.01.08付の記事「見沼通船堀と飛行船」:http://dankai-hiroba.cocolog-nifty.com/blog/2007/01/post_cf7e.html

(参照)さいたまの歴史散歩「見沼通船堀」:http://homepage3.nifty.com/hoshino/Tsusenbori/Tsusenbori.html。「もぎたてさいたま情報」(8月13日):http://www.scvb.or.jp/mogitate/2008/08/tsusenbori08.html

« チキンラーメン50周年!! | トップページ | 広島駅の氷柱 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177803/42291629

この記事へのトラックバック一覧です: 江戸時代の運河・見沼通船堀:

« チキンラーメン50周年!! | トップページ | 広島駅の氷柱 »