フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 町内会の盆踊り大会開催! | トップページ | 王子界隈を散策! »

2008年7月29日 (火)

ボタンで開閉する高崎線のドア

     ―冷暖房の効率化のため?―080719002 080719001

亀さんは、先日、久しぶりに、JR高崎線に乗りました。

駅に着いたのに、一部のドアが開きません。亀さんが乗っている車両の4つのドアのうち、2つしか開いていません(写真左)

開いているドアも、乗ってきた乗客が何か操作をすると締まり、亀さんが乗っている車両の4つのドア全部が締まりました。

隣りの乗客に、「ドアは全部開かないんですね。」と話すと、「当然じゃないの!」という顔をします。そして、「冷・暖房をしているとき、急行の通過待ちなどで長く停車する場合は、ボタンを押してドアを開閉するんですよ!」、「田舎の電車では当然ですよ!昔は手動でした。」と。

よく見ると、開閉のボタンがありました(写真右)

最近は、ドアがいつも自動で開閉する、JRの山手線・武蔵野線や地下鉄にしか乗らない、亀さんとしては、驚きでした!

そう言えば、亀さんが通学で乗っていた呉線のディーゼル・カー(注:今のJR呉線は電車)のドアは手動でした。(記入者:亀さん)

« 町内会の盆踊り大会開催! | トップページ | 王子界隈を散策! »

コメント

私は、高崎線で通勤していますが、冬の寒い一時期以外手動を経験したことありません

> 小池 さんへ
亀さんが乗ったのは籠原発(新宿経由)平塚行の直通快速で、北本駅で特急「草津4号」の4分間の通過待ちの際に、ボタンでドアを開閉する状態になりました。冷房の時期では珍しい現象かも…。
追記すれば、ドアが閉まる前には一度すべてのドアが開いてから締まりました。(ドアが閉まった後は、ボタンを押してもドアは開きません。)
小池さんの言われるように、冷房の時期は、長時間停車のときに限られるのかも知れません。

手動のドアー懐かしいです。
田舎のディーゼルは手動ですね。

私も新潟に居る時は車移動なのでわかりませんが大分前に電車に乗ったとき、冬だったので、電車が駅に止まってもドアは開きません、降りる人が手動で開けて降ります、夏もそういう風になったんですねきかいが有ったら乗って見たいです

亀さん、毎度です。
私は宇都宮線なんですが、高崎線と同様ですね。夕べも久喜で快速通過待ち中は手動でした。昔は暖房の時期だけでしたけど、いつの間にか冷房の時期も同様になったようですね。最近まで乗っていた東武は真冬の寒い時期でもドアを開けっ放しで数分停車するので、非常に寒かったのを覚えています。いまやJRの方が乗客サービスはいいのでしょうか?

>micoさんへ
高崎線の名誉のために明確にしておきます。
高崎線は手動ではなく、乗務員がドアのロックを外し、乗客がボタンを押すと、機械がドアを開閉するんです。
昔は、暖房のときだけだったようですが、今は冷房のときもやっているようです。

>みとちゃんへ
ドアの開閉には、開閉自由(蒸気機関車の客車)、手動(昔のディゼルカー・電車)、ボタン式、自動開閉などといくつかの方式があるようですね。
でも、夏もやるようになったのは、省資源・省エネと関係があるんでしょうかね。

> Well-U さんへ
熱効率的にはいい方向だと思います。
亀さんは、真夏や真冬に、地下鉄などで都心に行くときには、ドアが開くと外気が入ってくるので、開閉するドアとは反対側の座席に座るようにしています。

昔の電車(汽車)は手で開け閉めしてましたね。
夏場は冷房も無く大きな扇風機が大きな音を立てて回ってました(呉線、可部線、芸備線)。

高崎線たまに乗りますが、冬は手動でした。
最初、何でドアが開かないのかなぁ~って待ってました^^
この前乗ったら、夏も手動でした。

でもエアコンが効きすぎて、寒かったですsad
ドアが開くと温かい空気が入ってきてホッとしました。

> IWATOさんへ
確かに、昔は扇風機で、暑いときは窓を開けていましたね。
でも、蒸気機関車のときは、煙で大変で、トンネルになるたびに窓を閉めていました。ディーゼルカーも油煙が目に入ると痛かったですよ。

>ほよりんさんへ
亀さんも、「なぜ開かないのだろう?」と思っていました。
ほよりんさんのように、ドアが開いたほうがホッとする人もいるんですね。
隣りの乗客から聞いたんですが、その人は都会の人がドアが開くのを待っていて乗れなかったのを、見たことがあるそうです。

手動は経験無いですねぇ。
でも夏・冬場とか待ち合わせの列車待ちの時
車両の一部のドアしか開けていませんでした。
冷暖房の効率化と言っていましたよ!JR九州は。

> 福寿草。さんへ
ボタンを押さないと開かず、ボタンを押すと閉まるというのが、珍しかったんですよ。
一部だけ開けるというのもいいアイデアですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177803/41934282

この記事へのトラックバック一覧です: ボタンで開閉する高崎線のドア:

« 町内会の盆踊り大会開催! | トップページ | 王子界隈を散策! »