フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 亀さんのC型肝炎と今回の治験 | トップページ | 靖国神社などのきのうの桜は? »

2008年3月25日 (火)

今年の土筆は6本だけ!

   ―亀さんちの近所のつくしんぼ―080323072 0703171010

亀さんちの近くのバス停そばの駐車場の土筆は、昨年は100本以上出て、何度も「つくしんぼ通信」を書き ました。最終的には、亀さんは色々迷った挙句に御浸しにして食べましたりするほどでした(上の写真右)

今年は既に書いたように、出てくるのが昨年より1ヶ月以上遅れた上に、数も非常に少ない状態です。
その原因は、今年の雪のせいかと思っていましたが、ここの陽気でも土筆は余り出てこず、その数は6本だけです(上の写真左)どうも原因は、駐車場の雑草退治のために昨夏撒かれた除草剤のせいのようです。

しかし、スギナの芽が出て、元気に大きくなりだしました。来年は、きっと、元気な土筆が沢山出てくると確信しています。(記入者:亀さん)

« 亀さんのC型肝炎と今回の治験 | トップページ | 靖国神社などのきのうの桜は? »

コメント

こんにちは。kazsheです。
土筆をみると春の実感がわきます。(笑)
土筆の御浸しは母に作ってもらった記憶があります。但し、その後、"もう作らん"と言われたことも記憶しております。(笑)

治験の大変さは如何ばかりなのか私には想像すら出来ませんが、無理をなさらず、副作用もないことをお祈りいたしております。

土筆が顔を出し本格的な春ですね。
百本以上のツクシの群生は見事だったことでしょう。

都会の土筆もがんばってますね。
昔からその場所に有ったものでしょうか。
それとも造成により運ばれた土に混じってたのでしょうか??
うちの田舎では田んぼからミカンや野菜への転作が進み 土筆もほとんど見る事がなくなりました。

>kazsheさんへ
つくしは、自然の状態のバロメーターと思っているので、今年の状態は多少ショックでした。
なお、治験は、副作用の発生が恐いのですが、難病のC型肝炎の治療法開発と(可能性が低いのですが)亀さん自身の完治の可能性の点から、参加・協力することにしました。強い副作用が生じたら、参加を中止することは、担当医師の了解を取っているので、ご安心下さい。

>micoさんへ
昨年の土筆の群生は壮観でしたが、今年はダメでした。
でも、スギナの状況から見て、来年はきっと大丈夫だと思います。

>IWATOさんへ
バス停の隣りの駐車場の土筆は、駐車場を作るときの盛り土した山土にスギナが混じっていたために生えたのだと思います。
しかし、近所の畑の斜面等の土筆は自生のものだと思います。
なお、近くの見沼田んぼは、土質などの関係で、土筆は生えてきません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177803/40607197

この記事へのトラックバック一覧です: 今年の土筆は6本だけ!:

« 亀さんのC型肝炎と今回の治験 | トップページ | 靖国神社などのきのうの桜は? »