フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 今年もセミの季節になりました! | トップページ | ウィーン美術史美術館 »

2008年7月26日 (土)

ノカンゾウとオニユリ

 古墳に咲くノカンゾウ&オニユリのムカゴ080719208_2 080719214 08072204 080722031

亀さんは、先日、埼玉古墳公園に行ったときに、古墳の斜面に、ノカンゾウが群生しているのに気がつきました(上段の写真左)

特に、丸墓山古墳の麓や稲荷山古墳の後円部(上段の写真右)の群生は、大きいものでした。

また、古墳の緑の中の、朱色の花は綺麗でした!!

誰かが植えたわけではないでしょうから、「相当の昔から累代で続く群生だろう!」と思い、「次世代に繋ぐ」ことの大切さを感じました。

次に、亀さんちの2軒隣りの青空駐車場の隅に、ユリ科のツボミとムカゴがなっていました(下段の写真左)。「どんな花が咲くのだろう?」と思っていたら、オニユリでした(下段の写真右)

まことに見事で、堂々とした自己表現ぶりです!!

オニユリは、種子ができないのです(注)が、鱗茎(ユリ根)でもムカゴ(零余子)でも繁殖できます。次世代に繋ぐ方法を2つも持っている面白い花です(記入者:亀さん)

(注)オニユリとよく似たコオニユリは、種子が出来るが、ムカゴは出来ないそうです。

« 今年もセミの季節になりました! | トップページ | ウィーン美術史美術館 »

コメント

おはようございます、
緑の中に朱色のノカンゾウが鮮やかですね。

次世代に繋ぐ植物の知恵に教えられますね。

>micoさんへ
花壇で咲いている花より、自然の中で咲いている花の方が生き生きしているような気がします。

ムカゴと言えば 山芋のムカゴは塩茹でにして食べると美味しいですね。このユリのムカゴは食べれるのかな?

>IWATOさんへ
ユリ根は茶碗蒸しなどに入れたりして食べますが、ユリのムカゴは多分食べられないと思います。
山芋のムカゴは丸くて、茹でると美味いですよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177803/41934319

この記事へのトラックバック一覧です: ノカンゾウとオニユリ:

« 今年もセミの季節になりました! | トップページ | ウィーン美術史美術館 »