フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 読書日記「城山三郎、松田優作」の本 | トップページ | 音楽の都ザルツブルグの思い出 »

2008年4月14日 (月)

我が家のアケビ&近所のトキワアケビ

  ―アケビの授粉は完了―08041201 08041202 08041203

亀さんがアケビの栽培を始めたのは、近所のうちの生垣が「アケビ」でその実が実に見事だったことです(注1)そして、昨年の3月11日に我が家のアケビについて初めてこのブログに書きました(注2)

しかし、この時点では、近所の「アケビ」と亀さんちの「アケビ」の違いには十分理解していませんでした。

昨年5月になって、近所の「アケビ」は、通称「トキワアケビ」といい、アケビ科の植物ですが、アケビ属とは異なるムベ属に属する「ムベ」という植物であることを知りました(注3)

この「ムベ」は、アケビに似ていますが、落葉樹のアケビと違い常緑樹で、果実がアケビのように裂開しないのが大きな違いです。花もアケビと同じように雌雄異花ですが、色は白で、形も上の写真のように全く違います。

なお、アケビ科アケビ属の「アケビ」には、亀さんちで栽培している「アケビ(五つ葉アケビ)」と「三つ葉アケビ」のほか、それらの雑種の「五葉(ゴヨウ)アケビ」があります。

ところで、先週、開花の状況から半分しか終わらなかったアケビの授粉作業については、土曜日に何とか完了しました。あとは、結実を待つばかりですが、全く自信はありません。出来れば、蜂や蝶がアケビの花に止まって授粉に力を貸してくれるといいんですが…。記入者:亀さん)

(写真、順に)アケビ(五つ葉アケビ)、三つ葉アケビ、ムベ(トキワアケビ)

(注1)「近所のお宅のアケビ」(2006年10月29日)http://dankai-hiroba.cocolog-nifty.com/blog/2006/10/post_c71c.html

(注2)http://dankai-hiroba.cocolog-nifty.com/blog/2007/03/post_bcc2.html

(注3)http://dankai-hiroba.cocolog-nifty.com/blog/2007/05/post_f6b1.html

« 読書日記「城山三郎、松田優作」の本 | トップページ | 音楽の都ザルツブルグの思い出 »

コメント

休日の受粉作業お疲れ様です。

そうですね~。
人では出来ない事ってありますもの。
やっぱり蝶や蜂に力をお借りしたいものですね。
でも亀さんの愛情で大きな実が付く事を期待して。
たくさん花を付けていますね。
大変だったでしょう。

>福寿草。さんへ
全部授粉しても、実が多く生り過ぎるので、7割くらいの花に授粉しましたが、昨年は運良く2つの花の授粉が成功し、全部で6個(一つの花で5個、もう一つの花で1個)の実が生りました。
でも、授粉しても、去年のようにいくかどうかは運次第です。福寿草。さんの言われるように、蜂や蝶にもお願いしておきます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177803/40790095

この記事へのトラックバック一覧です: 我が家のアケビ&近所のトキワアケビ:

« 読書日記「城山三郎、松田優作」の本 | トップページ | 音楽の都ザルツブルグの思い出 »