フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 今年もアケビの授粉、大成功!! | トップページ | 「熱狂の日」音楽祭2008 »

2008年5月 5日 (月)

フジの花の美しさに息を呑む!

 ―あしかがフラワーパークの多彩なフジ―080504008_2 0805040461 

亀さん夫婦は、今、ピークを迎えている藤の花を見るために、昨日(4日)、近所の友人と、栃木県足利市にある「あしかがフラワーパーク」(注1)に行きました。

あしかがフラワーパークは、首都圏からもほど近い(注2)、名前の通り多種多彩な花を楽しむことが出来るテーマパーク。
この時季、
8.2ヘクタールの広さの園内は300本以上の藤の楽園です。

中でも、500畳敷の大藤棚が3本(大長藤と野田の九尺藤・野田長藤、世界でも珍しい八重の大藤棚(八重黒龍)、長さ80メートルの白藤のトンネル、長さ80メートルのきばな藤のトンネルが圧巻です。
園内の藤は、うすべに藤・むらさき藤・白藤・きばな藤の順に咲くようですが、亀さんが行ったときは、うすべに藤は終わり、むらさき藤・白藤がピークで、きばな藤は咲き始めでした。
1997年のオープンで10余年の歴史しかありませんが、各地からの観光客でいっぱいで、亀さんたちも観光客の人混みにもまれながら、藤の花の美しさに酔いしれていました。
なお、夜(別料金)にはライトアップされる藤も「幻想的」とのことでした。また、園内には、藤のほか、ツツジやシャクヤクやマロニエなどの花々も美しく咲いていました。

皆さんも、是非、藤の花の美しさをご堪能下さい。(記入者:亀さん)

(注1)あしかがフラワーパークのHP:http://www.ashikaga.co.jp/index2.html
(注2)亀さんが住む町からは、電車とシャトルバスを乗り継いで、2時間余で行けました。
(写真)上:園内のツツジと藤、白藤のトンネル。下順に:白藤、白藤の下で、大長藤の全景、大長藤の花房、きばな藤、八重の大藤棚(八重黒龍)、野田の九尺藤、野田長藤080504033 0805040112 080504032 0805040414 0805040422 0805040431 0808504069no 0808504067no2

« 今年もアケビの授粉、大成功!! | トップページ | 「熱狂の日」音楽祭2008 »

コメント

凄い藤の花ですね。神代植物園にも藤はありますが、このスケールには負けますね。ご夫婦で、さぞ堪能されたことでしょう。 (INO)

本当に凄い!の一言で何も出ません。

白藤も素敵だし八重の大藤棚はまるでブドウが
生っている様で。。。
藤色のカーテンが架かっているようで綺麗です。
甘い香りがしてきそうですね。

素敵なゆっくりとした時間が過ごせたみたいですね。

>INOさんへ
創業者が園芸農家のようで、周辺のフジの名木を女性の樹木医が移植して、この藤園を整備をしたようで、凄いスケールに圧倒されました。
久しぶりに「NIKON D70」を持参して、

> 福寿草。さんへ
本当に凄かったですよ!
17:30からの夜の藤も見ると、もっと良いらしいのですが、日帰りでは無理でした。
確かに八重の藤は房も短く、ぶどうのようでした。藤は、長い一重の房のほうがきれいなようです。

おはようございます、
藤の花がまるで滝のようですね。
こんなに見事な藤を見たことがありません
楽しませていただき感謝です。

> micoさんへ
藤の花を満喫しました。
なお、帰ってから知ったのですが、JRが「足利藤まつり号」を1日2往復、直通運転し、フラワーパークと「なか川」等での食事をセットにして売ったようです。
亀さんたちは、その人たちの来る前に、フラワーパーク・なか川に行ったようで、ゆっくり藤を眺め、落ち着いて食事をすることができ、ラッキーでした。

私も何年か前、ここに藤を見に行きましたconfident
その時は白藤のトンネルはこんなには咲いていませんでした。
ここの藤はどれも見事ですよねshine
亀さんの写真を見て、思い出がよみがえりました。
夜も綺麗なんでしょうね~☆

> ほよりんさんへ
年々、藤棚の大きさが広がっているようです。
わずか10年で、JRが特別列車を出すようになっただけあって、一見の価値があると思いました。
来年は、幻想的な夜の藤を見に行きたいと思っています。

亀さん、こんにちは。
藤の花、凄いですね!確かにこの規模、この種類はなかなかお目にかかれないかもしれません。
白や黄色もあるなんて初めて知りました。
この週末は、サイクリングがてら「牛島の藤」でも見物に行ってみようかと思いました。

>Well-U さんへ
春日部の「牛島の藤」は、国指定の特別天然記念物で、関東随一のようですね。
亀さんちから近いので、今年か来年、行ってみようと思います。
なお、きばな藤は、和名はキングサリ(金鎖)といい、藤と同じマメ科ですが、フジ属ではなく、キングサリ(ラブルヌム)属のようで、「フジ」とは言えないようです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177803/41088928

この記事へのトラックバック一覧です: フジの花の美しさに息を呑む!:

» あしかがフラワーパークの藤 [ちょっとだけ途中下車]
まだゴールデンウィークに入ってはいませんが、プレイベント(笑)として久しぶりにド [続きを読む]

« 今年もアケビの授粉、大成功!! | トップページ | 「熱狂の日」音楽祭2008 »