フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ボタンで開閉する高崎線のドア | トップページ | ホテイアオイの花・蓮の浮き葉 »

2008年7月30日 (水)

王子界隈を散策!

  ―名主の滝・王子稲荷・王子神社など― 

暑い日が続きますが、亀さんは、先日、水と緑=涼を求めて、武蔵野台地の縁辺部に残る自然に浸るために、東京の王子界隈の散策をしました。08071813_20807181508071816

まず、緑の木陰と水の飛沫の涼しさを体感しようと、「名主の滝公園」(注1)に行きました。この庭園は、江戸時代に王子村の名主が造った庭園で、園内の滝は王子七滝の一つとして有名です。

園内に入ると、緑の木立で、周囲の都会の喧騒からは遮断されているのですが、この暑さから逃れられるほどではありませんでした。さらに致命的であったのは、この梅雨の少雨と周辺開発の影響からか、すべての滝の水が枯れていたことです。08071801_2 08071803  080718081

次に、気を取り直して、落語の「王子の狐」(注2)で有名であり、1000年の歴史を持つ「王子稲荷神社」(注3)に行きました。

関東の稲荷神社の総元締めだったそうで、大晦日には、各稲荷の使いの狐たちが挨拶に来たという伝承に因んで、今も、大晦日に「王子・狐の行列」がおこなわれます(注4)なお、この神社の絵馬は、その伝承を描いた歌川(安藤)広重の連作浮世絵の「名所江戸百景」の「王子装束ゑの木大晦日之狐火」をもとにしています。

境内には「狐の穴跡」もあり、江戸時代には、この辺は狐のすむ田舎だったのであろうと思いました。ここでも、木立は少なく、涼を得ることはできませんでした。

こうなると、散策の目的を、「涼を求めて」から単なる「王子界隈の散策」に変更です0807182008071821080718242_2

次は、約300年の歴史を持ち、江戸時代に将軍から飛鳥山を寄進されるなど、尊崇されていた「王子神社」(王子大明神・王子権現)(注5)に行きました。

この境内には、歌人・蝉丸を祭る「関神社」があり、蝉丸が「髪の祖神」とされることから「毛塚」がありました。若いときから髪が薄い亀さんとしては、もっと早く知っていれば…と…。

ここでも、涼はとれず、最後に、“日本の都市公園100選”にも選ばれている、「音無親水公園」(注6)に行きました。ここでは、人工のせせらぎが造られ、子供たちが遊んでいたが、亀さんは、当日の暑さから逃れることが出来ませんでした。

とにかく、ここのところの暑さは異常ですね!(記入者:亀さん)

追記:ここ数日の激しい雷雨で枯れていた滝に水が戻っているかも…。 

(注1)http://www.city.kita.tokyo.jp/docs/facility/055/005519.htm。(注2)http://ginjo.fc2web.com/34oujinokitune/oujinokitune.htm(注3)http://www.city.kita.tokyo.jp/misc/kanko/data/a/4.html(注4)http://www.netcity.kita.tokyo.jp/kitsune/http://ouji-kitsune.jp/(注5)http://www.city.kita.tokyo.jp/misc/kanko/data/a/2.html(注6http://www.city.kita.tokyo.jp/docs/facility/079/007978.htmhttp://www.city.kita.tokyo.jp/docs/facility/079/007978.htm

« ボタンで開閉する高崎線のドア | トップページ | ホテイアオイの花・蓮の浮き葉 »

コメント

人工のせせらぎも昨日の様な雨の降り方では
怖い所と化しますね。
涼を求めて散策ですか?大きな木立では爽やかな
風がありそうですが残念でしたね。
『王子界隈を・・』を見て。亀さん=王子かな?と
思いましたよ( ´艸`)ムププ

>福寿草。さん
音無親水公園の部分は、大雨のときには、別の放水路に水が流れるようになっている上に、警報装置もあるようです。
「亀さん=王子」の意味が分からず、「亀さん=王子在住」ということか、「王子様が散策」というジョークか、分かりませんでした。(結論:ジョークですね!!)

勿論 亀さん王子ですよ!
とうとう亀さんも王子かな?と思った訳ですdiamond

記事とは関係無いけど、夜なのに、この暑さは何故sign02sign02sign02

>福寿草。さんへ
亀さんも「おじさん」である」身の程を知っています。
でも、「キレイだ!」と言われて、腹を立てる女性がいないのと同様、多少…。

>INOさんへ
夕立がくると涼しくなるんですが、この間のように山手線・京浜東北線が止まったり、サッカーの試合が雨天中止になるような、激しい夕立も困ったものですね!!
いつか暑気払いをしましょう!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177803/42002627

この記事へのトラックバック一覧です: 王子界隈を散策!:

« ボタンで開閉する高崎線のドア | トップページ | ホテイアオイの花・蓮の浮き葉 »