フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 広島の修道大学に拓郎さんの歌碑 | トップページ | いちご狩りに行きました! »

2008年4月27日 (日)

映画「あの空をおぼえてる」を見ました。

   ―翻訳家のA君、おめでとう!!―08042601 080409033

亀さんは、このブログの4月10日の記事で、高校の後輩のA君が翻訳したジャネット・リー・ケアリー著「あの空をおぼえてる」(ポプラ社)が映画化され、4月末に公開されるとともに、その本の文庫本が出版されたことを紹介しました(注1)
その映画「あの空をおぼえてる」が昨日(26日)に公開されました。亀さんは、奥さんと一緒に、近くのSCのシネマ・コンプレックスに行き、公開初日第1回目の上映を見ました(下左の写真)

往々にして、原作を読んで映画を見ると、期待を裏切られることが多いのですが、この映画は、舞台を日本に、人物を日本人に変えるなどしてありましたが、原作に忠実に作られており、原作を読んだときと同様の感動を得ることが出来ました。(言い換えると、亀さんは、映画の中盤から最後まで、ウルウルしていました。周囲の人もみんな感動し、泣いていました。)
と同時に、子供の育て方や子供との接し方の難しさ、家族愛の大切さなどを再認識しました。

なお、この映画は、「竹野内豊(注2)が主演、水野美紀(注3)が助演」ということになっていますが、映画を見る限り、実質的には「広田亮平(注4)が主演、吉田里琴(注5)・竹野内豊・水野美紀が助演」であり、特に、子役の広田亮平の好演にはただただ感心するばかりでした。
また、スクール・カウンセラー役の小日向文世、父親の同級生役の品川祐(お笑いの品川庄司の)、子供の先生役の小池栄子も、映画の中では、それぞれ、いい味を出していました。

ただ、亀さんが残念だったのは、映画化のきっかけになった(注6)ポプラ社の本の訳者・A君の名前が映画の画面(のSTAFF)には書かれていないことでした(注7)

でも、帰りに、SC内の大規模書店に寄ってみると、A君の訳したポプラ文庫の「あの空をおぼえてる」が目立つ位置に山積みになっていて(下右の写真)、同書店チェーンの文庫本売り上げベストテンの7位に入っているとの表示があったので、亀さんは大いに喜び、またその文庫本を数冊買うとともに、A君、おめでとう!!」と言うことにしました。
フレー、フレー!A君!頑張れ、頑張れ!A君!

亀さんは、このブログを見た人に、是非この映画を見たり、原作の文庫本を読まれるよう、お勧めします。(記入者:亀さん)

(上の写真:左-映画のパンフレット、右-原作の文庫本)08042602 08042603

(注1)「しがない?翻訳家の本が映画化」(今年4月10日の記事):http://dankai-hiroba.cocolog-nifty.com/blog/2008/04/post_cffa.html
(注2)父・深沢雅仁役、(注3)母・慶子役、(注4)交通事故から生還した兄・英治役、(注5)交通事故で亡くなった妹・絵理奈役
(注6)「製作」の一人の木村典代さん自身、原書を読んだのではなく、ポプラ社の本を読んで映画化に動いたと話している。
(注7)ただ、翻訳家のA君に聞くと、そのことは彼らの世界では当然のことのようでした。なお、映画のパンフレットの解説のイントロの部分に、かろうじて、「原作はジャネット・リー・ケアリー。」との文章に関連して、訳者のA君の名前が書かれていました。

« 広島の修道大学に拓郎さんの歌碑 | トップページ | いちご狩りに行きました! »

コメント

そうでしたねぇ。今日でした。
本当におめでとうございます。A君bell

主題歌は平井堅ですね。

TVでも何度も映画の公開を宣伝していました。
機会があったら見に行こうと思っていますよ!

>福寿草。さんへ
是非、子育て世代の若いお母さんやお父さんや先生方に観てほしい映画です。
「竹野内豊が好き!」、「平井堅が好き!」など、きっかけは何でもいいので、「この映画が流行り、A君の訳した本が売れるといいなあ…!」と願う亀さんです。
本当にいい映画でしたよ!!

亀さんのブログの記事を見た後、
本屋さんに行ってこの本を買いました。
表紙を見ただけで気に入ってしまいましたhappy01
連休中に読もうと思っています。
映画は絶対に泣きますよねweep
とても見たいのですが号泣しそうな映画は家で見ることにしているんです。
思いっきり泣けるから・・・^^
でも、見たいな~

>ほよりんさんへ
映画館は暗いし、みんな泣いていますから、泣いても大丈夫ですよweep
終わった後で、トイレに入ったら、目を赤くして、顔を洗っている男性もいたくらいですからhappy01
まずは、本を読んでみてください。
A君の名訳―おばけに関するクイズのところなどは名訳です。原書通りに翻訳すると日本人には理解できないので、A君自身が考えたようです―を読んでやってください。

私もそちらに帰ったらぜひ読みたいです。竹野内豊の久しぶりの映画ということで話題になっていますよね。今日の「篤姫」でも泣いた私なので、必ず泣くと思います。

>慧ちゃんママ さんへ
子育ての参考になると思いますよ。
映画も見るといいですよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177803/40999144

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「あの空をおぼえてる」を見ました。:

» 映画 「あの空をおぼえてる」 [ようこそMr.G]
映画 「あの空をおぼえてる」 を観ました。 [続きを読む]

» 『あの空をおぼえてる』 試写会鑑賞 [映画な日々。読書な日々。]
舞台はとある地方都市。親子4人と愛犬の幸せな暮らしが突然ふりかかった不幸をきっかけに一変し、大きな悲しみに沈んだある家族の物語が始まる。幼い娘を失い自責の念に苛まれる父と、悲しみにくれながらも新しく生まれてくる命に目を向けようとする母。そして、妹を失って一... [続きを読む]

» あの空をおぼえてる [ゴロゴロしあたー]
邦画はめったに観ませんが、試写会に当選したので行ってきました。 申し訳ないけど普通。凡作。 ストーリーは王道路線の手堅い展開、演出もごく普通、映像もこれといって突出する部分もなし。 とにかく暗い! 涙が出るとか悲しいとかそういうんじゃなく、ただただ憂鬱すぎる映画でした。 暗さの対比で明るいシーンも時折挿入されてるんだけど、これがまた取ってつけたようなっていうの?ちょっと寒いっす。 一応、主役は竹野内だと思うんですが、なんだか家族の中で一番影が薄いです。 いまどきの父親って悲しい... [続きを読む]

» 業態にあった、サービスを [東京純豆腐物語]
1日ワンクリック、応援よろしくお願いいたします。   ↓ 映画「あの空をおぼえてる」が本日(4/26)から公開されました。実は自分は公開前に試写会で見てきちゃいました。(ちょっぴり優越感) ストーリ....... [続きを読む]

» 竹野内豊だぁ!! [ぷらすまいなすぜろ]
「あの空をおぼえてる」 絶対観なくちゃ!! 顔と声が好きなんです。竹野内豊。 [続きを読む]

» 【試写会】『あの空をおぼえてる』 (2008) / 日本 [NiceOne!!]
監督:冨樫森原作:ジャネット・リー・ケアリー出演:竹野内豊、水野美紀、広田亮平、吉田里琴、小池栄子、中嶋朋子、品川祐、小日向文世試写会場 : 中野サンプラザ公式サイトはこちら。<STORY>娘を交通事故で亡くし、自責の念に苛まれる父、雅仁(竹野内豊)。...... [続きを読む]

» あの空をおぼえてる [私のクラフト作品お披露目日記]
[[attached(2)]] ||#FFFFFF style=text-align:center;width:550px;font-size:15pt;font-family:HGP創英角ポップ体;color:#BF4040``ふふふ…|| ||#FFFFFF style=text-align:center;width:550px;font-size:15pt;font-family:HGP創英角ポップ体;..... [続きを読む]

» 「あの空をおぼえてる」幸福は脆い。でも、家族は強い。 [シネマ親父の“日々是妄言”]
※公開初日を投稿日時に設定。公開開始1週間後まで固定。 記事投稿日 2008年4月24日 22:15  何と竹野内 豊主演作としては、「冷静と情熱のあいだ」以来7年ぶり2本目なんだそうです。「あの空をおぼえてる」(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)。幸せな家族を、突然襲う悲劇。そこから懸命に立ち直ろうとする父、母、息子。こんな殺伐とした時代だからこそ、多くの人に観てもらいたい…そう思える映画です。  とある町で、写真館を経営する雅仁(竹野内 豊)は、音楽教室で講師と... [続きを読む]

» 【2008-106】あの空をおぼえてる [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
人気ブログランキングの順位は? 娘を失った家族 子供が思うほど、親は強くなく──、 親が思うほど、子供は弱くない──。 みんな泣いて、強くなる。 いつか、心が壊れても ... [続きを読む]

» あの空をおぼえてる [ぱかぱかwin!~夢の一口馬主~]
4月よりついに我が社も残業時間と残業代に関する 新規則が施行され、基本定時帰宅が義務づけられた感じ であればアフター5を有意義に使おうではないか と言うことで、4月3回目の試写会に行ってきました(^^)/... [続きを読む]

» 映画:あの空をおぼえてる 試写会 [駒吉の日記]
あの空をおぼえてる 試写会(九段会館) 「死ぬってどういうこと?」 和製『テラビシアにかける橋』?妹を不慮の事故でなくした家族の再生の物語、とあらすじは公開されてるのでわかっていたけど、やっぱり子供と動物を使うのはズルイよ~ けなげなお子様にわかっていても... [続きを読む]

» あの空をおぼえてる [欧風]
GW中は比較的ヒマだったので、映画を観まくってしまいました。全部で9本観ましたが(^_^;)。 4/30は、109シネマズ富谷で3本観ましたが、1本目に観たのが、「あの空をおぼえてる」。 ... [続きを読む]

» 『あの空をおぼえてる』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「あの空をおぼえてる」 □監督 冨樫森□原作 ジャネット・リー・ケアリー(「あの空をおぼえてる」)□脚本 山田耕大 □キャスト 竹野内 豊、水野美紀、広田亮平、吉田里琴、小池栄子、品川祐、中嶋朋子、小日向文世■鑑賞日 5月10日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想>  まるで娘はこの家族の中で太陽のような存在だった。 イコール、トラブルメーカーでもあったようだが(笑) それは普通の幸せな家庭に... [続きを読む]

« 広島の修道大学に拓郎さんの歌碑 | トップページ | いちご狩りに行きました! »