フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 下町・深川門前仲町と文化財探訪 | トップページ | 「二重橋」はどっち? »

2008年2月24日 (日)

日本橋・銀座で歴史と文化を見る

―きらびやかの裏にある、味わいのある銀座―080223201 080223202 080223203 080223204_2

昨日は、深川・門前仲町で下町の風情を味わった後、亀さんは奥さんと合流して、日本橋・銀座を散策をしました
今回の日本橋・銀座散策は、そのきらびやかさから目をそらせて、その文化と歴史を味わうことにしましたそのため、伝統的な建造物の探訪・撮影と老舗での買い物をしました。

人形町から歩いて、まず、日本橋小網町の日本で唯一の楊枝専門店の「日本橋 さるや」で黒文字を買い証券街の「日証館」(昭和3年竣工)、「三菱倉庫本社ビル」(同5年)、「野村證券本店ビル」(同5年)の各ビルを撮りました。これらのビルは、重要文化財ではありませんが、近代建築史では貴重な建物のようです。なかでも、「三菱倉庫本社」は、都の選定歴史的建造物に選定されています。
その次に、国の重要文化財の「日本橋」来ました。日本橋はいつも見ているのですが、立ち止まってまじまじと見ることがありませんでした。しかし、よく見ると獅子や麒麟の装飾には素晴らしいものがあると気がつきました。
その次に、都の選定歴史的建造物の「三越本店」(昭和4年)や国の重要文化財の「日本銀行本店」(明治29年)「三井本館」(昭和4年)を撮りました。なお、三井本館は先に紹介した「明治生命館」同様、「重要文化財特別型特定街区制度」の認定を受け、重要文化財である三井本館を保存しつつ、隣接して超高層複合ビル(日本橋三井タワー)の開発を実現しています。
その後、日本橋室町界隈を散策し、扇子の「伊場仙」を覗きましたが、定休日でした。はんぺんの「神茂日本画材・和紙小物の「有便堂を覗き、元祖佃煮の「日本橋鮒佐」で「金鮒佐」のぶぶ漬けセットと鰻と鱈子の佃煮を買いました。鮒佐の店のほとりに松尾芭蕉の石碑があるので、よく見ると、芭蕉が江戸にやって来て初めの8年間住んだ場所のようでした。亀さんにとって今日二度目の松尾芭蕉との遭遇です。芭蕉は、その後、深川に移住したようです。
次いで、「日本橋高島屋」(昭和8年・都の選定歴史的建造物)や「明治屋本社社屋」(同年)の写真を撮りながら、京橋から銀座に歩いていきました。
この頃までは春一番も吹く陽気だったのですが、急に冷たい突風が吹くようになりました。砂埃や紙くずが舞っていて、銀座のほうが埃で霞んでいます。歩行者天国のパイプイスやテーブルも慌てて仕舞われだしました。
喫茶店で休みたかったのですが、銀座三越あたりまで来ると、突風も激しくなり、三越の屋上の旗も真横になっています。
そこで、高級織ネクタイの老舗の「田屋」でネクタイを買って、そろそろ本日のウォーキングを終了させようということになりました。「田屋」では、自分用に春物のネクタイなどと贈り物用に創業百年記念の銀座風景のネクタイを買いましたが、ちょっとした出費になりましたcoldsweats01
外に出ると、突風は依然として強く、待つ行く人たちも寒そうでしたが、その中でも、美人でスタイル抜群の外国人モデルが携帯電話?の宣伝写真の撮影をしています。やはり、「きらびやかな銀座」です。この際、亀さんも1枚写真を撮りました。(なにか儲かった感じ!lovelyhappy01
最後に、文化財ではありませんが銀座の象徴の「和光」(昭和7年・旧服部時計店)ビルの写真を撮ってから、日本一地価の高い(注)「鳩居堂」に寄り、「王朝文華貝あわせ」という立雛などを買って、帰路に着きました。帰路、色々な線区で「強風のため不通」が発生していましたが、亀さんの乗る地下鉄は大丈夫でした。

いずれにしても、今日は充実したウォーキングと歴史・文化の探訪ができ、楽しい一日でした。(記入者:亀さん)
(注)相続税の基になる路線価では鳩居堂前が1位ですが、公示地価の調査場所では銀座山野楽器店が日本一です。
(下の写真)日証館、三菱倉庫本社、野村證券本店、三越本店、日本銀行本店、三井本館、日本橋高島屋、明治屋本社社屋、和光080223205 080223206 080223207 080223208 080223209 080223208_2 080223211 080223212 080223213

« 下町・深川門前仲町と文化財探訪 | トップページ | 「二重橋」はどっち? »

コメント

狛犬が好きなので、日本橋に行くと何回も見ているのですが、麒麟や獅子をじっくり見てしまいますeye 素晴らしいですよね~shine

まだ、入ったことのないお店がたくさんあります。
浮世絵が好きなので、扇子のお店は行きたいなぁ~
今度行く時の参考にさせていただきます☆

立雛とても素適ですね~heart04
もうすぐ、ひな祭りですね

楽しいウォーキングの記事を読んで
私も楽しくなりましたhappy01

>ほよりんさんへ
伊場仙は江戸扇子なので絵は描いていません。
京扇子の京扇堂は人形町にあり、浮世絵などを描いた扇子は日本橋の永頼堂にあると思います。

亀さんの奥さんは、雛人形を飾るのが好きで、去年の状況が下のブログの通りです。今は、さらに増えて、15セットあるそうです。(亀さんは数えられません!!)
http://dankai-hiroba.cocolog-nifty.com/blog/2007/02/post_2acc.html

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177803/40237936

この記事へのトラックバック一覧です: 日本橋・銀座で歴史と文化を見る:

« 下町・深川門前仲町と文化財探訪 | トップページ | 「二重橋」はどっち? »